1. トップ
  2. マンガ家の女性が腱鞘炎に→いつもと違う場所が痛んだ"現代ならでは"のワケ

マンガ家の女性が腱鞘炎に→いつもと違う場所が痛んだ"現代ならでは"のワケ

  • 2023.12.4
  • 5638 views

創作漫画やエッセイ漫画をX(旧Twitter)で発信している、麻田エリイ(@mieris1)さん。

ペンを持って書き物をしていると、手に痛みを感じます。書きすぎによる腱鞘炎かと思いきや…?

Image
麻田エリイ(@mieris1

エリイさんが書き物をしていると、手に痛みが。書きすぎによる腱鞘炎を疑いますが、いつもの腱鞘炎とは痛む場所が違います。「仕方ない休憩~~~」と、スマートフォンを手に取ったところで、痛みの原因が判明します。ペンの持ちすぎではなく、スマートフォンの使いすぎによる腱鞘炎なのでした。

スワイプやフリック、ピンチインやアウトなど、さまざまな操作を長時間していると、親指の付け根あたりが痛くなってきますよね。今やスマートフォンはライフラインの1つであり、何をするにも必要不可欠な存在。自ずと操作時間が増え、「スマホ腱鞘炎」になってしまう方は想像以上に多いのではないでしょうか?

文書やイラストなど、これまでペンで書いていたものは、今ではすっかりデジタルに変わりつつあります。パソコンだけではなく、パッドやスマートフォンの普及により、生活にもデジタルが入り込み、何をするにもスマートフォンを使うようになりましたよね。時代の変化により、腱鞘炎になる場所も変わってきたのが興味深いですね!

X(旧Twitter):麻田エリイ(@mieris1

の記事をもっとみる