1. トップ
  2. 恋愛
  3. いまの自分に納得している? 35歳が近づいたら、自分に問いかけよう

いまの自分に納得している? 35歳が近づいたら、自分に問いかけよう

  • 2015.12.25
  • 19391 views

近ごろ、街中の広告やネットなどで、「35歳からの○○」という文字が目につきます。35歳からのマンション購入や35歳からのアンチエイジング、35歳からの資産運用、35歳からの婚活&妊活、35歳からの転職…。

© luna - Fotolia.com

あなたは「35歳の自分」って想像がつきますか。もしくは「もう過ぎてしまった!」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

ところで上記の広告ですが、すべて35歳「からの」と記されていることにお気づきでしょうか。こうして並べてみると、35歳という年齢は人生の後半に向けて、人が何がしかの新たなスタートを切るのに適切な時期といえるのかもしれません。

■いまの自分に納得している?

カウンセラーとしてクライアントの方々のさまざまな人生経験をお聞きしていると、35歳前後というのは、自分の理想と合致していてもいなくても、不満があってもなくても、いままでの本人の経験や価値観から「自分が一番心地よい状況」に身を置いていることが多いと感じます。

たとえば「CAになって世界中を飛びまわりたい」という夢を持っていながらも、時間に不規則な生活に耐えられないと感じていて、現実ではきっちりと仕事が終わる公務員の仕事についていることもあるでしょう。

35歳が近づいてきたら、ぜひ「いまの自分に納得しているか」をご自身の心に聞いてみてください。

答えが「YES」ならば、おそらくいままでの人生で目標をしっかり定めて正しい努力を重ね、理想の状態を手にいれられたといえます。その場合は、現在の状態をキープするために、いまより少し「守りの視点」を持ってみましょう。

35歳以降の人生中年期には、自分の努力だけではどうにもできない事柄が発生し、自身に及ぼす影響が大きくなってくるものです。

たとえば、親に介護が必要になったり、会社の業績が悪化すればリストラの対象になりやすくなることも。結婚していれば、夫の健康状態や仕事上の変化、子どもがいれば進路や就職で悩むこともあるでしょう。

そのような事態をいくつか想定して、対応策の準備をはじめる時期に来ているのです。

もし答えが「NO」だったら。本当にやってみたいことが現状とまったく別のところにあるならば、おそらく35歳はある意味「変われる最後のチャンス」といえるかもしれません。

35歳前後というのは、まだ体力的にも無理がきき、それまでの人生経験から判断力も身についているので、変化に対応する力が人生で一番高くなっているように思います。

これ以上若くても自分の判断には自信が持てないかもしれないし、これ以上年を重ねると、上述したように、自分の努力の範囲を超えた問題の影響を受けやすくなります。

■洋服や髪型など、外見もチェック

ずっとやってみたかったけど後回しにしてきたことがあるなら、ぜひ35歳をメドに取りくんでみてください。また、内面と同様に洋服や髪型、メイクなどの外見に対しても問いかけをするといいでしょう。

よく「20代までは親からもらった顔、それ以降は自分がつくる顔」といいます。いままでさまざまな年代の女性にお会いしてきた経験からいうと、35歳くらいから、徐々に内面が外見に反映されてくると感じます。

よくも悪くも「それまで生きてきた貫録」が表情や体全体ににじみ出てくるのでしょう。

すると、どんなに童顔であったとしても、20代と同じ洋服やメイク、髪型に少し違和感が生じてきます。一度、すべての洋服をクローゼットから出して着てみてください。

買った当時は「地味すぎかな?」と思えたものがいまはしっくりくるようになっていたり、逆にサイズは合っていてもどうも着ばえしない、安っぽく見えてしまうというものがあると思います。

同様にメイク道具もチェックしてみてください。35歳前後から肌のトーンも微妙に変化するため、いままで似合っていた口紅やアイシャドウが合わなくなってくることもあります。

毎日自分を見ていると気づきませんが、「たまに着たり使うもの」を身に着けてみると、その変化がわかるものです。そのような目線でチェックして、いまの自分にそぐわないと感じたものは潔く処分しましょう。

そして、35歳以降おそらく一番大切になってくるのは「健康」です。いままで若さにかまけて仕事に家事に趣味に旅行にと、ついがんばりすぎてしまっていたかもしれません。

とくに、出産を考えるのであれば、婦人科の健診を受けておきましょう。35歳過ぎても出産はもちろん可能ですが、いわゆる「子宮年齢」は生活習慣などにより、実年齢と隔たりがあることもあります。これを機会に、よくない生活習慣を改めていくというのにもいい時期です。

人生のどんな時期であっても、人は変わることも成長もできますが、そのパワーを最大限に使えるのが35歳前後だと私は思います。その大事な時期を有効に過ごして、より充実した人生を手にいれましょう。

(佐藤栄子)