1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【美香】「女性の体は花と同じ!」ガールが憧れる女っぽBODYの秘密は〝水分〟にあり!愛用ケアアイテムを大公開♡

【美香】「女性の体は花と同じ!」ガールが憧れる女っぽBODYの秘密は〝水分〟にあり!愛用ケアアイテムを大公開♡

  • 2023.11.26
  • 8534 views
andGIRL

丸みのあるパーツやキリッとした骨格、引き締まった筋肉になめらかな肌etc. メンズ受けだけじゃなく、ガールからも憧れられる女っぽBODYを持つ4人が登場!美ボディをつくる日々のケアから、顔も含めたスキンケア、キレイを保つマインドまで、たっぷり教えてもらいました。全身から女っぽムードを匂わせる秘訣を盗んじゃおう♡

女子から見てもグッとくる!〝美香〟の女っぽBODYのヒミツ

「頭からつま先まで、潤いが満ちた肌の透明感が大人可愛いにつながる!」by 美香

どのパーツをとってもみずみずしく、しなやかなパーフェクトBODY♡

andGIRL

チュールボディスーツ¥38,500/フェティコ(ザ・ウォール ショールーム) パールボタンジャケット¥141,900/キムへキム、イヤカフ¥38,500/ピューピル キャスケット(ともにショールーム ウノ) ミュール¥152,900/Sergio Rossi(セルジオ ロッシ カスタマーサービス)

女性の体は花と同じ!毎日水をあげて枯らさないのがモットー

〝ボディケアはサボるとすぐカサつくからお花と同じくらいわかりやすい〟

水分たっぷりで、透明感のあるうるっとした質感をいつも意識しています。お風呂上がりは体も化粧水→美容液→クリームと顔のケアと同様のステップを踏むように。ボディケアって、ちょっとサボるとすぐカサつく。お花と同じくらいがわかりやすくて、水分が足りないと枯れてくるので、毎日しっかりケア!クリームでペタペタしたまま寝るとベッドにつくので、腕とかはさらっと仕上がるもの、パジャマで隠れるヒップなんかは高保湿なものをたっぷり塗ります。基本はさっぱりタイプの化粧水をつま先まで全身に使うんですが、背中は手が届かないから「キュレルのディープモイスチャースプレー」でシューッと。

andGIRL

モイスチャーACEオイル100ml ¥9,790/エンビロン(プロティア・ジャパン)

その後の美容液やクリームはパーツや状態で使うものを変えますが、外せないのが「エンビロンのモイスチャーACEオイル」。これを塗ると、ぷるんとハリを感じられる肌に仕上がるんです。

あと、ケアするときに自分の体を愛でるように触ってあげるのも大事。クリームを塗ってできる表面のツヤ感だけじゃなく、ちゃんと内側から水分が満ちているような質感に変わっていくから。

疲れている日はオールインワンに頼る
andGIRL

〝肌が荒れたときはオールインワンジェルで落ち着かせる〟

今日は疲れてて、スキンケアをちょっとサボりたいなって気分になることもあります。ただ肌がカサカサしてくると落ち着かないので、オールインワンタイプのジェルでパパッと保湿してます。たまに、スキンケアでいろんなアイテムの重ねすぎで肌が荒れることがあるので、そういうときもシンプルなオールインワンジェルに変えて落ち着かせます。

肌の治安が悪いときに頼るのが「薬用ビタブリッドワン」。保湿力も高いし、ナイアシンアミド配合で美容効果もしっかりあるのがいい。

andGIRL

フェイスジェルパック 15ml×10包(1剤2剤ともに)¥8,900/BAMBI WATER(ラングレー)

引き算したほうがいいときもあるけど、やっぱり撮影前はスペシャルケアも必要。ここぞという日はやっぱり顔の調子がいいと気分も高まるので、炭酸ガスパックの「BAMBI WATERのフェイスジェルパック」でケア。潤いも透明感も実感してます!ボディに対しては、スクラブで古い角質をオフして、なめらかな肌に仕上げます。

巡りをよくして冷えない体づくり

〝いい女って気分に浸れるのがいい!〟

約半年前からよもぎ蒸しに通ってます。体の芯から温まるから、全身の血流アップにすごくよくて。体が冷えていると肌に透明感も出ないし、むくみやすくなるし、理想とする女っぽBODYから遠ざかっちゃうので冷え対策にも注力してますね。

andGIRL

臓活茶¥22,500/BHY

ほかにも巡りケアとして、以前にandGIRLの撮影で伺ったサロン・BHYの「臓活茶」も愛飲。五臓全体の気の巡りを促してくれる漢方茶で、体の中から調子が整う感じがするんです。こういう巡りケアを習慣にしてるから、脚や顔のむくみを感じたときも、むくみに対してピンポイントのケアをしなくても対処できてるのかなって思います。いつも通りクリーム塗りながら体を撫でるだけでだいたい整うし、撮影前など気になるときは、塩分を控えたり、夜の食事を軽めに抑えたりするくらい。キレイでいられる生活をしてると、心も潤って自分自身が気持ちよくいられるんですよね。



 Profile ・みか

1975年9月9日生まれ、北海道出身。19歳でモデルデビューしてから現在まで、数々のファッション誌の表紙を飾るなど第一線で活躍。顔もボディも圧倒的な美しさを誇り、年齢を重ねて進化していく大人可愛いを体現する存在として、読者からの支持が厚い。

撮影/遠藤優貴 スタイリング/小原優子 ヘアメイク/MAKI 文/政年美代子 ※andGIRL2023年秋号

元記事で読む
の記事をもっとみる