1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「あのママ友はヤバい」明るくていいママ友♡のはずが【あらぬ噂】を吹聴していた!? → 1か月後?

「あのママ友はヤバい」明るくていいママ友♡のはずが【あらぬ噂】を吹聴していた!? → 1か月後?

  • 2023.11.28
  • 6050 views

他人のウワサ話が好きな人に出会ったことはありますか? 迷惑をかけないレベルならまだいいものの、あることないこと吹聴されると困りますよね。今回は筆者の友人A子が実際に出会った、<とんでもない>ママ友のお話をどうぞ。

画像: 「あのママ友はヤバい」明るくていいママ友♡のはずが【あらぬ噂】を吹聴していた!? → 1か月後?

保育園に通う娘がいる主婦

4歳の娘がいる私。

保育園でできたママ友たちは皆優しく、気持ちのよいお付き合いができていました。

挨拶や世間話はするものの、込み入った話をする人はおらず、変にプライベートに踏み込む人がいなかったので、とってもありがたかったのですが......。

保育園に転園してきた家族

あるとき、娘のクラスにある男の子が転園してきました。

そのママであるB美の第一印象は、とても明るい人。
お迎えの時間が重なることが多く、よく話すようになったのです。

前の保育園では、ママ友たちとのトラブルに巻き込まれたと話すB美。

大変なことがあったはずなのに、こちらが心配しないよう笑顔で話す姿が好印象でした。

はじめは明るくていい人だなあと思っていたものの、日が経つにつれて訝しく思うことが増えていったのです。

実は大のウワサ話好きだったママ友

しかし、だんだんとB美の化けの皮が剥がれてくるように。

実はB美、大のウワサ好きだったのです。

「C奈ママ、旦那さんと仲悪いらしいよ」
「D先生、最近彼氏と別れたんだって」

嘘か本当か分からないような話ばかり。
私も仕事や家庭事情など、プライベートのことまで探られるようになっていきました。

ほかのママ友にもコソコソ何か話しているので、自分も何か言われているのかもとどんどん疑心暗鬼に。

そこで、B美とは距離を置くことにしたのです。

ママ友に近づく人はいなくなった

1か月後、B美とは挨拶を交わすだけの仲に。
それは私だけでなく、ほかのお母さんも皆同じ距離。

他人のウワサ話ばかりするB美と仲良くしようとする人はいなくなったのです。

B美も周りから避けられてると感じているのか、ムスッと不機嫌な表情ばかりするように。

そのうち、2か月足らずでB美家族は引っ越していきました。

※本記事は、執筆ライターが取材した実話です。ライターがヒアリングした内容となっており、取材対象者の個人が特定されないよう固有名詞などに変更を加えながら構成しています。

ltnライター:一瀬あい

元記事で読む
の記事をもっとみる