1. トップ
  2. BTS・JIMIN、毎日「お腹が空くと思い出すもの」とは?久しぶりのラジオ出演で率直なトーク披露

BTS・JIMIN、毎日「お腹が空くと思い出すもの」とは?久しぶりのラジオ出演で率直なトーク披露

  • 2023.3.31
  • 72 views

BTS(防弾少年団)・JIMINがソロデビューについて「大きなプレッシャーだった」と打ち明けた。

JIMINは3月31日午後に放送されたSBSラジオパワーFM『チェ・ファジョンのパワータイム』に出演し、ファンとコミュニケーションをとった。久しぶりのラジオ出演で緊張したとしながらも、機知に富んだ率直な話術を誇った。

先立ってJIMINは3月24日に初のソロアルバム『FACE』を発表。同アルバムは発売初週に145万枚以上の販売量を記録し、ソロアーティストの歴代初動記録を塗り替えた。しかし初めて発表するソロアルバムだけに、プレッシャーもあった。

「メンバーたちがぶつかってみろと」

JIMINは「初めてソロ作業をするときは楽しかった。自分の話だけをすべて盛り込んで曲を作ることに意味があって、おもしろかった」と述べた。

(写真提供=OSEN)3月31日、ラジオ番組に出演するためにSBSを訪れたJIMIN

ただ、「しかし実際にお聞かせすると思うとプレッシャーになった。メンバーたちがぶつかってみろと言ってくれた。SUGA兄も、そのままやれと言っていた」と打ち明けた。

そしてHIMINは初のソロアルバム『FACE』について、「日記帳のようなアルバムだ。自分の感情を振り返り、その感情をそのまま溶かしてみた曲」と語り、愛情を表した。

JIMINはソロでファンと会うことに対する緊張と、大切な気持ちを伝えたりもした。彼は「音楽番組活動をするのが一番緊張しているようだ。ファンに会うのが久しぶりだから、目の前で踊って歌うことが急に緊張した。ラジオに出る前は本当に久しぶりだったので、うまくできるかどうか、手に汗を1リットルも流した」と話し、笑いを誘った。

BTSのなかでもダンスとボーカルで高い実力を持つJIMIN。何よりも魅力的な声色で多くの人々に愛されている。

JIMINは「僕にとっても自分のパートは簡単ではない。まだまだ足りないので、練習を頑張っている。暇があればボーカルトレーニングも受けている。プロデューサーの兄たちがやってくれる。間違いなく、僕は才能ではなく努力だ。チームのなかで違うカラーが欲しいと思っていたようだ。音色を研究するために、多くの時間を費やした」と話した。

最近出演した米NBCの『ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファロン』に対する質問も出た。放送当時、JIMINの巧みな英語が関心を集めた。JIMINは「実は一生懸命、覚えてやった。一生懸命やっても、なかなか伸びない。僕にも教えてほしい。一生懸命勉強して、次は上手にやってみたい」と話した。

同日、JIMINはダイエットについても言及する率直な姿を見せた。彼は「ラーメンが一番おいしいと思う。毎日お腹が空くと、ラーメンが思い浮かぶ。必ず夕方に思い出す」とし、「活動が終わればオフシーズンに戻るので、一番食べたいのはラーメンだ。ご飯も入れて」と伝えた。

JIMINはスタジオに訪れた傍聴客ともコミュニケーションし、機知に富んだ愉快な話術でリスナーを魅了した。

(記事提供=OSEN)

◇JIMIN プロフィール

1995年10月13日生まれ。本名パク・ジミン。ダンスの実力が高く評価され、釜山芸術高等学校舞踊科へ首席で入学した。高校2年生の頃に現在の所属事務所Big Hitエンターテインメントのオーディションを通じて練習生に抜擢され、ソウルへ上京した。韓国芸術高等学校に転校するのだが、偶然にも同じくBTSのメンバーVとクラスメイトに。グループ内ではリードボーカルとメインダンサーを担当している。

元記事で読む
の記事をもっとみる