1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 妻の手料理に大量の調味料をかける夫「母さんの味を見習え!」→味覚の不一致で離婚したところ…

妻の手料理に大量の調味料をかける夫「母さんの味を見習え!」→味覚の不一致で離婚したところ…

  • 2023.11.7
  • 14330 views

共働きの私たち夫婦ですが、私は夫よりも先に帰宅するようにし、毎日心を込めて夕飯を作っていました。食事作りは正直楽ではありません。それでも、体のことを考えてバランスの良い食事を作っていたつもりです。夫も喜んでくれていると信じていたのですがーー。

最近夫は味が薄いと嫌な顔……。私の気持ちも自分の健康も考えず、何にでもドバドバと醤油やソース、マヨネーズをかけるようになりました。これでは夫の健康が心配になってしまいます。

夫が調味料を異常にかけるワケ

つい最近まで、夫は私の料理をおいしいと言って食べていたはず。突然の味覚の変化には驚いてしまいましたが、どうやら結婚前から我慢して食べていたそう。

これまでも異常なまでの調味料のかけ方に引かれて、何人もの女性に振られたようで、夫は結婚まで猫を被っていたのでした。結婚したとたんに気が抜け、素が出始めたのだと思います。

耐え難いのは外食したとき。イタリアンに行けば粉チーズを山盛り追加、フレンチに行けばパンにはベッタリとバター。これには一緒にいるのが恥ずかしくなるほど……。

これでは体を壊すのも時間の問題です。しかしどんなにやめるように伝えても、夫はまったく聞く耳を持ちませんでした。

離婚の理由は……

私の料理は素材もつ旨味やだしの味を生かしたもので、決してまずくはないはずです。しかし、夫が求めているのはこってり濃い義母の味だったよう。ついには義母を家に呼び寄せ、私に手料理を習うよう言ったのです。

義母の味を知ろうと一緒に料理をしてみたものの、案の定、すべて濃い味で色はまっ黒、醤油を煮詰めた臭いが部屋中に染みつくほどでした。おいしそうに食べる2人を横目に、私はたった1口でギブアップ。夫の味覚を狂わせたのは、小さいころから濃い味付けばかり食べていたからだと納得しました。

義母に習っても一向に改善されない食事にいらだち始めた夫は、ついに私に離婚を申し出たのでした。離婚の理由は「味覚の不一致」 です。

料理の味付けは私にとっても譲れないところ。本気で夫の体を心配していた自分をバカバカしく感じてしまい、離婚に応じることを決めました。

しかし一生懸命作った料理に必要以上の調味料をかけられたり、捨てられたりしたことは許せません。夫婦最後の晩餐には、夫好みのギットリコテコテの料理を出すことにしました。もう夫の体がどうなっても、知ったことではありません。

あれから5年…

ある日職場から帰ろうとすると、見知らぬ男性に声をかけられました。よくよく見ると、まさかの元夫!不摂生がたたり、激太りして肌もボロボロ、すっかり老け込んだ印象でした。義母も去年倒れて今は寝たきり。自分も倒れて入退院を繰り返しているため、仕事ができないと話していました。

今になって「言うことを聞いていれば良かった」「改心したからまた一緒に暮らしてくれ」と熱烈なプロポーズを始めた元夫。でも私にはそんな気は一切ありません。泣いてすがる夫にびっくりして身をかわしたら、彼は転がってしまい、起き上がるのもひと苦労! 改めて、食事の大切さに気がついたのでした。

食は生活の基本。健康に長生きするためには、健全な食生活は欠かすことができません。忙しさから食事がおざなりになったり、ストレスで暴飲暴食をしてしまったりすることもありますが、日常的にバランスの良い食事を心がけたいですね。


著者:ライター ベビーカレンダー編集部/ママトピ取材班

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる