1. トップ
  2. ファッション
  3. 服のコーディネートに迷ったら、「瞳の色」を参考に?

服のコーディネートに迷ったら、「瞳の色」を参考に?

  • 2023.10.30
  • 1356 views

セント・アンドリューズ大学の研究者らは、瞳の色が重要であることを発見した。とりわけ服を選ぶ際にはさらに重要だという。

セント・アンドリューズ大学の研究者らが、瞳の色が服の色選びに与える影響を証明した。photography: OKrasyuk / Getty Images/iStockphoto

「きれいな目をしているね」。映画『霧の波止場』(1938年)でジャン・ギャバンがミシェル・モルガンに言ったこの有名な台詞は、今日では「おしゃれだね」に言い換えられるだろう。2023年において、瞳の色は「おしゃれ」と見なされる上で非常に重要な役割を果たしている。これはセント・アンドリューズ大学の研究者による研究結果である。研究の一環として、専門家たちは200人近くの人々に質問を行い、どの色が肌、髪、瞳の色に最も合うかを調べた。結果は明確で、学術雑誌「Psychology of Aesthetics, Creativity, and the Arts」に掲載されたこの研究は、完璧な服を選ぶ際に考慮すべき主要な要素が瞳の色であることを証明した。これは、何十年もの間、肌の色が最も重要な要素であると強調してきたスタイリストやイメージコンサルタントにとって水を差すものとなるだろう。しかし、デビッド・ペレット教授は、瞳の色はファッション選びに「さほど重要ではない」とも述べている。

瞳の色に合わせてどの色を選ぶべきか?

この情報を受けて、早速ワードローブを変えてみよう。研究によれば、グレーや青い目の人はクールな色合いの服を選ぶことをおすすめされている。一方、目の色がより濃い人は、温かくて心地よい色合いの服を選ぶと良い。具体的には、青い目の人はベージュのトレンチコート、白いTシャツ、グレーのカシミアニットが似合う。一方、濃い目の人は、赤いワンピース、ベロアのパンツ、オレンジや赤いウールのニットで自分の魅力を引き出すことができる。あとはもちろん好みの問題だ。

元記事で読む
の記事をもっとみる