1. トップ
  2. 心理・占い
  3. 「何に見える?」あなたは立ち直りの早い人?遅い人?【心理テスト】

「何に見える?」あなたは立ち直りの早い人?遅い人?【心理テスト】

  • 2024.2.27
  • 23763 views
undefined

どんなに気をつけていても、ふとしたことで気落ちしてしまうような出来事と遭遇することはあるものです。でもその出来事があってから、どのくらいで立ち直ることができるのかは、人それぞれ差が大きい部分ではないでしょうか。どちらがよいというわけではないですが、自分がどうなのかを知っておくことで気持ちの辛さを軽減できるかもしれません。あなたは立ち直りの早い人でしょうか?遅い人でしょうか?探ってみましょう。

図形が何に見えますか?直感でお答えください。



1.白鳥

2.数字の「2」

3.サックス

4.へび



1.白鳥に見えた人は「立ち直りの早い人」

図形が白鳥に見えた人は、立ち直りの早い人かもしれません。もしかすると、あなたは周りから「もう立ち直っているの?!」と驚かれることが多いのではないでしょうか。落ち込むことがあっても、翌日にはスッキリした顔をして、もう気分が元に戻っているようなタフさを持っていそうです。

このタイプの人は、物事を深く考えておらず、基本的にとても前向きな性格をしているようです。「済んだことは仕方がない」「なんとかなる」など、ざっくりとした考えを持ちやすく、気持ちの落ち込みもそれほど長引かないのではないでしょうか。単純なところもあり、美味しいものを食べたり、よく寝たりすれば気持ちがスッキリしやすいのかもしれません。

立ち直りが早いため、周りは肩透かしを食らうことが多そうです。あなたにとってはそれほど大したことではなかったのかと思われてしまうかもしれませんが、おそらくあなたはあなたなりに落ち込んではいたのでしょう。ただ、そこからの切り替えが平均に比べて相当に早いというだけなのではないでしょうか。

2.数字の「2」に見えた人は「やや立ち直りの早い人」

図形が数字の「2」に見えた人は、やや立ち直りの早い人かもしれません。あなたは、多少落ち込みが続いても、それなりのところで自分でけりをつけて立ち直ってくる人ではないでしょうか。ずっとグズグズ落ち込みを引きずってしまうようなことはなく、自然と立ち直ることができる人のようです。

このタイプの人は、系統立てて考えるのが得意で、感情よりも思考が優先されやすいところがありそうです。落ち込むことがあっても、どうしてそうなったのかという原因を考え、どうすればよいか対策を立てるなど考えてクリアしようとするのではないでしょうか。考えることで、気持ちの整理を進めているようです。

だからこそ、長く気持ちを引きずらずに、ある程度のところで立ち直ることができるのかもしれません。答えが出ないこともあるかもしれませんが、そういう時は「面倒くさい」と感じ、考えることをやめるということもできるようです。だからこそ、それほど気持ちを引きずってしまうことがないのでしょう。

3.サックスに見えた人は「やや立ち直りの遅い人」

図形がサックスに見えた人は、やや立ち直りの遅い人かもしれません。あなたは、気持ちが落ち込んだ時に、立ち直るまでに少し時間を要してしまいやすいところがあるのではないでしょうか。もう少し早く立ち直りたいと思うことがあるのかもしれません。ただ時間はかかりますが、立ち直れないということはないようです。

このタイプの人は、粘り強く諦めの悪いところがありそうです。頑張り屋ですし、少しでも可能性があるならとズルズル粘ってしまいがちかもしれません。そのせいもあって、本当に打ちのめされてしまってからの立ち直りには時間を要してしまいがちなのではないでしょうか。なかなか気持ちの整理がつかず、いつまでも「なぜこうなったのか」を考えることに終始していそうです。

あなたが立ち直るのは、他に打ち込むものが見つかった時なのかもしれません。それまでは、程度は軽くなるものの気持ちの落ち込みは続いてしまっているようです。あなたはおそらく、何かに打ち込んでいないと安定できない人なのではないでしょうか。他に打ち込むものを見つけることが、立ち直りを早めるコツかもしれません。

4.へびに見えた人は「立ち直りの遅い人」

図形がへびに見えた人は、立ち直りの遅い人かもしれません。あなたは、気持ちが落ち込んだ時に、なかなか立ち直ることができず、余計に気持ちが滅入ってしまうことが多いのではないでしょうか。周りからも「まだ落ち込んでるの!?」と言われてしまい、さらに追い打ちをかけられるように落ち込んでいそうです。

このタイプの人は、繊細で思慮深いところがありそうです。ほんの些細なことで落ち込んでしまうこともあるのではないでしょうか。周りに言うと「そんなことで落ち込んでるの?」と言われてしまうため、なかなか他人に話すこともできず、自分の心の中に秘めていることも多そうです。

立ち直ったと思っていても、ふとした拍子に落ち込みが再燃してしまうこともあるでしょう。落ち込むと傷つきたくないからと、ひとりになりたがる傾向がありますが、逆に人中に出ていった方がよいかもしれません。落ち込んでいることを口にしなくても、一緒にスポーツしたり雑談したりすることで気持ちが紛れるのではないでしょうか。



ライター:aiirococco
公認心理師、臨床心理士として総合病院にて働いております。知っているようで知らない自分のこと。自分の心理をのぞいてみませんか?自分を知るワクワクドキドキ感をお伝えします!