1. トップ
  2. おでかけ
  3. 疲れを感じた時は富士山の絶景と、ふわふわな毛並みの可愛い動物、美味しいものが揃った「河口湖木ノ花美術館」を訪れてみては?

疲れを感じた時は富士山の絶景と、ふわふわな毛並みの可愛い動物、美味しいものが揃った「河口湖木ノ花美術館」を訪れてみては?

  • 2023.6.4
  • 2894 views

富士山の絶景と、ふわふわな毛並みの可愛い動物、美味しいものが嫌いな人はいませんよね。
疲れを感じた時は、この3つ全てを経験できる場所を訪れてみるのはいかがでしょうか?
わちふぃーるどライセシングの代表 加藤ふさこさまに、河口湖木ノ花美術館の見どころについてお話を伺いました。

美術館で不思議の世界とふわふわ毛並みに癒されて

河口湖木ノ花美術館は、 今年40周年を迎える「猫のダヤン」の常設美術館。
1983年、革工房のブランドマークとして生まれた猫のダヤン。猫の刻印が入った革製品をご存知の方も多いのでは?!
ダヤンの世界、わちふぃーるどにあるタシルの街にあるタシールエニット博物館を模して建てられた特徴的な建物は、雄大な富士とマッチしてまるで一枚の絵画のよう。
5月から6月にはバラが咲き誇り、風景に華を添えます。
美術館では年2回大幅な展示替えをおこない、季節にあわせて楽しめるダヤン作品を作家監修のもと展示、何度訪れても楽しめます。
随時100点前後の作品のほか、アトリエ展示やテーマ展示をお楽しみいただけます。
ふわふわの毛並みのダヤンや仲間たちのアートは、ダヤン好きにはもちろん、猫好きさんにもたまらないコレクションです。
作家池田あきこの描く繊細なパステル画と不思議な世界を、心行くまでお楽しみください。


アート鑑賞の後はカフェでゆっくり、贅沢なひととき

美術館併設のカフェ「オルソンさんのいちご」では、シェフが腕を振るう本格的なメニューが楽しめます。
自慢のハンバーグやいちごパフェなど多彩なメニューで、リピーターも多くご利用いただいています。
中でも、1年中楽しめる温室いちごを使ったデザートは絶品!
テラス席では富士が一望、庭のガゼボでは季節のお花を楽しめます。
わちふぃーるどの楽しく不思議な世界を満喫した後は、ゆったり開放的な空間で、おいしいひとときをお楽しみください。



お土産選びが楽しい!ミュージアムショップ

ミュージアムショップではダヤングッズが所狭しと並べられ、バッグやアパレル、デイリーに活躍する多彩な雑貨が盛りだくさん。
美術館ならではの限定商品も豊富にご用意、 河口湖のお土産にもおすすめです。
圧巻の版画コーナーでは常設ショップでは日本一の点数を誇り、見ごたえ抜群。
美術館限定のアートタイルコーナーはダヤンの新旧作品が壁一面にずらりと並びます。
ついついお部屋に合う一枚を探してしまいそうです。


悠然とした富士と湖、 この恵まれた自然の中で、 「わちふぃーるど」 の織りなす異次元の世界へタイムスリップし、日常のほっとするひとときをどうぞお楽しみください。

河口湖木ノ花美術館 「猫のダヤンミュージアム」池田あきこ猫のダヤン常設展示

▼住所
山梨県南都留郡富士河口湖町河口3026-1
▼TEL
0555-76-6789
▼営業時間
3月~11月 9:00am~5:00pm
12月-2月 10:00am ̄4:00pm 年中無休
▼美術館入館料
一般・大学生 500円
中学・高校生 400円
※小学生以下は、大人同伴の場合無料です
▼身障者割引料金
一般大学生 250円
中学・高校生 200円
※障がい者手帳をご提示ください。付き添いの方は一般割引にてご入館いただけます。

※2023年5月現在の情報となります。

[執筆者]


加藤ふさこ
わちふぃーるどライセンシング株式会社代表
作家池田あきこの実妹であり、作品を管理・ライセンシング業務全般に携わる。
作品を所蔵する木ノ花美術館の外観設計から、展示監修にも携わり、河口湖の景観を生かしたわちふぃーるどの世界を演出。

木ノ花美術館
http://www.konohana-muse.com/

元記事で読む
次の記事
の記事をもっとみる