1. トップ
  2. メイク
  3. 【セザンヌ新作】デパコス級で売切れ続出!「完璧な仕上がり…」コスメマニアが絶賛

【セザンヌ新作】デパコス級で売切れ続出!「完璧な仕上がり…」コスメマニアが絶賛

  • 2023.11.28
  • 13902 views

セザンヌから11月に発売された限定のハイライトが、SNSで大人気! 加えて、12月にもセザンヌからは可愛すぎるコスメがドドッと登場します。目が離せない新作コスメを、美容ライターがスウォッチしながらご紹介。どれもプチプラで超優秀なアイテムばかりなので、要チェックです!

セザンヌの新作が可愛すぎました!

セザンヌからは定期的に新作コスメが発売されているのですが、特に11月から12月上旬にかけての新作コスメは要チェック。すでにバズっているアイテムから、優秀すぎて売り切れそうなアイテムまで、見逃せないものばかりなんです。もちろんすべてプチプラなので、見かけたらぜひチェックしてみてくださいね。

「パールグロウハイライト」SP1 オーロラプリズム

「仕上がりがデパコス級!」とすでに大きな話題を呼んでいる「パールグロウハイライト」の限定カラー。既存カラーも大人気なのですが、今回のカラーはさらにパワーアップ。筆者が近くのドラッグストアで見た時は、在庫切れでした…!

宝石をイメージしたという今回の限定カラーは、ピンク、オレンジ、ブルー、アイボリーと4つのカラーがミックスされたもの。4色を混ぜるように筆に取って肌にのせると、透明感あふれる輝きをまとうことができます。

もちろん単色使いもOK。可愛らしく見せたいポイントにピンクを、より透明感を出したいところにブルーを…と、細かい調整も可能です。

筆者はハイライトが大好きでたくさん持っているのですが、最近はこのハイライトに頼りっぱなし。角度によって変わる輝きに、思わずうっとりしてしまいます。見つけたら即買いしていただきたいアイテムです。

<商品情報>
セザンヌ パールグロウハイライト
カラー:【限定】SP1 オーロラプリズム
価格:¥770

「チークブラッシュ」新色3カラー

2023年7月に発売以来、人気が絶えない「チークブラッシュ」。プチプラとは思えない上品な発色で、筆者もヘビロテしていました。そんな優秀アイテムに新色が3カラー仲間入り。今回の色味も可愛過ぎたので要チェックです!

「03 ミルクモーヴ」は透明感のあるミルキーなモーヴカラー。頬にのせると優しくふんわりとした雰囲気に仕上がります。

「04 ピュアピンク」は可愛らしさのあるピンクカラー。パッと華やかな仕上がりになるので、多幸感メイクにおすすめです。

「05 メープルアプリコット」は、3色の中でもっとも肌に馴じむカラー。こなれ感の出るおしゃれな色味です。

どのカラーも肌なじみがよくナチュラルな発色。塗りすぎによる失敗が少ないので、チークが苦手な方にも手に取っていただきたいアイテムです。筆者はすでに3色ともヘビロテ中。テク入らずで血色感をプラスしてくれるので、あると本当に便利です!

<商品情報>
セザンヌ チークブラッシュ
カラー:03 ミルクモーヴ、04 ピュアピンク、05 メープルアプリコット
価格:¥550
発売日:2023年12月上旬

「グロウスキンベース」クリアグロウ

誰もが何かしらの肌悩みを抱えているかと思いますが、そうした悩みを光で飛ばしてくれるのがこちらの「グロウスキンベース」。3種のパール効果で、毛穴やくすみなどの肌悩みを光で飛ばし、明るくフラットな肌へと導いてくれます。

手に取ってすぐは白っぽさが残っているのですが、伸ばすとすぐに肌になじみ、クリアな発色に。色残りはなく、肌にうるおいのあるツヤ感だけを残してくれるんです。

下地として肌に仕込んでおけば、内側から溢れるような自然なツヤ肌が叶うアイテム。また、ファンデーションの上から重ねることでハイライトのように使用することもできます。

美容保湿成分79%配合で、メイクしながらスキンケア効果も叶う優秀なベースメイクアイテム。これでプチプラなのは、さすがセザンヌとしか言いようがありません。ツヤ好きさんはぜひ試してみて!

<商品情報>
セザンヌ グロウスキンベース
カラー:クリアグロウ
価格:¥748
発売日:2023年12月上旬

おすすめは「全アイテム」です!

セザンヌのコスメには圧倒的なコスパにいつも驚かされるのですが、今回も期待を裏切らないクオリティ。おすすめを聞かれたら「全部です!」と答えてしまいそうなほどいいアイテムばかりでした。

「パールグロウハイライト」の新色は、数量限定とのことでチェックはお早めに。すでに手に入りにくいところもあるようなので、見つけたら即買い推奨です!

筆者情報

比嘉桃子
1992年生まれのフリーライター。化粧品検定1級を保有しており、美容ジャンルを中心に執筆中。いち消費者としてもコスメやスキンケアを愛する美容オタク。

文・比嘉桃子

元記事で読む
の記事をもっとみる