1. トップ
  2. 恋愛
  3. 39歳でパパが認知症!? 実話をもとに描く、夫婦の希望と再生の物語

39歳でパパが認知症!? 実話をもとに描く、夫婦の希望と再生の物語

  • 2023.3.17
  • 13265 views
39歳でパパが認知症!? 実話をもとに描く、夫婦の希望と再生の物語
(C)2022「オレンジ・ランプ」製作委員会

介護の世界を描いて感動を伝え続ける『ケアニン』シリーズ製作スタッフが集結

貫地谷しほりと和田正人をダブル主演に迎え、39歳で認知症を診断された丹野智文さんご本人と家族の9年間の軌跡を映画化した『オレンジ・ランプ』が、6月30日より全国公開されることが決定した。これに併せてポスタービジュアルと特報を紹介する。

本作は、39歳で若年性アルツハイマー型認知症と診断されながらも、ネッツトヨタ仙台に勤め、講演活動等を続けている丹野智文さんの実話に基づき、夫婦の9年間の軌跡を描く物語。

妻・真央、2人の娘と暮らす39歳の只野晃一は、充実した日々を送るカーディーラーのトップ営業マン。そんな彼に、顧客の名前を忘れるなどの異変が訪れる。下された診断は、「若年性アルツハイマー型認知症」。驚き、戸惑い、不安に押しつぶされていく晃一は、とうとう退社を決意する。

妻の真央は心配のあまり、夫のために何でもしてあげようとする。しかし、ある出会いがきっかけで2人の意識が変わる。「人生を諦めなくていい」と気づいた彼ら夫婦を取り巻く世界が変わっていく…。

夫とともに前を向く妻・真央役に、連続テレビ小説『ちりとてちん』のヒロイン役で知られ、ドラマ『大奥』ほか映画・ドラマ・舞台で活躍する貫地谷しほり。夫・晃一役に、映画『THE LEGEND&BUTTERFLY』(23年)、『Winny』(23年)など話題作への出演が続く和田正人。さらに、伊嵜充則、山田雅人、赤間麻里子、赤井英和、そして中尾ミエなど個性豊かな面々が脇を固める。

製作には介護の世界を描いて13万人以上の人々に感動を伝え続ける映画『ケアニン』シリーズ製作スタッフが集結。タイトルには、“小さな灯でも、みんなで灯せば世界はこんなにも明るくなる”という願いが込められ、認知症のシンボルカラーのオレンジとランプを組み合わせた。

ポスタービジュアルは、アルツハイマー型認知症と診断された夫・晃一(和田)と妻・真央(貫地谷)の2人にとって転機となった海辺での一幕を切り取ったもの。「39歳、パパが認知症!? どうする、私‼」というコピーが真央の気持ちを代弁しつつ、悩みながらも明るく進んでいこうとする2人を映し出している。

そして特報映像では、「実は私、認知症なんです」と告白するトップ営業マンのパパ・只野晃一の姿に加え、そんな状況をやさしく受け止める前向きなママ・真央が、娘2人に「自分でできることは、自分でしてもらうの」とパパへの対応を提案する様子が描かれる。

勤め先の社長(赤井英和)は、晃一に「困ったことがあったら、周りの誰かに支えてもらったらええねん」と語り、病気になってから出会った飯塚さゆり(中尾ミエ)やフットサル仲間との時間が晃一と真央を笑顔にしていく。そして「諦めない人生」の大事さに気づき、晃一自身も「私にだってできることはある」と強い意志を口にするようになっていく。

最後には、社長に「どなたでしたっけ?」と尋ねる晃一に「えっ」と驚く社長と明るい社員たち。2人を取り巻く雰囲気が、認知症になっても安心して暮らせる社会の姿を映し出す。もし「大切な人が、認知症になったら?」―実際に今でも変わらず活躍している丹野智文さんの実話に基づく物語が私たちに前向きに生きるヒントを与えてくれるだろう。

『オレンジ・ランプ』は6月30日より全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる