1. トップ
  2. 恋愛
  3. 【気分にムラ】生理痛が異常で受診した結果…⇒判明した疾患とは?『気持ちにも影響を及ぼすのって怖い』『治療できるんだ』

【気分にムラ】生理痛が異常で受診した結果…⇒判明した疾患とは?『気持ちにも影響を及ぼすのって怖い』『治療できるんだ』

  • 2023.11.27
  • 1698 views

体に異常を感じても、婦人科へ行くのは勇気がいるもの。 ついつい後回しにしてしまう方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、「婦人科疾患に気づいたきっかけエピソード」をご紹介します。

監修者:ひなたクリニック院長、三橋 裕一 1964年生まれ。福島県会津若松市出身で2007年に札幌でひなたクリニックを開業。 産婦人科医の傍ら、総合格闘技のリングドクターとしても活動。 新事業の『内診台を使用したVIO脱毛』に日々奮闘中。

Aさんの場合……

25歳頃、それまでずっと我慢していた生理痛が異常であると気づきました。 気分にムラがありすぎるため、病院で受診しました。 その結果、月経前症候群(PMS・PMDD)と判明しました。

どんな治療を受けましたか?

「低用量ピル」を処方してもらい、飲んだら生理痛も、月経前症候群(PMS・PMDD)もましになりました。 生理痛については頭痛薬を飲めば普通に動けるくらいによくなりました。 ピルを飲んで周期がわかっているため「この日はゆっくり過ごそう」など計画することができ、PMSの症状がひどいときには人と会わないようにするなどの対策を講じられ、おかげで日々の生活でのトラブルがなくなりました。

世の女性陣へ伝えたいことは?

生理痛・PMS・PMDDの症状がある方は、医師と相談して「低用量ピル」の服用を試してみるのもいいと思います。 ピルを飲むようになってから、仕事や私生活も安定しました。

このエピソードに読者は

『PMSもちゃんと治療できるんだなとびっくりしました。』 『気分にムラがあることが病気の症状かもしれないということに驚きました。』 『気持ちにも影響を及ぼすのって怖いな。』 と実にさまざまな声が寄せられました。

違和感があるときは早めに婦人科へ

Aさんは生理痛の異常さから病院を受診し、『月経前症候群』が原因だったと判明しました。 皆さんも、疾患を早期発見・早期治療をするためにも違和感を覚えたときは早めに婦人科で受診してみてくださいね。 今回は「婦人科系疾患に気づいたきっかけの話」をお届けしました。 ※毎月の生理が「いつもと違う」「量が多い」と感じたり、「健診や他の病院で貧血がある」と言われたら、なるべく早めに婦人科に行くことをおすすめします。 かかりつけの婦人科医をもつのもよいので、検討してみてください。 ※監修医:ひなたクリニック院長、三橋裕一 ※この記事は編集部に寄せられた実話ですが、すべての方が当てはまるとは限りません。 必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。 (MOREDOOR編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる