1. トップ
  2. グルメ
  3. 商品ポップが正直すぎる…!? 札幌で話題の「個性派老舗スーパー」

商品ポップが正直すぎる…!? 札幌で話題の「個性派老舗スーパー」

  • 2023.11.29
  • 162 views

突然ですがみなさん、”推し”スーパーってありますか?
「ここのスーパーは野菜が新鮮」「こっちはお肉が安い」と生活圏内のお店をなんとなく自分で使い分けていることはあるかもしれませんが、「このスーパーのファンなの!」という熱意や愛情をもってお買い物することは少ないかもしれませんね。

今回ご紹介するのは、今まさに私がどハマりしている愛すべき“推し”スーパー! いまや海外からの観光客も評判を聞きつけてやってくるという、札幌・宮の森の老舗『フーズバラエティすぎはら』の魅力を札幌在住ライターがお伝えします。

わざわざ行きたくなる!老舗スーパー「フーズバラエティすぎはら」(札幌市中央区)

Sitakke

北海道神宮からほど近い、住宅街の中にある『フーズバラエティすぎはら』。昭和19年創業の老舗商店で、現在3代目となる杉原俊明社長が、店長であり息子さんの一成さんやスタッフのみなさんと一丸となって切り盛りしている個性派スーパーです。

Sitakke
「今日のおすすめは?」と思わず聞きたくなる精肉店・鮮魚店は代々のお付き合い

いったい『フーズバラエティすぎはら』がほかのスーパーとなにが違うのかというと、それはお店に並ぶ品々を見ると意外とすぐにわかります。たとえばこちらは、とある日の青果コーナー。

Sitakke

目の前に並ぶのは、『サボイキャベツ』に『ウイキョウ』、『ルートパセリ』に『ビーツ』などなど……「いったいどうやって食べるの?」と興味をそそられる新鮮野菜たち。お店に入って真っ先に目に入るこの青果コーナーで、杉原社長がなによりこだわっているのは“旬”の国産野菜であること。

農家さんから直接仕入れるちょっぴりコアな道産野菜、毎年心待ちにしているお客さんのため道外から取り寄せる季節の野菜など、ひとつひとつ背景のストーリーを感じずにはいられない野菜が所狭しと並びます。

Sitakke
“旬”の大根、なんと7種類の品種が並んでいます!

筆者がここでお買い物する日は、前もって献立を決めないのがマイルール。その日その日の出会いとインスピレーションをたのしみながら、「この食材を使ったら、家族がどんな反応するかな」「前にカフェで食べたことがあるこの食材、自分で調理してみたい」と、あれこれ想像を膨らませてカゴに入れていく瞬間がたまらなくワクワクするんです。

あくまでも基本は、お客さんの“日常”に寄り添うこと。ユニークな品揃えとスタッフの本音に注目!

Sitakke
沖縄旅行で必ず買う「みやぎ農園」のマヨネーズ。まさか札幌で買えるなんて!と衝撃

『フーズバラエティすぎはら』がこだわっていることのひとつに、“お土産屋や物産展にならないよう、普通のものをおく”という心がけがあります。ほかのスーパーにはない商品がたくさんありますが、「めずらしい」で終わるのではなく、「お客さんの日々の生活に取り入れやすいか」「“あるとうれしい、便利”と喜ばれるか」などお客さん目線のジャッジを欠かしません。

Sitakke

また、スタッフ直筆の正直すぎるポップも話題。食べたときの印象や感想、おすすめの食べ方など、つい読み込んでしまう情報がポップにぎゅっと凝縮されていて、その文言が商品購入の決め手になることも。

それでも購入に迷ってしまうときは、店員さんに直接声をかけてみるのもおすすめ。新商品の採用有無を決める際は、スタッフみんなで実際に試食しているため、「こういう食べ方にすればいいんじゃない?」「お酒好きな人に合うかもね」なんてリアルな声を聞かせてくれるかも。

社長・店長に聞きました!ズバリ、「こんなにヒットするなんて」と想定外だった定番商品は?

Sitakke

筆者が『フーズバラエティすぎはら』を訪れる度に感じるのが、とにかく“スピード感がすさまじい”ということ。一度として同じ売り場のままの日はないんじゃないか、というくらい、訪れる度に新しい商品との出会いがあります。

実際、全国のメーカーやお客さんからのリクエストに応じて試食のうえで採用したり、自分たちが旅先などで見つけたおいしいものを直接交渉して仕入れたりと、毎日どんどん新商品が入ってくるそう。「1年後にも店頭に残っている商品は、それだけ支持されているということ」と杉原社長。

そこで、「お店に並べてみて、想像以上にヒットした商品や、定番化した商品はありますか?」とお聞きしたところ、社長と店長が口を揃えて答えたのがこちらの『べんりで酢』!

Sitakke

あまりの評判に、1.8Lの大容量サイズまで取り扱い拡大となった『べんりで酢』。兵庫県香美の株式会社トキワが手がける合わせ酢で、「漬ける」「和える」「かける」「煮る」だけでおいしい酢料理が完成します。

実際にこのお酢で「キュウリとわかめの酢の物」、「手羽元煮」を作ってみましたが、「いつもよりおいしい!」と子どもにも大好評。ツンとくる酸っぱさではなく、まろやかな酸味が子どもにも食べやすいようです。

【商品詳細】
株式会社トキワ『べんりで酢』1.8L/1,688円(税込)

迷ってしまうときはコレ!「フーズバラエティすぎはら」部門別おすすめ商品

Sitakke

ぐるりと1周するだけで、あれもこれも気になってしまう店内。なにを買おうか迷ってしまう方へ、部門別に筆者のお気に入り商品と杉原社長のおすすめ商品を紹介します。

【おもてなし部門】ママ友が来る日のため、ドリンク&フードをストック買い!

Sitakke

自宅にママ友が遊びに来る、となったときにあると重宝するのが『ウィルキンソン』のジンジャーエールや炭酸水。瓶入りでなんだか「オシャレなおうちの飲み物!」という雰囲気を醸し出せる(笑)し、1本99円(税込)とお手頃!

トルティーヤチップスとアボカドディップがセットになっている『ナチョディップ』は、子どもたち向けに甘いお菓子ばかり持ち寄ってしまったときの、ママたち用おつまみに最適。

【商品詳細】
ウィルキンソン『ジンジャーエール』リターナブルびん190ml/99円(税込)
ウィルキンソン『ドライジンジャーエール』リターナブルびん190ml/99円(税込)
ウィルキンソン『トニック』リターナブルびん190ml/99円(税込)
EL SABOR『ナチョディップ』/438円(税込)

【手土産部門】手ぶらもなんだし……という時の義実家へのお土産に

Sitakke

義母から「もうほかの納豆には戻れないくらい美味しい!」と絶賛され、我が家から義実家への手土産として定番化したのが、群馬県の『下仁田納豆』。小樽の隠れ名店『大八栗原蒲鉾店』の蒲鉾とセットでプレゼントすれば、翌日の朝ご飯メニューを考える手間も省けて“気遣いの嫁”完了。

焼きそばや炒め物にも合う『トリイソース』のウスターソースなど、ワンランク上の調味料も喜ばれますよ。

【商品詳細】
下仁田納豆『スタンダード』/189円(税込)
下仁田納豆『納豆丼』/227円(税込)
大八栗原蒲鉾店『ミックスA』/475円(税込)
トリイソース『ウスターソース』/528円(税込)

【杉原社長の推薦部門】3日かけてつくる「空知のヨーグルト」×「ビーツのベルベットソース」

Sitakke

今、イチオシの商品として杉原社長に教えていただいたのは、ほんだ菓子司の『ギリシャヨーグルト』。牛乳だけで3日かけてつくるため、驚くほど濃厚でクリーミーな味わい。ヨーグルトと思って口に入れると、「え?」と思わず声が出るほどおいしいです。

北見市常呂町の芥川ファームが手がける流氷ビーツの『Velvet Source(ベルベットソース)』も、いまの時期ぜひ手に取ってほしい逸品。オリゴ糖や有機リンゴ酢を加えることでほんのり甘みがあって、「ビーツってこんなに食べやすいの?」と既成概念が覆ります。さきほどのギリシャヨーグルトにこのベルベットソースをかけて食べると、味・色合い・栄養面ともに最高!

【商品詳細】
ほんだ菓子司『ギリシャヨーグルト<ギリシャヨーグルト専門店 F -エフ- >』200g/748円(税込)
芥川ファーム『Velvet Source』/1,080円(税込)

きっとあなたも「フーズバラエティすぎはら」の虜になるはず

Sitakke
12月頃から新たに登場予定の『ブロッコリーらー麺』。気になる~!

日々の食料品や日用品の買い出しに欠かせない、スーパーの存在。でもきっと、わたしたち消費者は「買えればどこでもいい」「安ければなんでもいい」と思っているわけではないはずです。野菜も果物もお肉も魚もお菓子も、買った先に自分や家族の笑顔が思い浮かんだり、生産者さんの想いを感じ取れたり、“人”とのつながりを感じられたときの買い物帰りは、どこか充足感に満ちています。そんな“人”と“人”との架け橋になってくれているからこそ、『フーズバラエティすぎはら』に多くのひとが惹きつけられているのかもしれません。

ぜひあなたも、幸せな空間でお買い物をたのしんでみては?

フーズバラエティすぎはら
■住所:北海道札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13
■営業時間:10〜19時
■定休日:日曜日(祝日不定休)

※掲載の内容は取材時点(2023年11月)の情報に基づきます。内容の変更が発生する場合がありますので、最新の情報は各店舗・各施設にお問い合わせください。

***
文:haruka
***

【ライター:haruka PROFILE】
旭川出身・札幌在住のWEBライター。旅行会社に就職するほど、旅やお出かけが大好き!コロナ禍をきっかけに、「自分も周りも大切にできる旅とは?」と少し意識の変化も。小さい子どもと快適に旅するアイデアも日々考案中。

元記事で読む
の記事をもっとみる