1. トップ
  2. レシピ
  3. 日本初上陸!トッピング、氷、甘さまでカスタマイズできる本格的台湾ティー専門店「ゴンチャ」

日本初上陸!トッピング、氷、甘さまでカスタマイズできる本格的台湾ティー専門店「ゴンチャ」

  • 2016.1.12
  • 2752 views

台湾発、アジアで大人気の「Gong cha(ゴンチャ)」が満を持して、日本・原宿にオープン。上質なお茶が気軽に楽しめ、トッピングや氷、甘さなどを自分好みにカスタマイズできる台湾ティー専門店です。

世界各国で約1100店舗を展開

東京メトロ明治神宮前駅から徒歩3分、神宮前交差点を少し入ったところに台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」はあります。

2006年に台湾で生まれ、アジア、オセアニア、北米エリアなど世界各国で約1100店舗を展開するアジアンティー専門店。日本では2015年、原宿に初めてオープンしました。

上質なおいしいお茶が手頃な価格で楽しめる

世界の人々に人気の秘訣は、本格的な味が、手軽な価格とカジュアルな雰囲気で楽しめること。

台湾のお茶どころ・阿里山をはじめとした上質な4種類の台湾ティーをベースに、茶葉ごとに最適な発酵・抽出プロセスを徹底している同店。抽出後4時間を経過したティーは廃棄するなど、鮮度管理にもこだわっています。

トッピング、氷、甘さがカスタマイズできる20種のドリンク

ドリンクメニューは台湾では定番の「ミルクティー」(350円〜)をはじめ、ミルククリームフォームを乗せた「ゴンチャスペシャル」(370円〜)、フルーツ果肉ピューレを加えた「グリーンティーエード」(400円〜)など約20種類。

加えて台湾直伝のオリジナルレシピを用いた、もちもちとした食感と黒糖風味のやわらかな甘みが楽しめる「パール(タピオカ)」、ダイエット効果のある「バジルシード」、さっぱりとした「アロエ」(各70円)などをトッピングできます。

サイズはSMLの3種類あり、ドリンクの甘さは4段階、氷の量は3段階で調節が可能。一人ひとりの好みや気分に合わせた”My Gong cha”が楽しめるのも魅力です。

味の変化が3度楽しめる「ゴンチャ スペシャル」

看板メニューでもある「ゴンチャ スペシャル」シリーズの中でも特に人気なのが、さっぱりとしたジャスミン茶にミルクフォームの乗った「ミルクフォーム グリーンティー」(写真)。生クリームや牛乳などが入ったミルクフォームは、コクがありまろやか。

飲み方は、最初にカップに口をつけてミルクフォームだけを味わい、次にストローをさし、ティーだけを味わいます。最後にミルクフォームとティーを混ぜ合わせることで、味の変化が3度楽しめます。

グリーンティーだけでなく、ウーロン茶や紅茶もあるので、ぜひお好きなティーで試してみてくださいね。

もちろんホットドリンクにもトッピング追加は可能で、おすすめはパールを入れる飲み方。もちもちのパールと、温かいホットドリンクは相性抜群です。

リピーターのなかには、ミルクティーにミルクフォームをトッピングしたり、パールを2倍入れるダブルパールといった楽しみ方をする人もいるのだとか。

日本オリジナルの台湾フードも

今後は、季節に合わせた期間限定メニューや、日本オリジナルの台湾フードも展開予定とのこと。

店内はもちろん、晴れた日はテラス席でお茶を飲むこともできるので、お買い物帰りに、「ゴンチャ」でほっとひと息ついてみてはいかがでしょうか。