1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. お腹のふくらみが目立ってきた妊娠中期。義母が繰り返す“ある発言”がストレスに…その結果

お腹のふくらみが目立ってきた妊娠中期。義母が繰り返す“ある発言”がストレスに…その結果

  • 2023.11.27
  • 6531 views

第一子を妊娠したときのこと。大きくなってきたおなかを見る度に義母がある発言をしてきて……。プレッシャーに押しつぶされそうになりました。

無事に生まれるかさえ不安なのに…

第一子を妊娠中のときのこと。初孫の誕生に喜んだ義母は、「このおなかの形は絶対に男の子よ!」と顔を合わせるたびにうれしそうに話すので本当に困りました。というのも、私はその前年に流産を経験しており、義母もそれはよく知っていたはずだからです。

無事に産まれるかどうかすら不安で仕方がなかったのに、「生まれてきたのが女の子だったりしたら、何を言われるかわかったもんじゃない」と不安になりました。

妊婦健診のとき、主治医の先生に「女の子じゃありませんよね!?」と何度も確認してしまったことも。ついに先生から「無事に生まれれば性別なんてどちらでも良いですよね?」と言われ、事情を話しながら診察室で号泣してしまったこともあります。

周りの家族も義母をたしなめたりしましたが、「誰が何と言っても私にはわかる!」と聞く耳を持たず。「無事に生まれてよかった」と思うと同時に「男の子でよかった」と思ってしまい、赤ちゃんに申し訳なく罪悪感を感じました。その後、夫から義母に「今後は子どもの性別をとやかく言うのはやめてほしい」と伝えてもらいました。

◇ ◇ ◇

悪気はないのかもしれませんが、毎回言われるとプレッシャーになりますよね。妊娠中はいつもよりナーバスになり、ストレスがたまりやすいことも。あまりに追い詰められる場合は距離を置くなど、できる限りの対策を考えたいですね。

作画/さくら


著者:佐々木瑠璃

6人の子どもをワンオペで育児中。シナリオライターとして活動するかたわら、WEB記事作成も行っている。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる