1. トップ
  2. エンタメ
  3. 性関係の映像を同意なく撮影?元G大阪ファン・ウィジョに犯罪の疑い…警察調査では「合意」主張

性関係の映像を同意なく撮影?元G大阪ファン・ウィジョに犯罪の疑い…警察調査では「合意」主張

  • 2023.11.21
  • 3674 views

中国でのW杯予選を控えて、元ガンバ大阪の韓国代表FWファン・ウィジョ(31、ノリッジ・シティ)が犯罪事件に巻き込まれた。

ユルゲン・クリンスマン監督率いる韓国代表は本日(11月21日)、敵地・深センユニバーシアードスポーツセンターで中国代表との2026年北中米W杯アジア2次予選グループC第2節を戦う。

去る16日の第1節では、ホームのソウルワールドカップ競技場でシンガポール代表を5-0で下した。

FWチョ・ギュソン(25、ミッティラン)、FWファン・ヒチャン(27、ウォルヴァーハンプトン)、FWソン・フンミン(31、トッテナム)、ファン・ウィジョ、MFイ・ガンイン(22、パリ・サンジェルマン)と欧州組の主力が揃ってゴールを記録した。

韓国は今回、中国相手に国際Aマッチ5連勝達成を狙う。

シンガポール戦では後半22分にPKを得た際、キャプテンのソン・フンミンがキッカーをわざとファン・ウィジョに譲り、得点感覚を回復できるよう手助けした。

ファン・ウィジョはPKを決めた直後、明るい笑顔でソン・フンミンと抱擁した。所属チームでも苦しむファン・ウィジョが復調気味にあるなか、韓国の攻撃陣はさらに勢いを増している。

ファン・ウィジョは前回得点した去る9月のチュニジア戦に続き、シンガポール戦でも後半からの途中出場でゴールを決めた。

警察、ファン・ウィジョを“被疑者”として召喚

嬉しい得点を決めた一方で、良くない知らせもある。

ファン・ウィジョは性関係の映像を相手の同意なく違法撮影した疑いで、18日にソウル警察庁で警察の取り調べを受けた。

取り調べでファン・ウィジョは、「合意による撮影だった。違法な行動をした事実はない」と陳述書を作成した。

一方、被害者はファン・ウィジョが自身の同意なく撮影したという相反する陳述をしている。そこで警察は18日、ファン・ウィジョを被疑者として召喚した。ファン・ウィジョが犯罪の疑いを受けているという意味だ。

ファン・ウィジョは携帯電話を紛失し、他意によって映像が流出したと主張している。

自らを「ファン・ウィジョの恋人」と主張し、ファン・ウィジョのプライベート映像をネット上に流布した女性A氏は、映像流出の疑いで拘束された。

このような複雑な状況で、ファン・ウィジョは19日に中国に渡り、本日(21日)行われる中国戦に向けて準備している。

例えファン・ウィジョが潔白だとしても、警察が自身を“潜在的犯罪者”と見て捜査を進めている現状はそれほど良いものではない。ファン・ウィジョがサッカーだけに集中できず、精神的に動揺する可能性もある。

ファン・ウィジョ
(写真提供=OSEN)ファン・ウィジョ

今回のW杯アジア2次予選2試合で、クリンスマン監督はセンターバックを3枚のみ選んだ。DFキム・ミンジェ(27、バイエルン・ミュンヘン)の酷使が問題視されているなか、ほかにDFキム・ヨングォン(33、蔚山現代)とDFチョン・スンヒョン(29、蔚山現代)しか選出しなかった。

指揮官はこの理由について、「FW3人全員がコンディションが良く、全員を選んで実験したかった。悩んだ末にセンターバックを3人だけ選んだ」と話した。それほど、ファン・ウィジョはクリンスマン監督の信頼を得られている。

ただ、もしファン・ウィジョがピッチ外の問題が影響して不振に陥り、センターバック陣でレッドカードなど突発的な状況が生じた場合、クリンスマン監督はメンバー構成上、まともに対処することが難しい。

ファン・ウィジョは今、一歩間違えれば代表選手としての名声と機会を失いかねない危機にある。ピッチの内外で厳しい時間を過ごしている。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる