1. トップ
  2. 恋愛
  3. 生理前の不調で『性行為』を中断。緊張もあり、今までにないほどの痛みが発生!?【医師監修】

生理前の不調で『性行為』を中断。緊張もあり、今までにないほどの痛みが発生!?【医師監修】

  • 2023.11.28
  • 478 views

性行為中に痛みがあると不安になってしまうもの。 中には、体調不良や緊張から痛みが生じることも。 そこで今回のMOREDOORでは、「性交痛を感じたエピソード」をご紹介します。

監修:ひなたクリニック院長、三橋 裕一 1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。 産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。 新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Kさんの場合……

夫と交際期間が浅いときのことです。 生理前で不調があることは伝えていたものの、性行為に至りました。 背面の姿勢になった際にとても痛くて、途中で性行為を中断することに。 お互い緊張していて濡れていなかったせいもあり、痛みを感じたのだと思います。

そのときの心情は?

自分の体が大丈夫なのかとても不安に思ったし、痛いということは伝えましたが、気まずくならないか心配でした。 今まで感じたことのない痛みだったので衝撃でした。

どのようにして症状は改善しましたか?

すぐに性行為を中断して、暖かい恰好をして温かい飲み物を飲み、ゆっくり休養しました。 すぐに痛みはなくなりました。 病院へは行きませんでしたが、リラックスできる環境で気にしないようにしました。

伝えたいことは?

パートナーにはちゃんと状況を伝えるべきです。 感情ではなく体のことなのできちんと説明することが大切です。 (28歳/会社員)

違和感を覚えたときは専門家へ

お互いに緊張してしまい、うるおい不足のため痛みを感じてしまったというKさん。 性交痛の原因は人によって異なりますが、主にうるおい不足、身体的特徴や体質、膣の炎症が原因となっている可能性が高く、また子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人科系疾患が要因の場合もあります。 心や体の違和感、痛みは早めのケアと、何よりパートナーの理解が大切です。 皆さんも、不安や違和感を覚えたときは、まずパートナーに言葉で伝えること、そして婦人科での受診を考えてみてくださいね。 今回は「性交痛を感じたエピソード」をお届けしました。 ※この記事は編集部に寄せられた実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。 必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。 ※監修医:ひなたクリニック院長、三橋裕一 (MOREDOOR編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる