1. トップ
  2. ファッション
  3. 【竹内朱莉さん】チェック柄、ドット柄、柄小物…秋に気になる「柄」アイテムコーデ9選!

【竹内朱莉さん】チェック柄、ドット柄、柄小物…秋に気になる「柄」アイテムコーデ9選!

  • 2023.9.25
  • 249 views

いつものベーシックに差をつけ、コーデのマンネリを解消してくれる柄アイテム。まだまだ暑い今の時季から、秋までシーズンを越えて活躍する柄アイテムを編集部がピックアップ。モデルは、先日アンジュルムでの約15年のアイドル人生に終止符を打ち、今後はタレント業と書道家という二足のわらじで活動することを発表した竹内朱莉さんです。

柄パンツ

無地トップスに合わせるだけでモード感漂う雰囲気に

パンツ¥27,280(マーフォーク/アイティベル)カットソー¥9,790(カデュネ/カデュネ プレスルーム)スウェットトップス¥8,250(スクリーン スターズ×ジーンズ ファクトリー/ジーンズ ファクトリー 卸団地本店)ピアス¥41,800(モニス/フォーティーン ショールーム)人差し指リング¥286,000(マフ/UTS PR)バッグ¥26,400(ザ ケンブリッジ サッチェル カンパニー/エスピービー)サンダル¥10,990(ザラ)

コーデが難しそう…と柄アイテムを敬遠しがちな人にこそ挑戦して欲しいのが、着こなしの主役になる柄パンツ。パンツに存在感があるぶん、トップスは白Tなどシンプルなもので十分。ワンツーコーデでも、モード感漂うこなれた雰囲気になれちゃいます。ビタミンカラーのパンツに合わせて、肩掛けスウェットとバッグはイエローに。身長が高めの方は大ぶりの柄を、小柄な方は小ぶりの柄を選ぶとバランスが取りやすくなるのでオススメです。

柄ブラウス

キュート柄は“目立たない”ほうが合わせやすい

ボウタイブラウス¥37,400(ソブ/フィルム)パンツ¥8,900(アテニア)ピアス¥30,800(プリュイ/プリュイ トウキョウ)人差し指リング¥9,900(イン ムード/フォーティーン ショールーム)中指リング¥27,500(フォークバイエヌ/UT SPR)バッグ¥42,900(オソイ)ブーツ¥21,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

一見、レディな雰囲気の黒ブラウスだけど、よく見るとたくさんのハートがちりばめられた“柄モノ”。そのさりげなさに大人の遊び心を感じます。オシャレして行きたい食事会からお仕事まで、幅広いシーンで活躍しそう。全身をブラックでまとめたら、大人びた甘さが魅力のスタイルに。境界線を明確にするかのような白ブーツが、コーデに抜け感を与えてくれます。

柄スカート

即おでかけ仕様になれる着映えスカートに注目

スカート¥42,900シャツ¥38,500(ともにダブルスタンダードクロージング/フィルム)ピアス¥44,000(リューク)バッグ¥385,000(ロウナー ロンドン/エイチ アイ ティー)サンダル¥14,850(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

3年ぶりに何の制限もなくおでかけを楽しめる秋とあって、着るだけで華やかさを纏える主役級スカートは、この秋の大注目アイテム。いち早くゲットして、夏〜秋の端境期に活躍させて。夏はベージュや白のTシャツに合わせてカジュアルに、秋は同じ柄のブラウスや茶系のジャケットに合わせてドラマティックにと、季節のムードに合わせて楽しみたい。

チェック柄ボトムス

ほっこりしがちなタータンチェックは渋色でシックに

パンツ¥20,900(デミルクス ビームス/ビームス公式オンラインショップ)カットソー¥8,250(アメリカーナ×ジーンズ ファクトリー/ジーンズ ファクトリー 卸団地本店)イヤカフ¥12,100〈オンブル ビジュー〉ブレスレット¥7,700〈イン ムード〉(ともにフォーティーン ショールーム)メガネ¥38,500(プロポ/プロポデザイン)バッグ¥16,800(トゥエンティー エイティー/UTS PR)サンダル¥7,990(ザラ/ザラ カスタマーサービス)

色味や模様の大きさによって、トラッド・知的・可愛いと様々なイメージに振ることのできるチェック柄。今回は濃紺のチェック柄を選び、オールブラック気分でちょっぴりモード&シックにコーディネート。肌寒くなってきたらジャケットを羽織ってもカッコいい!夏の厚底サンダルを秋はローファーに履き替えて。バッグも黒を選べばコーデ全体が一層引き締まります。

柄バッグ

残暑の陽射しにも負けない存在感

バッグ¥25,300(マニプリ)アンサンブルシャツ¥21,780(リズレイ/キュアリス)パンツ¥36,300〈リツ〉ピアス¥22,000〈オンブル ビジュー〉(ともにフォーティーン ショールーム)

残暑もアクティブに過ごすなら、エネルギーを与えてくれそうな柄バッグをコーデに追加してみるのはいかがでしょう。レザーとの組み合わせでどこか上品なニュアンスも。インパクトのあるA4サイズバッグには、ブラウンやオレンジなどバッグの色味を拾ったコーデで、統一感を。レオパード柄はベージュのトレンチとも相性がいいので、秋にも大活躍しそう。

大人柄セットアップ

着映えも着回しもワンセットあれば十分!

ジレ、パンツ各¥19,500(ともにサンシア/CPRトウキョウ)タンクトップ¥8,580(スローン)ピアス¥27,500〈シャルロット ウーニング〉リング¥57,200〈シー〉(ともにフラッパーズ)ネックレス¥17,600(イン ムード/フォーティーン ショールーム)バッグ¥35,200(メゾン ジー/エイチスリーオーファッションビュロー)サンダル[ROSE BUD限定]¥16,500(SOREL/ROSE BUD ルミネエスト新宿店)

しっかりオシャレ見えして、それでいて悪目立ちはしない縞模様のセットアップは、誰の目にも好印象。もちろんジレ、パンツそれぞれ単品での着回し力も優秀です。レイヤードや合わせるアイテムによって、季節をまたいで活躍するセットアップ。まだ暑い時季にはジレにノースリーブシャツを重ねて涼しげに。フレッシュグリーンのバッグを差し色にしたら、チアフルな夏のコーデが完成。

ドット柄アイテム

日常服に合わせやすい黒×白のドット柄

パンツ¥19,800(ヌキテパ/パサンド バイ ヌキテパ)シャツ¥12,100(アプワイザー・リッシェ/アプワイザー・リッシェ プレスルーム)タンクトップ¥7,700(ハイク/ボウルズ)ピアス¥35,200ネックレス¥46,200(リューク)バッグ¥17,600(ADD CULUMN/ROSE BUD ルミネエスト新宿店)サンダル¥23,100(ドクターマーチン/ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)

今夏のカラーレスな気分にもぴったりハマる黒×白のドット柄。挑戦的なアイテムながら、Gジャンやトレンチコートなど秋のアウターとも相性がよく、コーデがしやすいので、柄パンツ初心者にもオススメです。透け感のある白シャツをさっと羽織るだけで、大人可愛い休日スタイルが完成。

柄短丈トップス

トレンドの短丈シャツはハンサムに楽しむのが正解

シャツ、パンツ各¥9,900〈ともにユニバーサル オーバーオール×ジーンズ ファクトリー〉キャップ¥7,150〈アメリカーナ×ジーンズ ファクトリー〉(すべてジーンズ ファクトリー 卸団地本店)ピアス¥17,600(フォークバイエヌ/UTS PR)リング¥9,900(イン ムード/フォーティーン ショールーム)バッグ¥34,763(センシ スタジオ)スニーカー¥15,950(アスファルト/アースマーケティング)

Tシャツ一枚では少し肌寒くなってくる頃におすすめなのが、この秋も引き続きトレンドの短丈シャツ。コンパクトな襟や胸ポケットなど、メンズっぽいディテールのシャツにキャップや太めのデニムを合わせて、とことんハンサムなバランス感を楽しむのが今っぽい。短丈シャツは腰位置を高く見せてくれるので、自然と脚長効果も。ハイウエストのボトムスを合わせたら、お腹見えの心配もナシ。ボタンは全て留めた方が今っぽく着こなせます。

柄小物

裾から覗く柄靴下がハズしに効く

ソックス¥715(カルツェドニア/エイチースリーオーファッションビュロー)シャツ¥33,400(パルマ マーティン/CPRトウキョウ)デニムパンツ¥17,600(カデュネ/カデュネ プレスルーム)ピアス¥23,100(モニス/フォーティーン ショールーム)リング¥9,900(マム/ビヨンクール)ローファー¥19,800(エフ バイ ウェルフィット/ダイアナ 銀座本店)

定番の白ソックスも悪くないけれど、差のつくオシャレを楽しむなら、柄靴下を選んでデニムの裾からチラリ覗かせて。ボトムスと靴をつなぐイメージで、なじみのいい色味を選ぶと失敗がありません。“まだまだ暑いけど、秋っぽさも香らせたい”そんな時には夏のスタイルに秋小物を追加するのが手っ取り早い解決策。エキゾチックなムードのペイズリー柄が、何気ないデニムスタイルをほんのり秋めかせます。

竹内朱莉 たけうち あかり

1997年11月23日生まれ、埼玉県出身。ニックネームは「タケちゃん」。アンジュルム(旧スマイレージ)の2期メンバーとして2011年グループに加入、2019年からはリーダーを務める。安定感のある歌唱力とパワフルなダンスが武器の実力派。2023年6月21日をもってアンジュルム及びハロー!プロジェクトを卒業。ソロ写真集『roundabout』(オデッセー出版/ワニブックス)が好評発売中。

撮影/木村 敦 モデル/竹内朱莉 ヘアメーク/久保フユミ(ROI) スタイリング/山本有紀 取材/伊藤綾香 構成/永吉徳子(CLASSY.ONLINE編集室)

元記事で読む
の記事をもっとみる