1. トップ
  2. グルメ
  3. 2016年のパリから、美味しいニュースをふたつ。

2016年のパリから、美味しいニュースをふたつ。

  • 2016.1.6
  • 1374 views

フランソワ・プルミエ通り39番地に、レ・マルキ・ドゥ・ラデュレのポップアップストアが2月28日まで営業中だ。カスティグリヨーヌ通りの本店と内装が異なり、天井から下がるのは15〜16世紀の高速帆船カラヴェルを模したアンティークのクリスタル製シャンデリア。その周囲をスワロフスキーのクリスタルが波を描くよう取り囲む。インテリアを担当したのは、デザイナーのイリナ・ヴォルコンスキーである。

白でまとめられた店内にクリスタルがきらきら輝く魅惑的な空間だ。


レ・マルキでは、新たにオテル・ムーリスからジョアナ・ル・パップをシェフ・ショコラティエに迎えた。彼女によるこの店だけの限定2点が早速評判である。ひとつは、l'Ecrin(レクラン/宝石箱)。塩味のサブレの上に乗ったチョコレートのドームが黒い鏡のようにミステリアスに光るパティスリーで、中にはキャラメルを秘めている。もうひとつはチョコレート・ボンボンのle Diamand du Marquis(ル・ディアマン・デュ・マルキ/侯爵のダイヤモンド)。ジンジャーとパッション・フルーツ味のガナシュを覆うのは、その名に違わず白い煌めき。女性のベスト・フレンドたるダイヤモンドをチョコレートにしてしまうとは、さすが新シェフ、女心がわかってる! このスペースは2月28日まで開いているので、バレンタインデーのチョコレートを買う楽しみもある。今年はずばりLOVEの4文字! グリヨット・チェリーが文字によって異なった味わいを見せる。なお、レ・マルキ・ドゥ・ラデュレのポップアップストアの後、このスペースは4月28日までラデュレのポップアップストアに変身するという。これも楽しみだ!

左:ル・ディアモン・デュ・マルキ 1粒2,10ユーロ。ボックス入りも販売。右:その名の通り、宝石箱を思わせるレクラン。6,80ユーロ。

バレンタインデーのお楽しみはLOVEチョコレート!

Pop-Up Store Les Marquis de Ladurée(2015年2月28日まで)
39, rue François 1er
75008 Paris
Tel.01 42 60 86 92
営)10:00~20:00
休)日曜


ハンバーガーがすっかり定着したパリ。でも、美味しいと話題のハンバーガーにありつくには、中心部からちょっと外れなければならないのが残念だった。と、過去形で語るのは、年末にギャラリー・ラファイエット・メンズ館2階に10区で人気のビッグ・フェルナンがオープンしたからだ。しかも、営業はデパートの開店から閉店までの間中ずっと、という便利さ。朝の早い時間、お腹は空いているけどハンバーガーはちょっと......という声に応えるべく、ここだけで食べられる朝用のバーガーも誕生。ベーコンとスクランブルエッグをはさんだLe Pacôme(ル・パコム/7ユーロ。ビッグサイズのホットドリンクとのセットは10ユーロ)だ。本店同様6種のハンバーガーは営業時間中、いつでもオーダー可能。パリのハンバーガー・ショップで一番人気の飲み物であるレモネードと共に!!

ギャラリー・ラファイエットのメンズ館の2階にオープンしたビッグ・フェルナン。

ビーフ、仔牛、羊......6種の基本ハンバーガーがある。それらに追加で何を挟むか......その組み合わせは合計3840種類となるそうだ。

左:オリジナルのレモネード。右:テイクアウトも可能。

Big Fernand/
Galerie Lafayette l'Homme
40, boulevard Haussmann
7500 Paris
営)9:30~19:30
休)日・祝