1. トップ
  2. 恋愛
  3. 坂口健太郎×市川実日子、SNSで絶賛された理想の恋人同士の朝のルーティーンとは?『サイド バイ サイド 隣にいる人』

坂口健太郎×市川実日子、SNSで絶賛された理想の恋人同士の朝のルーティーンとは?『サイド バイ サイド 隣にいる人』

  • 2023.4.20
  • 2478 views
坂口健太郎×市川実日子、SNSで絶賛された理想の恋人同士の朝のルーティーンとは?『サイド バイ サイド 隣にいる人』
(C)2023『サイド バイ サイド』製作委員会

「坂口演じる未山がもし恋人だったら?」との質問に、共演の齋藤飛鳥は意外な反応

映画『サイド バイ サイド 隣にいる人』が、4月14日より全国公開スタートした。本作より公開記念舞台挨拶のレポートとともに、坂口健太郎演じる未山と市川実日子演じる詩織の朝のルーティンをまとめた本編映像を紹介する。

本作の公開記念舞台挨拶が4月15日に都内劇場で行われ、主演の坂口健太郎、共演の齋藤飛鳥、浅香航大、市川実日子、そして伊藤ちひろ監督が登壇した。

目の前に存在しない“誰かの想い”が見える不思議な力で周囲の人々を癒す主人公・未山役の坂口。完成作について「脚本を読んだときよりも広がった感覚で、観た人それぞれが自分なりの解釈ができる作品」と分析。未山の隣に突然現れる謎の男・草鹿役の浅香は、本作を観て号泣したそうで「初めて観たときは温かい涙が流れて…。この地球に生まれて良かった~!と思った。モチベーションが上がる映画」と感動を報告した。

この浅香の「地球に生まれて良かった~!」発言にハマったのは、未山と暮らす恋人で看護師の詩織役の市川。まさかの名言に「ちょっと待って~!」と大慌ても、試写の際に隣で観ていたという浅香から「実日子さんは本作を観ながら笑っていましたよね」と暴露されると、「みんな違ってそれでいい! 観客のみなさんも、観たまま感じたままに我慢しないで欲しい。観た人それぞれ物語が変わっていく映画ですから」と呼び掛けた。

伊藤監督はコロナ禍の現代に触れ、「私たちは距離感に敏感になる時間を過ごしてきましたが、その時間は相手を想うことの時間だったともいえる。価値観や環境が違うことで責めあうのではなく、分かり合う。本作を通してそんな気持ちを改めて感じてもらいたいと思いました」と本作に込めた狙いを明かした。

過去に起きた事件をきっかけに未山とは疎遠になった元恋人・莉子役の齋藤は、乃木坂46卒業後初の映画出演となる。「もし未山が恋人だったら?」と聞かれると、「ほえ~!?」と想定外という顔をしながら、「恋人!?…ごめんなさい。私はあまり」と横にいる坂口を気にしつつも謝絶。当の坂口は「なんだか告白する前に相手からフラれた感じ…(笑)」と落ち込んでいた。

一方、市川は未山との関係性について「2人の出会いを見てみたい。2年であの空気になるのは凄い」と不思議がると、坂口は「まあ、総じてお2人とも未山のことが好きという答えですね!」とポジティブにまとめていた。

続いて本作の内容にちなんで、それぞれの秘密を発表。市川は「坂口くんと足が似ている」という個性的な秘密で、浅香は「たまに都内の公園を裸足で歩いている」と健康志向的な秘密を紹介。坂口は「左手に豆があります」と何かにチャレンジしている秘密を挙げた。

しかし、齋藤は秘密について「ありません」とまさかの返答。これに対して齋藤のマネジャーから「インスタの投稿に苦戦している。間延びした写真を投稿したりして、なにこれ? なにこれ?とアタフタしている」とのタレコミが…。坂口は「メッチャわかる!」と理解を示し、齋藤も「難しいですよね!」と味方を得た気分。

最後に主演の坂口は「僕ら作り手側が育ててきたものがやっと皆さんの元に届いて、皆さんの心の中で育てていただけると感じています。すぐに答えが出る作品が多い中、こうして余白をもって投げかけて、皆さんの心の中で感情が大きくなっていくような作品をつくるのはすごい挑戦だと実日子さんも仰っていたのですが、こういう世の中だからこそ、登場人物に色々な想いを馳せてもらって周りの方々に紹介していただき、この作品をより羽ばたかせてほしいです」と大ヒットを祈願した。

また、本作より坂口演じる未山と、市川演じる詩織、ふたりの朝のルーティンをまとめた本編映像を紹介する。看護師として働く詩織と、詩織の娘・美々と一緒に暮らす未山の1日は、詩織が選んでくれたパーカーに着替え、アニメを観ている美々と猫の”あっちゃん”に優しく「おはよう」と笑顔で話しかけることから始まる。

続いて未山は色鮮やかな野菜を丁寧に洗い、切って、朝ごはんの準備をし、出勤する詩織の皿洗いを代わる。急ぐ詩織は未山のパーカーで手を拭き、それを優しく受け入れる未山。市川のアドリブであるこのシーンはSNSでも反響が高く、2人の関係性がよくわかる場面となっている。

『サイド バイ サイド 隣にいる人』は公開中。

元記事で読む
の記事をもっとみる