1. トップ
  2. おでかけ
  3. デュッセルドルフの代官山⁉︎おしゃれなお店が集う地区を散策【ドイツの最新情報をお届け!】

デュッセルドルフの代官山⁉︎おしゃれなお店が集う地区を散策【ドイツの最新情報をお届け!】

  • 2023.11.8
  • 230 views

ドイツ・デュッセルドルフ在住でフリーアナウンサーの小山瑶さんが、現地で暮らすからこそ得られるディープで旬な情報を教えてくれる連載。アナウンサーそしてジャーナリストとしての視点を交え、ドイツの情報をいろんな角度から伝えて頂きます。今回は題名の通り、デュッセルドルフの代官山とも言われているおしゃれな若者が集うとある地区をたっぷりご紹介します。

話題の人気スポット? 近年進化を遂げる新エリアへ 【フリーアナウンサー小山瑶の海外生活in Germany Epi.28】

デュッセルドルフはライン川を挟んでさまざまな地区が広がっていますが、そのなかでもオススメしたいおしゃれエリアが、flingern-Nord area(フリンガーンノルド)です。1980年代には不法滞在者のエリアとして知られていて、治安の悪い地区ではあったものの、2000年代に入ってからはアーティストがアトリエを構えたり、セレクトショップを出店したりとおしゃれな地区に変化を遂げ、今では地価も高騰している人気エリアだそうです。今回、トレンドに敏感なおしゃれなマダムがこの地区を教えてくれて、一緒に散策することに。アクセスもよく、デュッセルドルフ中央駅からバスで10分から15分ほどで着くことができます。

デュッセルドルフ中央駅から709線で12分(D-flingern S)。

この地区だけでも10を超えるアトリエが点在しています。Ackerstrasseにはアマチュアアーティストによるの壁画アートが楽しめると人気。

行楽の秋のシーズンも残りわずか。デュッセルドルフに住んでいる方もふらっと立ち寄ってほしいオススメ散策プランをご提案したいと思います! 本格的な寒さが来る前に、お散歩がてら楽しんでほしいです。今回ご紹介したいお店は全部で9つ。

@Unterhaltung Lieblingsstücke 雑貨店

ドルトムントが1号店で、2007年にデュッセルドルフに店を構えました。オーナーのセレクトで、カラフルな服や可愛らしいデザインの雑貨が販売されています。子ども用品の種類も豊富で、メイド イン ドイツのものも買うことができます。なかには、日本のお香や料理本も置かれていました。

シックな外観が印象的なUnterhaltung Lieblingsstücke。

子ども部屋のような一角。ドイツ製のおくるみや木製グッズが販売されていました。安全性など、製品精度が高い点にドイツらしさを感じます。

見ているだけでワクワクするアクセサリーコーナー。色とりどりなデザインはスペイン製のもの。もうすぐ冬本番とあって、ニット帽や手袋なども販売してました。

Unterhaltung Lieblingsstücke
Ackerstraße 161,40233 Düsseldorf
開:10:00~18:00
https://www.instagram.com/unterhaltunglieblingsstuecke/

@YARN STUDIOS 洋服店

おしゃれな看板が矢印のYARN STUDIOSは、デザイナーやファッショニスタ、アーティストからなる強力なチームが運営するアトリエ兼ショップ。ミュージシャンとのコラボ商品も販売されていて、おしゃれな若者男性に人気なお店です。

フォトスポットのような外観に、足を止める通行人もたくさんいました。

店内はミニマムな内装。アーティストコラボのスポーティなアイテムが販売されていました。なんとベビー服も展開されていました。

YARN STUDIOS
Lindenstraße 142, 40233 Düsseldorf
開:11:00~20:00
営:水〜土
https://www.instagram.com/yarnstudios/

@rikiki. Grafik & Produkt 雑貨店

休日は多くの若者で賑わうrikiki。外観からも分かるよう、カラフルな商品のラインナップに購買意欲がかき立てられました。2012年に店舗を構え、家具やリビング用品を中心に販売していて、友人や大切な人へのプレゼントを購入するのにオススメですよ。オンラインストアからも購入することができます。

外から見えるディスプレイもカラフルでワクワクします。

モダンな招き猫は思わず購入してしまいそうに! シュールな表情もたまりません。

rikiki. Grafik & Produkt
Hermannstraße 36 40233 Düsseldorf-Flingern
開:10:00~19:00
営:水〜土
https://www.instagram.com/rikiki.shop/
https://shop-rikiki.de/pages/standorte

@MARILUX 衣服・北欧雑貨取扱店

北欧フィンランドの有名メーカー、マリメッコの商品が買えるこちらのお店は、ブランドらしい特徴的な生地を買えると日本人客に人気なんだとか。2011年に開店し、オーナーがセレクトしている北欧のグッズがドイツで買えるのは特別なことのように感じました。

マリメッコのアイコニックなファブリックを使用したアイテムがたくさん陳列されていました。

MARILUX
Ackerstraße 158, 40233 Düsseldorf
https://www.instagram.com/marilux_de/

@dusselhunde Concept Store ドッグ用品専門店

公式ホームページなどが発見できなかったのですが、デュッセルドルフで作られているドッグ用品専門店がありました。おもちゃや首輪、衣服など全てこの地で作られているとオーナーが話してくれました。犬好きにはたまらない、とっておきのグッズを見つけられるのではないでしょうか?
 
dusselhunde Concept Store
Ackerstraße 131, 40233 Düsseldorf

@GROTTYPETZ HANDMADE ベビー用品ハンドメイド店

姉が妊婦さんということもあり、このところベビー用品に敏感な私。ドイツには可愛いベビー用品が豊富にあります。パリやイギリスに比べるとナチュラルで素材にこだわっている印象で、色づかいも派手というより落ち着いている印象があります。プレママやママさん必見の世界に一つだけのオリジナルベビー記念品をぜひ作ってみてはいかがでしょうか?

どんなデザインがいいか迷ったら、オーナーに相談するのが1番のオススメ。

オリジナルのスタイを制作中。名前と愛らしい動物のスタンプで自分の好きなカスタマイズができます。30種類以上の組み合わせが可能なんだとか。

GROTTYPETZ® HANDMADE
Ackerstraße 145, 40233 Düsseldorf
https://www.instagram.com/grottypetz/

@irir hesse Klein aber fein ベビー用品おもちゃ店

店内には所狭しとベビー用品が並べられているirir hesse Klein aber fein。

お店の窓にも可愛らしい雑貨をたくさん陳列しているこちらのお店は、ドイツやオランダなどヨーロッパのベビー用品が販売されています。なかにはデュッセルドルフで作られているベビーカー用トイもありました。オーナーも気さくに話しかけてくれて、オススメのアイテムを紹介してくれます。

おもちゃ文化の盛んなドイツ。子ども用おもちゃの種類も欧州で群を抜いて人気なんだとか。おもちゃとして使ってもよし、家にインテリアとして飾ってもよしの一石二鳥の商品です。

irir hesse Klein aber fein
ackerstrasse 137 40233 Düsseldorf-flingern
https://www.irishesse.de/

@Café Hüftgold カフェ

たくさん歩き回ったあとは、地区の角にあるおしゃれなカフェでひと休み。チーズケーキが有名なこのカフェは、地元民からも大人気。季節のフルーツを使ったケーキもあるので、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。店内もとてもおしゃれなので、想い想いの時間を過ごせるはずです。

私はラズベリーチーズケーキをチョイスしました。甘すぎずさっぱりとしたベイクドチーズケーキが特徴。

Café Hüftgold
Ackerstraße 113, 40233 Düsseldorf Flingern
https://www.instagram.com/cafehueftgold/
 
11月に突入し、すっかりドイツは秋から冬ムード。サマータイムが終わったことで時差も8時間に広がりました。このどんよりとした11月を乗り越えるとみんな大好きクリスマスシーズンの到来です! ドイツのクリスマスは一年の中でも特別な季節。いたるところにツリーが飾られ、この時期らしくなってきます。クリスマスツリーの発祥はドイツとも言われています。その歴史は遡ること600年前。今年はどんなクリスマスになるのか楽しみです。

11月に入り、クリスマスのアドベントカレンダーがデパートやスーパー、薬局の店頭でたくさん並ぶようになってきました。若者にはコスメのアドベントカレンダーが人気なよう。

実は、去年は日本に帰国していたのでドイツで過ごすクリスマスが初めてだったりします。今年は皆さんにドイツの新鮮なクリスマスムードをお届けできますように。
Vielen Dank!!!

text : HARUKA KOYAMA

元記事で読む
の記事をもっとみる