1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「何に見える?」あなたの“事なかれ主義度”がわかる心理テスト

「何に見える?」あなたの“事なかれ主義度”がわかる心理テスト

  • 2024.4.15
  • 17709 views
undefined

他人と揉めるのが嫌だったり、トラブルになるのが嫌で、とにかく円満に波風立たせないよう動く人のことを事なかれ主義と言います。事なかれ主義は、行きすぎてしまうと、問題が目の前にあっても見て見ぬふりをしてしまい、余計に大変な事態を招くことがあります。あなたの“事なかれ主義度”を探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.数字の「9」

2.カタツムリ

3.メジャー

4.風船



1.数字の「9」に見えた人は「事なかれ主義度80%」

図形が数字の「9」に見えた人は、事なかれ主義度が80%と高めかもしれません。あなたは結構事なかれ主義なところを持った人ではないでしょうか。争いやトラブルが苦手で、とにかく気づかないふりをして、やりすごそうとしてしまいがちかもしれません。もし気づいても見なかったことにしがちなのではないでしょうか。

このタイプの人は、気が小さく争いごとやトラブル時に、自分が対応しきれないと心の奥底で思っているところがありそうです。ただ、プライドもあるため、それを口にすることができないかもしれません。だからこそ、そういったことは自分の見える世界にはないと思い込もうとしてしまいがちなのではないでしょうか。

事なかれ主義ゆえに、責任ある立場に立つと苦労してしまいがちかもしれません。周りからせっつかれてしまい、事なかれではいられなくなるのではないでしょうか。向き合いたくないことと向き合わざるを得なくなるのは、相当なストレスとなってしまうでしょう。また事態がより悪くなるまで見て見ぬふりを通しがちかもしれず、より自分を追い詰めてしまいがちでしょう。

2.カタツムリに見えた人は「事なかれ主義度40%」

図形がカタツムリに見えた人は、事なかれ主義度が40%とやや低めかもしれません。あなたはそれほど事なかれ主義なところは持っていない人ではないでしょうか。むしろ争いやトラブルが起こったのであれば、できる限り早めに対処してしまおうとするところがありそうです。

このタイプの人は、真面目で実直な性格をしていそうです。少々思い悩みやすいところがありますが、それはきちんと目の前の問題に向き合おうとするからこそではないでしょうか。トラブルがあるにも関わらず、見て見ぬふりをしたり、先送りにしたりすることは、自分自身が許せないのでしょう。

ただ、あまり周りに対して強くは言えない人かもしれません。そのため、上司など上の立場の人が、事なかれ主義の場合には、心の中で強い葛藤を抱えることになるのではないでしょうか。きちんと向き合ってなんとか対応すべきと思うのに、気づかないふりをする人に、それが言えずストレスを溜め込んでしまいそうです。

3.メジャーに見えた人は「事なかれ主義度20%」

図形がメジャーに見えた人は、事なかれ主義度が20%と低めかもしれません。あなたは事なかれ主義なところは、ほとんと持っていない人ではないでしょうか。争いやトラブルが起こっているのであれば、率先してなんとかしようと奮闘することを選ぶはずです。見て見ぬふりなどできないでしょう。

このタイプの人は、正義感が強く真っ直ぐな性格をしていそうです。間違ったことが嫌いですので、何かしらの問題があれば、すぐにでも対処しなければならないと考えるのではないでしょうか。たとえあなたよりも上の立場の人が、事なかれ主義で見て見ぬふりをしようとしても「それではいけない」と進言するくらいの度胸はありそうです。

あなたはきっと、見て見ぬふりをしても、いずれもっと大きな問題となってしまうことをよく理解しているのでしょう。だからこそ、気づいたらすぐに対処しようとするのではないでしょうか。ただ、その分だけ周りとぶつかることもあるでしょうし、非難されることもありそうです。けれども結果的に、あなたが正しかったことが周りにも理解してもらえることが多いでしょう。

4.風船に見えた人は「事なかれ主義度60%」

図形が風船に見えた人は、事なかれ主義度が60%とやや高めかもしれません。あなたはそれなりに事なかれ主義なところを持っている人ではないでしょうか。争いやトラブルが起こっていても、自分が我慢すればよいと思えば、そのまま我慢し続けてしまうところがありそうです。

このタイプの人は、我慢強く堪える力の強い人でしょう。だからこそ、積極的に何かを改善しようとするよりは、とにかく我慢して状況が変化するのを待とうとするのではないでしょうか。結果的に状況が変わることもあれば、変わらず益々追い詰められてしまうこともあるのかもしれません。

ただ、あなたの場合、心の中ではなんとかしなければいけないという想いはあるようです。周りから声をかけられたりすることで、トラブルと向き合う方向に気持ちが向くこともあるでしょう。味方になってくれる人がいたり、なんとかしてくれる人がいるのであれば、ぜひ乗っかっていきたいという気持ちはあるようです。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします。