1. トップ
  2. 恋愛
  3. 医師「脳の検査もした方が…」“不妊外来”でまさかの疑いが!「想像つかない展開」「不妊に影響があったなんて驚き」

医師「脳の検査もした方が…」“不妊外来”でまさかの疑いが!「想像つかない展開」「不妊に影響があったなんて驚き」

  • 2023.11.6
  • 12268 views

結婚したら子どもを視野に入れる人もいるのではないでしょうか。 しかし中には、結婚して3年たってもなかなか授かれず悩んでしまう人も……。 今回は実際の体験談をもとに描かれた、はぐはぐ(@hughug_baby)さんの人気漫画『授かるのに3年かかりました』をご紹介します。 ※この記事は実話を元に作成されていますが、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

なかなか授からない……

はぐはぐさんは大学時代に夫と出会い、お互い働きながら遠距離恋愛を経て結婚。 しかし3年もの間、子どもを授からなくて……。 自分が“不妊の定義”に当てはまっていると気づき、不妊症外来を受診することに。 すると検査の結果、生理はあっても“無排卵月経”の可能性があり、『妊娠は難しい』と言われてしまい……。

さらに脳検査を提案され……

恋愛jp
恋愛jp

排卵していないという事実だけでもショックなのに、脳の検査も勧められ困惑するはぐはぐさん。 その後、不妊治療の高額な費用を前に夫婦で途方にくれますが、まずはできることから始めようと、ダイエットを開始するのでした。

この漫画に読者からは

『下垂体に腫瘍ということは聞いたことありますが、不妊に影響があったなんて驚きました。確かにホルモンと関係してますからね。』 『不妊の原因となる可能性を1つずつ潰していける事は一歩前進ではないかと思いました。』 『想像つかない展開だと感じました。まさかと思うことを考えると通院は大事なのだと改めて感じさせられました。』 など、驚きの声が多く集まりました。

夫婦で前を向くきっかけに

不妊外来での検査をキッカケに、はぐはぐさんはまず自分自身の体質改善に取り組み、タイミング法を試すなど自分たちにできることを続けていくことにしました。 不妊外来で予想もしなかった検査を勧められた……、あなただったら、こんなときどう対処しますか?

監修医:新見正則医院院長、新見正則

1985年慶應義塾大学医学部卒業。1998年移植免疫学にて英国オックスフォード大学医学博士取得(Doctor of Philosophy)。 2002年より帝京大学医学部博士課程指導教授(外科学、移植免疫学、東洋医学)。 2013年イグノーベル医学賞受賞(脳と免疫)。20代は外科医、30代は免疫学者、40代は漢方医として研鑽を積む。 現在は、世界初の抗がんエビデンスを獲得した生薬フアイアの啓蒙普及のために自由診療のクリニックでがん、難病・難症の治療を行っている。 新見正則医院では世界初の抗がんエビデンスを獲得した生薬「フアイア」を使用。 最新刊『フローチャート整形外科漢方薬』はAmazonで三冠(臨床外科、整形外科、東洋医学)。 下記も好評発売中。 「しあわせの見つけ方 予測不能な時代を生きる愛しき娘に贈る書簡32通」

(MOREDOOR編集部) (イラスト/@hughug_baby) ※本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。 ※作者名含む記事内の情報は、記事作成時点のものになります。

元記事で読む
の記事をもっとみる