1. トップ
  2. 恋愛
  3. 同級生の嫌がらせで絶望する中、話しかけてくれた人|新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話

同級生の嫌がらせで絶望する中、話しかけてくれた人|新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話

  • 2023.11.4
  • 4922 views

これは主人公みやこが、高校時代からの親友あさ子やその子どもたちに振り回された挙句、建てたばかりの家を傷つけられたことで、ママ友としての付き合い方を考え直すまでのお話です。高校生のころ、当時ボス系女子にいじめられていた親友さえ菜を支えていたみやこでしたが、今度は自分が標的にされてしまい…。あおば(@ao_ba0524)さんの描く『新築の家をママ友の子供達に傷つけられた話』第22話をごらんください。

いじめられていたさえ菜の代わりに、今度は自分がいじめの標的にされてしまったみやこ。周りの友人もみやこを助けるわけでもなく、さえ菜も謝るばかりで手を差し伸べることはしませんでした。

ボス系女子の言葉に絶望するみやこでしたが、そんな時現れたのが、今や双子のママでもあるあさ子です。みやこがあさ子のことを“恩人”という理由とは…?

本当の友だちは、お互いのことを思い合える存在

主人公・みやこは、高校時代からの親友・あさ子を新築の自宅に招きます。その結果、あさ子の子どもたちによって新築の床に穴を開けられてしまいました。ところが、あさ子は悪びれるどころか「子どもがいればいずれこうなる」と開き直るばかりです。

遊びたい盛りの子どもの行動は読み切れません。それでも、親が謝罪もせず逆上したら、許せませんよね。

みやこは、高校時代にいじめられていた自分を助けてくれたあさ子に恩を感じていました。そのため、以前からあさ子の言動に不信感を抱いていながらも、なかなか友人関係をやめることはできなかったのです。

今回のできごとで、みやこはあさ子に対して補修費を請求した上、言い逃れできないようにきぜんと対応しました。友達としての縁は切れてしまいましたが、子どもがしたことの責任を取れない相手とはお付き合いを控えるのが賢明かもしれません。

たとえ子どもがしたことでも、親は常識的な責任を取らなくてはいけませんね。親としての振る舞いについて考えさせられる作品です。

著者:sa-i

元記事で読む
の記事をもっとみる