1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「何に見える?」あなたは“引きの強い人か”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたは“引きの強い人か”がわかる心理テスト

  • 2024.4.23
  • 27351 views
undefined

あなたの周りには引きの強い人はいますか?そういう人は、やたらと運がよく、なぜだかいつもついているような印象があるはずです。引きが強い人には、共通する特徴が備わっています。もしかしたら、あなたもその素質を持っているかもしれません。では、あなたは“引きの強い人か”探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.消防士の帽子

2.椅子

3.オオサンショウウオ

4.折りたたみテーブル



1.消防士の帽子に見えた人は「あまり引きの強くない人」

図形が消防士の帽子に見えた人は、あまり引きの強くない人かもしれません。あなたはとり立てて、くじ運がよかったりするということはないのではないでしょうか。たまに当たりを引き当てることはあっても、それほど頻度は高くないかもしれません。むしろハズレを引くことの方が多いのではないでしょうか。

このタイプの人は、真面目で誠実な性格をしていそうです。自分よりも他人を大切にしており、遠慮してしまうことも多いのではないでしょうか。誰かとかち合ってしまったら、すぐさま道を譲る優しい人でしょう。おそらく、あなたの周りには、やたらと引きの強い人がいるのではないでしょうか。

それでも、あなたは引きの強い人を見て、うらやましいとかズルいと思う気持ちはないのではないでしょうか。一緒に喜んで、素直に「すごい」と言える人でしょう。あなたの中で、自分は引きが強くはないという自覚があるのかもしれません。そして、引きが強くない自分を、それでよいと認めることができているのではないでしょうか。

2.椅子に見えた人は「引きの強い人」

図形が椅子に見えた人は、引きの強い人かもしれません。あなたは、くじを引くと結構な頻度で当たりを引き当てる人ではないでしょうか。自分でも時々怖くなるくらいかもしれません。勝負事にも強いですし、なんとなくあなた自身も自分は運が強いと感じているのではないでしょうか。

このタイプの人は、勝ち気で前向きな性格をしていそうです。考え方がポジティブですので、当たった経験をとても強く自分の中に残しているのでしょう。そのため、自分は当たりを引きやすいという自信があるのかもしれません。また、引き際もよく、あまりついていないと感じれば、すぐに勝負をやめる潔さもあるのではないでしょうか。

だからこそ、運に見放されているということをあまり感じたことはないかもしれません。運というのは、やはり当たると思っている人のところに引き寄せられるものです。また、あなたは自分が引き寄せた運を、躊躇なく周りに分け与えてしまいます。そこが、より引きを強くしているのかもしれません。

3.オオサンショウウオに見えた人は「やや引きの強い人」

図形がオオサンショウウオに見えた人は、やや引きの強い人かもしれません。あなたは、とても強運というほどではないですが、結構くじ運や勝負運などがよい方だと感じているのではないでしょうか。それなりに当たりもハズレも引くため、人並みより少しよいくらいに考えていそうです。

このタイプの人は、自然体で、あまり気負ったところがない人でしょう。おそらくくじを引いたりギャンブルをしたりするときに「なんとしても当てる!」というような意気込みがないのではないでしょうか。ハズレても、それほど悲しさを感じることもなく「今日はついていない」と終わりにすることができそうです。

そのラフさが引きを強くしているのかもしれません。ただ、おそらく当たりを引くのと同じか、それ以上にハズレることもあるため、あまり期待していないという側面もあるのではないでしょうか。あまり運がないときに、深追いをしないことで、なんとなく当たっている回数の方が多いように感じられている可能性もありそうです。

4.折りたたみテーブルに見えた人は「引きの強くない人」

図形が折りたたみテーブルに見えた人は、引きの強くない人かもしれません。あなたは、とにかくくじ運も勝負運も、いまいちだと感じているのではないでしょうか。くじを引けば、ハズレばかりを引いてしまい、勝負しようとすると酷い目に遭う、そんな印象を自分に持ってしまっていそうです。

このタイプの人は、ネガティブになりやすく、また気が小さいところがありそうです。そのため、運がないと感じる状況がとても心を痛めつけてしまうのではないでしょうか。なんとか運が上がるまで躍起になって、くじを引いたり勝負を続けたりしてしまうところがあるかもしれません。そのせいで、自分は運がないという印象をより強めていそうです。

あなたもおそらく引きが強く、当たりを引く日があるはずです。ただ、そういうときも、欲張ってしまい、結局ハズレを引いて終わるようなことが多いでしょう。あなたの引きを強くするためには、引き際を身につけることが大切そうです。うまくいかない日は、スパッと諦めることで、少しずつ引きが強くなっていくのではないでしょうか。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします。