1. トップ
  2. おでかけ
  3. 近作と新作から見る「即興性」

近作と新作から見る「即興性」

  • 2023.10.10
  • 618 views

Homma Takashi

近作と新作から見る「即興性」

Homma Takashi
Top Photo:ホンマタカシ《New York》、〈THE NARCISSISTIC CITY〉より 2013年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

写真家 ホンマタカシの個展「即興 ホンマタカシ」が、東京都写真美術館にて2024年1月21日(日)まで開催中。

ホンマタカシ《広島平和記念資料館》、〈THE NARCISSISTIC CITY〉より 2013年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

1962年東京都生まれのホンマタカシは、新たな写真表現を牽引する存在として国内外から注目を集める写真家。
1999年に第24回木村伊兵衛写真賞を受賞した写真集「東京郊外」は叙情性を排した視点が高い評価を受け、以降も雑誌や広告を含む幅広いジャンルで活躍し続けてきた。

2011年から2012年にかけて3ヶ所の美術館を巡回した大規模個展「ニュー・ドキュメンタリー」以来、国内の美術館で約10年ぶりの個展となる本展では、この10年余りに制作された作品を中心に、写真や映像表現にラディカルな問いを投げかける彼の今に迫る。

ホンマタカシ《New York》、〈THE NARCISSISTIC CITY〉より 2013年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

中核を成すのは、カメラ・オブスクラの原理に着目し、建築物の一室をピンホールカメラに仕立てて世界の各都市を撮影したシリーズ「THE NARCISSISTIC CITY」。
ホンマが「都市によって都市を撮影する」と述べる本作おいて、外に向かって開かれた小さな穴から差し込む光は、真っ暗な部屋の中に倒立した都市の風景を即興的に描き出す。

現在の彼の関心は作品や展覧会自体に偶然性を取り入れることにあり、作品の中にも文字として現れる展覧会の英題「Revolution 9」は、イギリスのロックバンド The Beatlesがさまざまな音源を元にコラージュのように制作した、同名曲へのオマージュとして捧げられている。

ホンマタカシ《Revolution》、〈THE NARCISSISTIC CITY〉より 2013年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU
ホンマタカシ《No.9》、〈THE NARCISSISTIC CITY〉より 2015年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU
ホンマタカシ《abstract 1》2014年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

その他、葛飾北斎の「富嶽三十六景」に着想を得て「THE NARCISSISTIC CITY」と同じ手法で富士山を写したシリーズ「Thirty-Six Views of Mount Fuji」など約50点が展示され、1階ホールでは初公開の新作を含む映像作品も上映される。

ホンマタカシ《mount FUJI 9/36》、〈Thirty-Six Views of Mount Fuji〉より 2016年©Takashi Homma Courtesy of TARO NASU

カメラの原型を出発点とした、都市による都市の肖像。
偶然性とたわむれる作家の現在と、進み続ける表現の行方を見つめて。



TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM
03-3280-0099



【Revolution 9: Homma Takashi】
DATE:2024年1月21日(日)まで開催中
※月曜、12月29日(金)〜2024年1月1日(月)休館
※月曜が祝日の場合は翌平日休館
TIME:10:00am~6:00pm
※木曜、金曜は8:00pmまで
※入館は閉館の30分前まで
PLACE:東京都写真美術館 2階展示室
ADDRESS:東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
ADMISSION:一般 ¥700、大学・専門学校生 ¥560、中高生・65 歳以上 ¥350
※小学生以下無料
※2024年1月2日(火)、3日(水)、21日(日)は無料
WEBSITE:topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4540.html
※オンラインで日時指定チケットの購入も可能です。

元記事で読む
の記事をもっとみる