1. トップ
  2. おでかけ
  3. 【天神】ALL TIME BEST矢沢あい展レポ

【天神】ALL TIME BEST矢沢あい展レポ

  • 2023.5.3
  • 1238 views

こんにちは、リビングふくおか・北九州Web地域特派員のみずぽんです。

4月20日より、大丸福岡天神店にて、「ALL TIME BEST 矢沢あい展」が始まりました♪私が小学生の頃は「りぼん」(集英社刊)に連載があった『天使なんかじゃない』を読み、『ご近所物語』を日曜日の朝に観るのを楽しみにしていて、高校生の頃は「zipper」(祥伝社刊)に連載があった『Paradise Kiss』を読み、大学時代に部室で『NANA』を読みました。大人になるまでの過程で、常に矢沢あい作品が身近にありました。 よく「人生で大切なことは矢沢あい作品から教わった」というフレーズを耳にしますよね。どれの作品にも、それぞれに思い出があり、とても懐かしくて、この展示が福岡に巡回してくるのを心待ちにしていました。

来場者は、私と同じくらいの世代が多いかな?と思っていましたが、年齢層も様々で、若い方は親が持っていて読んだら面白くてハマったとのこと。世代を超えて愛される矢沢あい作品の、今も色褪せない魅力について、レポします♪最後までお読みいただけますと、うれしいです♪Special Reelコーナー以外は撮影可能です。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

STREET TRAD

この解説書は読んだことがありませんでしたが、この展示会を機に読んでみようと思った解説書です。モッズ、パンクス、スケーターなど、ストリートカルチャー史の解説書で、史実に沿って、細部にまで丹念に描かれています。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/祥伝社

Paradise Kiss

『Paradise Kiss』は「zipper」に連載があり、リアルタイムで読んでいました。通称・パラキスですよね。『ご近所物語』の実果子はまだ学生でしたが、パラキスでは立派なデザイナーになって登場します。読み手も重ねているけど、実果子もいっしょに年を重ねて、漫画の主人公といっしょに成長できるところも魅力だと思います。 「zipper」の内容とパラキスの内容がうまく現実とリンクしているので、高校生だった当時、ファッション業界に興味を持つきっかけになりました。ファッションの専門学校にデザイン画を送ってみたりしたことが、大変懐かしいです(笑)自分自身の受験も控える中で、受験勉強に追われている紫(ゆかり)に感情移入してしまって・・・もし自分の娘が受験生になるときに読んだら、また違った印象になる気がします。このコーナーが特にときめきました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/祥伝社

額装が素敵ですよね♪いちばん右の絵は、「zipper」の応募者全員サービスのカレンダーの原画です。応募者全員サービス、切手を封筒に入れてよく応募してました。懐かしい~!!

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/祥伝社

ご近所物語

明るく前向きで、大好きな作品のひとつです。私は転勤族だったので、幼馴染に憧れていました!この作品をきっかけに、ハンディミシンを買ってもらい、お裁縫に興味を持つようになりました。登場するファッションが可愛くて、漫画を見ながら、模写したりもしました。懐かしいです! いちばん右のぶどうの絵は、なんと和紙とちぎり絵で描かれているんです~!!アナログな手法の作品と、フォトショップを使って描かれている作品といろいろ展示がありましたが、緻密で絶妙なグラデーション、こちらの原画が特に印象に残りました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

天使なんかじゃない

「りぼん」に掲載されていた『天使なんかじゃない』、通称“天ない”。学園ラブストーリーで、胸きゅんものですよね♪当時小学生高学年ながらに、きっと中学生になったらこんな充実した世界が待っていると思いきや、女子校に進学したため、再現性がありませんでした(笑) でも、こんなに青春時代に充実していたら、良いですよねー!また大人になった今再読すると、きっと感想が当時とは違うだろうな、と思いました・・・!

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢あい/集英社

「りぼん」の次号予告の原画です。製本されたものを見ていたはずなのですが、その原画を見られるなんて、感慨深いものがありました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢あい/集英社

こちらの一角でお写真を撮られている方をよく見かけましたよ。漫画の中に入ったような気持ちになれますよね♪

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢あい/集英社

Special Reel

こちらのコーナーは撮影禁止です。4歳の頃に矢沢あいさんが描いた絵がすごく可愛くて・・・完成度の高いパンダのキャラクターでした。他にも、アナログ画法のときの画材の展示や、「りぼん」のふろくも展示されていました。いちばん懐かしく思ったのは、プロフィール帳です。当時すごく流行りましたよね。友達に書いてもらって、綴っていたことを思い出しました!

下弦の月

こちらの作品は読んだことがありませんでしたが、「りぼん」に連載されていたミステリアス・ドラマだそうです。絵がきれいで、美術館で絵を鑑賞するような気持ちで、このコーナーを拝見しました。あらすじは下記の通りで、展覧会公式図録から引用しております。

ある夜、街でギターを爪弾く青年・アダムに出会った美月。彼に強く惹かれ、家を飛び出すが・・・。一方、古びた洋館に迷い込み、“イヴ”を見つけた蛍。夢で会った女性とよく似たイヴは、恋人の“アダム”に会いたいと繰り返し泣くばかり。蛍はその願いを叶えようと決意して―――。
出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

美しいですよね!読んでみます♪

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

NANA

奈々とナナ、容姿も性格も真反対の二人の友情の話です。初めて読んだときに、これまでの少女漫画とは違って、内容が実際にありそうな作り話ではないリアリティを感じて衝撃を受けたのを覚えています。早乙女淳子推しです。主役だけでなく、脇役のキャラ設定もしっかりしているのが、矢沢あい作品の魅力のひとつだと思います。フォトショップの作品も良いけど、やっぱりアナログな画法で描かれて作品は、手描きでこんなにも描けるんだ!!!という感激があり、大好きです。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

ライヴ会場風の展示。スポットライトもついていました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

物販コーナー

りぼんの付録復刻版です!!昔、集めていましたー!付録だけ余分に買えたら良いのにとさえ思っていました。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

スドーザウルスの髪ゴム買いました♪♪どれを買うかとても迷いましたが。。。税込880円です。

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢あい/集英社

『天使なんかじゃない』の晃と、『NANA』のナナがコラボしている夢のようなフライヤーですが、その原画が展示会のオオトリを飾っていました!福岡の人へ向けて、矢沢あいさんからの直筆メッセージも飾られています。ぜひ実際に足を運んでご覧ください♪♪300点におよぶ直筆原画やイラスト、見ごたえがかなりありました!

出典:リビングふくおか・北九州Web

©矢沢漫画制作所/集英社

ALL TIME BEST 矢沢あい展 2023年4月20日(木)~2023年5月7日(月) 入場時間:午前10時~午後7時まで(午後8時閉場) ※最終日は17時まで入場、18時閉場 会場:大丸福岡天神店 福岡市中央区天神1-4-1 本館8階催場 入場料:一般・大学生:1200円、高校生:800円 ※中学生以下無料(要高校生以上同伴) ALL TIME BEST 矢沢あい展 (yazawaai-ten.com) 大丸福岡天神店 (daimaru-fukuoka.jp)

元記事で読む
の記事をもっとみる