1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【世界で最も魅力的な国ランキング】日本が1位!魅力的な大都市でも東京が2位

【世界で最も魅力的な国ランキング】日本が1位!魅力的な大都市でも東京が2位

  • 2023.10.31
  • 25256 views

旅行業界において世界的にも歴史が長く権威ある米国の大手旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』が発表した読者投票ランキング「リーダーズ・チョイス・アワード2023」で、日本が「世界で最も魅力的な国」の第1位に選ばれました。そのほか、大都市部門で東京が第2位、トレイン部門で「ななつ星 in 九州」が第1位など、複数の部門で日本がランクインしています。

 

 

権威ある旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』の読者が評価したランキング

©️dennizn / Shutterstock.com

旅行業界において世界的にも歴史が長く権威ある『コンデナスト・トラベラー(Condé Nast Traveler)』は、高品質の旅行、ホテル、レストラン、買い物などに関する最新情報を掲載し、読者数は約320万人にのぼります。同誌は『トラベル・アンド・レジャー(Travel + Leisure)』及び『ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)』と並んで人気の旅行雑誌に位置づけられています。

「リーダーズ・チョイス・アワード(The Readers' Choice Awards)」は、同誌が1988年から実施しているランキング。約52万人の読者が全世界の旅行先を総合的に評価し、次の旅先候補として高い人気を誇るデスティネーションを格付けしています。

国や都市のほかに、ホテルやリゾート、島、クルーズ、航空会社、列車など11のカテゴリのランキングがあります。

「世界で最も魅力的な国」トップ10

1位:日本

2位:イタリア

3位:ギリシャ

4位:アイルランド

5位:ニュージーランド

6位:スペイン

7位:ポルトガル

8位:イスラエル

9位:ノルウェー

10位:スイス

「世界で最も魅力的な国」ランキングで、日本は、昨年の2位から1ランクアップして1位に輝きました。日本政府観光局(JNTO)によると、2023年の米国からの訪日旅行者数は、1月から8月までで過去最高の130.9万人と非常に好調に推移しているそうです。

JNTOの蒲生篤実理事長は、「現在の米国旅行業界においては、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)感染拡大前の水準並みに旺盛な海外旅行需要が戻りつつあり、本誌の読者投票の結果からも、訪日旅行に対する非常に高い期待を感じます」とコメントしています。

「世界で最も魅力的な大都市(人口50万人以上)」トップ10

1位:シンガポール

2位:東京(日本)

3位:ソウル(韓国)

4位:ケープタウン(南アフリカ)

5位:シドニー(オーストラリア)

6位:コペンハーゲン(デンマーク)

7位:オスロ(ノルウェー)

8位:バンクーバー(カナダ)

9位:メルボルン(オーストラリア)

10位: エディンバラ(イギリス)

「世界で最も魅力的な大都市(人口50万人以上)」ランキングでは、東京が昨年の3位から1ランクアップの2位になりました。

超近代的な高層ビル街や静かな寺院、唯一無二のストリートスタイルなどが共存していることが刺激的で、人々を魅了する理由のようです。

また、ミシュランガイドの星の数が世界最多の都市であり、世界最高のグルメスポットのひとつであることから、辛くてシビれる旨さの“カラシビ味噌らー麺”で人気の「鬼金棒」や、世界ランキング常連のバー「ベンフィディック」が紹介されています。

「世界で最も魅力的な鉄道旅行」トップ10

1位:ななつ星 in 九州(日本)

2位:パレス・オン・ホイールズ(インド)

3位:ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス(ヨーロッパ)

4位:ベルモンド・ブリティッシュ・プルマン(イギリス)

5位:ベルモンド アンデアン・エクスプローラー(南米)

6位:ロボスレイル(アフリカ)

7位:ロッキーマウンテニア(北米)

8位:ダニューブ・エクスプレス(ヨーロッパ)

9位:ゴールデン・チャリオット(インド)

10位:ハイラム・ビンガム(南米)

「世界で最も魅力的な鉄道旅行」ランキングでは、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」が名だたる顔ぶれを制して3年連続の1位に選ばれました。

ななつ星は、2013年に誕生した日本初のクルーズトレイン。わずか7両に限定20名のみが乗車できる豪華列車です。ベッドから洗面台のシンク、組木細工、磁器製のディナープレートに至るまで、匠の技による手づくりで、サービスも別格と評価されています。

また、車内での体験のみならず、地域での神社・温泉・陶芸工房に立ち寄りながら、日本のメジャーな観光地から離れて、本物の日本を知ることができると紹介されています。

「世界のベスト空港」トップ10

©︎kuremo / Shutterstock.com

1位:シンガポール・チャンギ空港(シンガポール)

2位:イスタンブール空港(トルコ)

3位:仁川国際空港(韓国)

4位:ハマド国際空港(カタール)

5位:チューリッヒ空港(スイス)

6位:香港国際空港(香港)

7位:羽田空港(日本)

8位:ドバイ国際空港(ドバイ)

9位:ヘルシンキ空港(フィンランド)

10位:インディラ・ガンディー空港(インド)

「世界のベスト空港」ランキングでは羽田空港が7位に入りました。成田空港と比べて都心からの距離が近くてアクセスが便利なことに加え、ターミナルの快適さや清潔さ、幅広いショッピングスポットや飲食店などが評価されているようです。

「世界のベスト国際線」トップ10

©︎Suparat Chairatprasert / Shutterstock.com

1位:シンガポール航空(シンガポール)

2位:カタール航空(カタール)

3位:ターキッシュ エアラインズ(トルコ)

4位:エミレーツ航空(ドバイ)

5位:ヴァージン アトランティック航空(英国)

6位:キャセイパシフィック航空(香港)

7位:ニュージーランド航空(ニュージーランド)

8位:エバー航空(台湾)

9位:日本航空(日本)

10位:エティハド航空(アブダビ)

「世界のベスト国際線」ランキングでは、日本航空(JAL)が9位に入りました。

フラッグキャリアとしての長い歴史、最新鋭ボーイング787ドリームライナーとエアバスA350を大量注文し、保有機材をアップグレードしたこと、そして、ファーストクラスやビジネスクラスに加え、プレミアムエコノミーも提供もしており、高い評価を得ています。子ども向けの機内食メニューやベビーフードもポイントが高いようです。

[参考]

Condé Nast Traveler Readers' Choice Awards 2023

米旅行雑誌の「世界で最も魅力的な国ランキング」で日本が第1位に選出!|報道発表|JNTO(日本政府観光局)

コンデナスト・トラベラー読者投票ランキングでななつ星が3年連続世界1位|プレスリリース | 九州観光機構ホームページ

元記事で読む
の記事をもっとみる