1. トップ
  2. グルメ
  3. ラーメンや居酒屋も!三笠高校の卒業生たちが、続々とお店をオープン!愛されるお店を目指して

ラーメンや居酒屋も!三笠高校の卒業生たちが、続々とお店をオープン!愛されるお店を目指して

  • 2023.11.17
  • 296 views

北海道の空知(そらち)地方在住のakanu(あかぬ)が、空知の注目トピックスをお伝えします。

***

今回は、空知地方の南部、北海道のほぼ中央に位置するまち・三笠市の市内を訪れました。

Sitakke

お店の中から、なにやら楽しそうな声が……♪

Sitakke

カウンターの奥で、料理を提供しているのは、店主の畑澤愛花(はたざわ・あいか)さん。
畑澤さんは、北海道三笠高校の1期生です。

Sitakke
北海道三笠高校

北海道三笠高校は、食物調理の学科を設置した道内唯一の公立高校で、ことし開校12年目を迎えました。

いま、三笠市内では、卒業生たちが、続々とお店をオープンしているんです!

三笠高校1期生・畑澤さんのお店「ごはんcafeあむっと」

Sitakke
畑澤愛花(はたざわ・あいか)さん

畑澤さんが経営する、「ごはんcafeあむっと」もそのひとつ。
2023年6月にオープンしたこのお店は、健康的な食生活を送るために推奨される合言葉「まごわやさしい(豆、ごま、わかめ、野菜、魚、しいたけの頭文字から)」をテーマにしたランチメニューを提供しています。

昼営業が中心ですが、不定期で、夜の「立ち飲み居酒屋」としても営業します。

Sitakke

こちらは、居酒屋メニューの「豚からあげの中華ダレがけ(税込650円)」と「だし巻きたまご(税込400円)」 。
どちらも畑澤さんの手作りです。

「夜の営業はお昼と違って、お客様とより近い距離で営業ができるので、たくさんお話ができて楽しいです。夜の営業を頻繁することはできないのですが、毎回ご来店されるお客様もメニューも違うので新鮮ですね、オープン前からわくわくしています!」と、畑澤さん。

お店がオープンして約5カ月経ちますが、多くは地元客だといいます。

「毎週来てくださる方や、忙しい合間を縫って『やっと来ることができました!』と来てくださるお客様もいて本当にうれしいです。老若男女問わず来ていただいて、今のところ最小年齢は4カ月のお子さんです(笑)」

Sitakke

カウンター席の奥には、広い小上がり席も。子ども連れでもゆっくりできそうです。

「ごはんcaféあむっとの最終的な目標は、みんなのお茶の間みたいな場所になることです。リピーターのお客様には『いらっしゃいませ』だけではなく『こんにちは』と声をかけるように心がけています。お客様にとって、早く馴染みの店になってほしいな、という気持ちからです。おいしいご飯を食べながら、お客様同士が楽しく過ごせる空間にできるよう、頑張っていきたいと思っています!」

【店舗情報】
■ごはんcafeあむっと(11:00~16:00 L.O 15:30)
住所:北海道三笠市多賀町3-1
定休日:日曜日、月曜日 (不定休有)
最新の情報はインスタグラム(@amutto_gohancafe)にてご確認ください!## 三笠高校2期生と8期生がタッグを組むお店「三笠鶏玉ラーメン 創(つくる)」「ご飯処 造(つくる)」

Sitakke

真っ白で泡立ったスープが、個性的なこちらのラーメン。

柔らかい鶏むね肉のチャーシューと、鶏のうまみが広がる濃厚なスープが特徴の、
「鶏白湯醤油ラーメン」(税込880円)。

三笠高校2期生の、田中巧(たなか・たくみ)さんが経営するお店で提供しています。

Sitakke
昼はラーメンの専門店、夜は「定食屋のような、居酒屋のようなお店」に。

田中さんは、昼は「三笠鶏玉ラーメン 創(つくる)」、夜は「ご飯処 造(つくる)」という店名で、お店を経営しています。「ご飯処 造」は、今年3月にオープンしたばかり。

「三笠鶏玉ラーメン 創」は、札幌市内にも店舗があり、田中さんは、「市外でも、三笠の認知度を高め、三笠の広告になるようなお店にしたい」と、目標を掲げます。

Sitakke
田中巧(たなか・たくみ)さん

「三笠市内の店舗では、昼はラーメン専門で営業していて、市内・市外問わず多くの方が食べに来てくれています。夜は定食屋のような居酒屋のような…地域密着のお店を目指しています。

ご飯処は、特にお客様との距離が近いのでリクエストを頂くことも。最近ではお客様の声に応え、イカリングやタコ唐揚げを追加しました」

Sitakke
「利き唐揚げ」(税込600円)

店内では「鶏肉」を使ったメニューが豊富で、人気メニューの「利き唐揚げ」(税込600円)の味は、なんと7種類!
柔らかく調理された鶏むね肉を使用しているので、あっさりジューシー。

すべての味が違うので1人でも楽しめますし、大人数でシェアしてワイワイ食べるのも良さそうですね!

三笠高校2期生の田中さんの相棒は、8期生の中鉢さん!

Sitakke
店長の中鉢龍斗(ちゅうばち・りゅうと)さん(左)と田中さん(右)

店長の中鉢龍斗(ちゅうばち・りゅうと)さんは、標茶町出身の20歳、三笠高校8期生です。
高校卒業後は、道内のホテルでフレンチ調理担当として勤務していました。

Sitakke

中鉢さんは、
「お客様と距離が近いほうが良いなと考えていたところ、先輩の田中さんに誘われて戻ってきました。
直接美味しいという声が聞けるのが嬉しいですし、改善すべき点も言っていただけるので、日々より良いものを作ろうと思っています。三笠市内の方も、市外の方も、気軽にふらっと来て、くつろげるような…そんなお店にしていきたいです」と、話してくれました。

【店舗情報】
■元祖三笠鶏玉ラーメン 創(11:00~14:00) ご飯処 造(17:00~21:00)
住所:北海道三笠市幸町15
定休日 月曜日
■三笠鶏玉ラーメン 創 札幌店(11:00~20:00)
住所:札幌市豊平区西岡4条9丁目1-26
定休日 火曜日

※最新の情報はインスタグラム(@tsukuru1219)にてご確認ください。

三笠高校1期生・上西さんのキッチンカー「2 Beans Coffee」

Sitakke
「MIKASA Cafe village」会場のようす

11月上旬、秋晴れのなか、三笠市の市来知(いちきしり)神社にて「MIKASA Cafe village」というイベントが初めて開催されました。

オープンしてすぐに会場へ行きましたが、すでに大盛況!
イベントを主催したのは、三笠高校1期生の上西歩夢(じょうにし・あゆむ)さん。

Sitakke
上西歩夢(じょうにし・あゆむ)さん

上西さんは、キッチンカー「2 Beans Coffee」のオーナーです。
2021年よりキッチンカーでの営業をスタートし、三笠市を拠点に北海道の様々な場所でコーヒーを販売しています。

上西さんは今回開催したイベントについて、
「自分のキッチンカーでコーヒーを提供しているなかで、他にも多くの自家焙煎コーヒーをキッチンカーで提供している方に出会いました。いつかコーヒーのキッチンカーが集まるイベントがあると良いよね、という話をしていたのがきっかけです」と話します。

「たくさんの年齢層の方が楽しめるように、お菓子屋さんご飯屋さんやワークショップに本屋さん…様々な方に声をかけました」

Sitakke
上西さんのキッチンカー「2 Beans Coffee」

2 Beans Coffeeにもたくさんの人が並んでいます。

「他のキッチンカーの皆さんは、札幌市を拠点に活動されているなかで、私だけが三笠市が拠点にしていました。
三笠市には、開業当時から通ってくださる常連様や、顔見知りのちびっこたちがたくさんいます。せっかく開催するなら、私の活動拠点である三笠に色々なお店を呼んで、三笠市の方々に、楽しい1日を過ごしてほしいという想いで三笠市を開催場所に決めたんです」

Sitakke
「2 Beans Coffee」のコーヒー(税込500円)

「来年4月を目標に、三笠市内でテイクアウトのコーヒーと焼き菓子専門店を開業しようと準備中です。
もっと気軽にお店に来ていただいて、コーヒー豆をお買い求めいただける場所と、地域に根差した焼き菓子を販売していこうと考えています!」

上西さんは、新たな夢に向かっています!

Sitakke
特別に作っていただいた、もんすけのラテアート♪

出店予定地などの詳しい情報は、インスタグラムにて発信しております。
2 Beans Coffee(@2_beans_coffee)をご覧ください!

イベントのお知らせ

三笠高校卒業生によるイベントが開催されます!

Sitakke

11月18日(土)、19日(日)に、全国各地で活躍する三笠高校卒業生が、お菓子やご飯を販売するイベント
「緑心マルシェ」が開かれます!出店店舗や、詳しい情報は、三笠高校の公式インスタグラム(@mikasa.obog)にて掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

取材:村田峰史
文・写真: akanu(あかぬ)
編集:Sitakke編集部・ナベ子

<akanu(あかぬ)プロフィール>
北海道の空知(そらち)地方在住、生まれも育ちも空知!生粋の空知っ子です。
食べること・散歩することが好きで「何食べようかな…」と考えながらよく散歩しています。
他には犬が大好きで、見ているだけで幸せになります…!空知に住んでいるからこその「これが空知!」という発見や、空知で頑張っている方たちをそっと応援していきます!Instagramも更新中!

元記事で読む
の記事をもっとみる