1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「仕事と老親の相手で忙しくて出会いがない…」そんな53歳看護師長を結婚に導いた婚活のプロの厳しい言葉

「仕事と老親の相手で忙しくて出会いがない…」そんな53歳看護師長を結婚に導いた婚活のプロの厳しい言葉

  • 2023.11.29
  • 3654 views

キャリアを積んだ40代・50代の独身女性の中には、「結婚したいという思いがあっても、そもそも婚活をする時間がない」という人が少なくない。職場では管理職として部下や後輩から頼られ、実家では高齢の親に頼られている。アラフォー・アラフィフ専門婚活カウンセラーの伊藤友美さんは「こういう人は責任感があり、器が大きくて人間的には魅力的だが、自分のことをあと回しにしてしまいがち。そのままだと、婚活はうまくいかない」という――。

「忙しすぎて婚活できない」のウラにある本音

ズルズルと婚活を続けてしまう「婚活沼」にハマるアラフォー・アラフィフ女性は少なくない。今回は、「結婚したいと思いつつ、仕事が忙しすぎて婚活ができない」と相談所を訪れた女性の事例を紹介する。キャリア女性にはこういう人が多いが、じつは婚活ができない理由は、「忙しい」からではないのだ。

※プライバシーを考慮して、事実関係の一部を変更しています。あらかじめご了承ください。

総合病院で看護師長を務めているJ子さん(52歳)は、しっかり者で責任感の強い女性だった。職場では、患者さんのために駆け回り、後輩のフォローも進んで買って出る。

プライベートでは、年金暮らしの両親と同居していた。自宅は、J子さんが40歳の時に両親と自分のために購入した一戸建て。80代の両親は介護が必要な状態ではないが、ひとりでできないことが増えてきており、何かと娘を頼りにしていた。仕事が休みの日は持病がある父親の病院へ付き添ったり、車を出して母親の買い物に付き合ったりという感じだ。

とはいえ、洗濯や炊事は母親がやってくれるので、忙しいJ子さんは助かっている面もあった。「家に帰れば温かい食事が待っているのは、ありがたいですよね」と語っていたJ子さん。趣味のクラシック音楽を聴く時間もほとんどないくらいで、仕事と両親の相手で精一杯という日々を送っていた。

入院が結婚を考えるきっかけに

そんなJ子さんが「婚活をしよう」と思い立ったのは、自身の入院がきっかけだった。体調を崩して1週間ほど入院したときに、「自分はひとりぼっちだ」と感じたという。高齢の両親は、病院まで面会に来ることができなかった。同室の患者さんのベッドには次々と家族が訪れるのを見ながら、「私は、このままずっとひとりで生きていく人生でいいの?」という疑問がわき上がってきた。

J子さんは、これまでに恋愛経験がほとんどなかった。仕事を始めてからは、職場に女性が多いうえに、忙しすぎて「さみしい」と感じる余裕すらなかったのだ。けれど、入院して初めて、ベッドに寝転びながら「このまま女性として誰にも愛されないまま、人生を終えるのはいやだ……」と思ったという。

「人に甘えられるばかりではなくて、私にも甘えられる人がほしい……」と。

病院のベッドに座り、外を眺める女性の後ろ姿
※写真はイメージです

J子さんは多忙な仕事のストレスと不規則な生活が原因で、知らないうちに体重も10キロ以上増えてしまっていた。「もうこの歳だし、しかたないよね」と自分に言い聞かせていたが、退院してしばらくした頃に、職場の60代の女性が突然ピアスを開けてきて、こう言ったのだという。「できるうちに、やりたいことはなんでもやっておかないとね」と。

その言葉にハッとしたJ子さんは、「婚活をしよう」と思ったという。まずしたことは、ダイエット。食事の時間と内容を見直すことで、半年ほどで体重を戻すことに成功した。しかし、婚活はなかなか思うように進まなかった。その理由を、「婚活をしたくても、忙しくて時間がないせい」だとJ子さんは語っていた。果たして、本当にそうだろうか。

実は、本気で「結婚したい」と思っていない人がほとんど

ここで断言できるのは、J子さんの婚活が進まないいちばんの理由は、J子さんが「本気で結婚に向き合っていない」からであるということ。じつは、こういう人はとても多い。いや、むしろ「結婚したいのに、できない」と言っている人のほとんどが、そもそも本気で「結婚したい」と思っていないのだ。

そんな人にぜひやってもらいたいのが、「鏡のワーク」である。自分の本当の思いを、ほかの誰でもない自分自身に届けるために、だまされたと思って3週間ぜひやってみてほしい。


● 自分の目を見て言い聞かせる「鏡のワーク」のやり方
1.朝と晩、鏡の前に立って、鏡の中の自分の目を見る。
2.自分がかなえたいことを、鏡の中の自分に声に出して伝える。

(例)
「私は、幸せになっていいんだよ」
「私は、結婚して幸せになる」
「私は、理想通りの人と出会えるよ」
※これを3週間、毎日続ける。

このワークを続けていると、自分が「本当にかなえたいこと」が浮き彫りになってくるはずだ。人は、無意識のうちに自分が望む通りの人生を送っている。口では「結婚はしたいけど、忙しくて……」と言いながら、仕事や趣味に謀殺されている人は、結婚よりも今の生活をみずから選んでいるのだ。

ちなみに、この「鏡のワーク」は婚活以外にも有効である。「理想の家を持ちたい」「理想的なビジネスパートナーに出会いたい」などの望みを持っている人は、ぜひ試してみてほしい。

J子さんも「鏡のワーク」で、「結婚したい」と思いながら実際には自分の婚活よりも、仕事や両親のことを優先させてしまっていることに気がついた。そして「これからは、婚活を最優先しよう」と決めたことで、生活がガラリと変わったという。例えば、それまでJ子さんは、職場の後輩に「シフトを代わってください」と頼まれたときに、断ることがなかった。自分がなんとかすれば、シフトは回る。それがいちばん簡単な方法だと思っていたのだ。

しかし「婚活最優先」を決めたJ子さんは、内心ドキドキだったが「美容院の予約が入っているから」と初めて後輩の頼みを断ってみた。今までのJ子さんなら、予約を変更して後輩の代わりにシフトに入っていただろう。

しかし、美容院へ行くことも婚活の一環だ。思いきって断った結果、ほかのメンバーは思った以上にすんなりとそれを受け入れ、別の人と調整することで、事なきを得た。「私が代わりに入らなくても、なんとかなるものなんですね」とJ子さんは拍子抜けしたという。

「理想の人」とは、自分にとって「都合のいい人」

次に、J子さんが行ったのは「理想の人リスト」を作ることだ。「理想通りの人と結婚しましょう」と伝えると、「でも、もう私はこの年齢だし」「高望みをしたら結婚できないのでは」などと尻ごみをする人がいるが、それは違う。「理想通りの人」というのは、「自分にとって都合のいい相手」のこと。世間的に「理想のスペックを持っている人」ではなく、あくまで「自分のニーズに合う人」のことなのだ。

屋外のウェディングで踊っているシニアカップル
※写真はイメージです

自分にとって都合のいい相手にとっては、自分もまた都合のいい相手になり得る。婚活カウンセラーとしての経験上、結婚が決まるカップルというのは、お互いが自分の理想通りであるケースがほとんどだ。だからこそ「理想の人リスト」には、自分のとっての「理想」を誰に遠慮することなく、心のままに挙げてほしい。

J子さんがよく考えた上で完成させた「理想の人リスト」は、このようなものだった。

・結婚後も親のサポートは続けたいから、実家の近くで暮らせる人。
・離婚経験者でもかまわないが、同居している家族がいない人。
・音楽の趣味が合う人。
・料理ができる人。

リストが完成したJ子さんは、結婚相談所に入会して2人目に紹介された人と、半年後に入籍した。お相手は、まさに「理想の人リスト」通りの男性。5歳上で離婚歴があり、お子さんもいるがすでに独立しており、本人はひとり暮らしをしている。料理も食べることも好きで、料理を振る舞い、一緒に食べる相手を探していた。J子さんとはクラシックの趣味も合う。

何より、彼の住まいはJ子さんの実家の隣駅にあるから、結婚してからも、いつでも両親のところへ行ってあげられる。最初は、頼りにしている娘が家を出ることを寂しがった両親も、相手のことを知ると、安心して祝福してくれたそうだ。

仕事が忙しいのは相変わらずだが、家に帰ればパートナーが温かい食事を用意して待っていてくれる。J子さんは、理想通りの生活を手に入れることができた。

「結婚はしたいけれど、婚活をする時間がない」と考えている人は、そもそも「本当に結婚したいのか」を鏡のワークで確認してみてほしい。もし「結婚したい」と望んでいるなら、婚活を最優先させるのは思っているよりも難しいことではないと気づくだろう。

伊藤 友美(いとう・ともみ)
アラフォー・アラフィフ専門婚活カウンセラー
1970年生まれ、東京在住。約9年間の婚活中には、条件を下げたり、妥協を重ねることで「婚活ウツ」を発症。そこから研究を重ね、数々のワークを生み出し、実践。39歳から再開した婚活では、出会いから2カ月でプロポーズに至るスピード婚を果たす。自身の経験を通じて構築した〈最短最速で理想通りの男性と結婚する方法〉を伝える「3ヶ月で全員婚活卒業!婚活塾」は全国から参加の受講生で毎回即満席となる。受講生の成婚年齢は40代が一番多く、平均44歳。50代の成婚者も少なくない。結婚相談所Lulu Spacesの代表も務める。近著は『結局、理想を下げない女ひとが選ばれる』(フォレスト出版)。

元記事で読む
の記事をもっとみる