11cm先もボヤケる!? 「強度近視」が抱える失明リスクとは

【男性からのご相談】

目がとても悪いです。メガネなしでは出歩くこともできません。こんな状態だからか、妻は『そのうち目が見えなくなるのではないか』と心配しています。私としましては、メガネをかけていさえすれば日常生活は問題がないので、 それほど心配する必要はないと思っているのですが……。

目が悪いと、本当に失明の可能性があるのでしょうか?

●A. 強度近視を放置すると失明のリスクがあります。

こんにちは、健康ライターの鍋谷萌子です。

私自身もメガネをつけて生活をしており、近視に悩まされている人間のうちの1人です。

日本の視力矯正率(コンタクトもしくはメガネ使用者、あるいはその両方を併用している人の割合)は、2013年のデータでは、全体の7割以上となっています。完全な裸眼で生活している、という人はわずか27.4% です。

つまり、現在では、むしろ視力を矯正して生活している人の方が大半と言えます。

●強度近視とは?

ただ、矯正を必要とする視力の持ち主”のなかでも、“どれくらい矯正しなければいけないか”というのは、人それぞれです。

『強度近視』 とは、矯正を必要とする近視のなかでも、特に注意が必要なものです。

強度近視は、11cm以上先に指を置いた場合、その指をはっきりと見ることができない、という状態を指します。「目を細めれば見える」というケースも、『強度近視』にあてはまります。

ちなみに私の場合、視力は両目とも0.1程度ですが、11cm程度だととてもクリアに見えます。60cm程度までは、指の輪郭がぼやけることなくクリアに見えています。つまり、強度近視というのは、0.1よりもずっとずっと悪い状態なのです。

●強度近視が抱える失明リスク

強度近視には、奥様がおっしゃるように、失明のリスクがあります。もう少し詳しく言うと、強度近視をそのまま放置することによって起こりうる“病的近視”がとても危険なのです。

近視性脈絡膜新生血管という病気は、強度近視が抱えるリスクのうちの一つです。眼底部分に血がにじんだりむくみが起きたりする病気であり、現在は治療方法も確立しています。しかし、放置しておくと最悪の場合は失明にまで至ってしまいます 。

----------

メガネやコンタクトを使う人の割合が多くなった今、“視力の矯正”はとても身近な話題になりました。

メガネやコンタクトの調整とともに、失明のリスクを抑えるためのケアも行いましょう。

【参考リンク】

・【コンタクトレンズに関するアンケート調査】 | MyVoiceのプレスリリース(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000007815.html)

●ライター/鍋谷萌子(フードアナリスト)

元記事を読む
提供元: パピマミの記事一覧はこちら
サービス統合のお知らせ
Yahoo! BEAUTYをご利用の皆さまへ
より良いサービスをご提供するため、Yahoo! BEAUTYは2018年6月20日(水)を
もちまして、姉妹サービスであるTRILLへ統合いたしました。
新しくなったTRILLをぜひお楽しみください!
01
女性必見の最新トレンドニュースを
毎日お届け!
あなたらしさを応援する、
オトナの女性におくる情報アプリ
  • 「App Store」ボタンを押すと iTunes(外部サイト)が起動します。
  • アプリケーションは iPhone、iPad または Android でご利用いただけます。
  • Apple、Apple のロゴ、App Store、iPod のロゴ、iTunes は、米国および他国の Apple Inc. の登録商標です。
  • iPhone は Apple Inc. の商標です。
  • iPhone 商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
  • Copyright (C) 2017 Apple Inc. All rights reserved.
  • Android、Android ロゴ、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です。
02
あとで見たい時も大丈夫!
お気に入り機能で賢く整理