1. トップ
  2. 恋愛
  3. 店員「1万円足りないですよ」私「あれ、払ったけど…?」店長が”防犯カメラ”を見ると→消えた”1万円の行方”を知り言葉を失った…

店員「1万円足りないですよ」私「あれ、払ったけど…?」店長が”防犯カメラ”を見ると→消えた”1万円の行方”を知り言葉を失った…

  • 2023.11.27
  • 67767 views

皆さんは、買い物中のトラブルで困ったことはありますか? 今回は「レジで出したはずの1万円がなくなった話」とその感想を紹介します。 イラスト:たかむら

レジで精算中に子どもが泣き出す

主人公が、家族とショッピングモールで買い物をしたときのことです。 レジで精算していると子どもが泣き出してしまいました。 お金をレジに出しながら、主人公は子どもの方を向いてあやします。 すると店員が「1万円足りないですよ」と声をかけてきたのです。 店員に「あれ、払ったけど…?」と主人公は伝えますが…。

1万円足りない

出典:CoordiSnap

店員は「1万円足りない」と言いはり、子どももぐずっています。 焦った主人公は店員の言うとおりに会計を済ませました。 しかし、きちんと支払った確信のある主人公は納得がいきません。 店長に防犯カメラを見てもらうように頼むことにしました。 店長に防犯カメラを確認してもらった結果、レジの店員が主人公の目を盗んでお金をとった可能性があるとのこと。 衝撃の真実に、主人公は言葉を失います。 結局、店長から謝罪があり返金されることになりましたが…。 お金は戻ってきたもののしばらくあの店には行きたくないと思う主人公でした。

読者の感想

レジで会計中に子どもがぐずり出すと、焦ってしまいどうしても子どもの方を見てしまいますよね。 そんなバタバタしているなかでお金をとろうとするなんてあまりにひどい話だし、そんな店には行きたくないですね。 (30代/女性)
主人公が見ていないのをいいことに、盗むなんて信じられないですね。 確認してもらい、返金されてよかったと思いました。 (20代/女性)

※この記事はユーザーのエピソードをもとに作成しています。 ※実際に募集した感想をもとに記事化しています。 (CoordiSnap編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる