1. トップ
  2. スキンケア
  3. 【老け顔解消】1日たったの12分で超小顔に! 40代50代のための顔痩せマッサージを完全解説!

【老け顔解消】1日たったの12分で超小顔に! 40代50代のための顔痩せマッサージを完全解説!

  • 2023.1.30
  • 4938 views

ボディメイクトレーナーや全米ヨガアライアンス200などの肩書を持つ、S字ボディメソッド・コーチのEllyさん。自身のYouTubeチャンネルでは、美を保つためのさまざまな情報を発信しています。今回紹介するのはEllyさんが発信している、顔痩せマッサージ法です。40代や50代を迎え、顔が四角くなったり以前より二重顎が気になったりしている方も多いのでは? Ellyさんの顔痩せマッサージをすれば、顔の血色が良くなり目鼻立ちもはっきりする効果が得られるかも! 老け顔が気になる方は、ぜひトライしてみてくださいね。

まずは鎖骨からスタート!

鎖骨にはリンパ節が多く集まっているため、顔だけでなく上半身のむくみはすべて鎖骨へ流れつくのだとか。

顔自体をマッサージする前に鎖骨部分をほぐしてくことで、顔がスッキリしやすくなります。それでは始めましょう!

指をピースサインにして鎖骨の上下を挟みます。そのまま左右に動かして、鎖骨の上下をぐりぐりとマッサージしましょう。

顎下の鎖骨部分から始め、マッサージする位置を少しずつ肩のほうへずらしていくと全体がほぐれます。20秒かけてほぐしたら、反対側へチェンジ。

反対側も同じ工程を繰り返しましょう。

鎖骨の終わり部分にあたる、肩のほうにある付け根は、中府(ちゅうふ)と呼ばれるリラックスのツボ。リラックスするとともに老廃物の流れを良くする効果もあるのでしっかりとマッサージしましょう!

次に、首を横に曲げた際に現れる筋肉である胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)をマッサージします。ここが硬いと、ストレートネックという首の骨が真っすぐになってしまう原因にもなるため、しっかりほぐして首の可動域を広げていきましょう。

顔を横に向け、出てきた胸鎖乳突筋をつかんで上から下へほぐしていきます。ここは神経が多く通っている場所なのでやさしくつかんでマッサージするのがポイントです。

デスクワークが多いという方はここが凝りやすいので、入念にマッサージするとラクになりますよ。

つかんだときに痛みを感じるという方は、指先で触って揺らすだけでも効果があります。20秒間ほぐしたら、反対側も同じ工程を繰り返します。

胸鎖乳突筋の上のほうには、天容(てんよう)という美顔のツボがあります。左右ともに、ここを意識してマッサージするとより効果が得られるでしょう。

マッサージ後は、首が軽くなっているはず!

次に、首の後ろ側のマッサージ。首の後ろは自律神経が集中している場所です。

首の頸椎の両隣にある筋肉に、人差し指から薬指までの3本指を両手で当て、気持ち良く感じるくらいの圧をかけながら首を上下に動かします。簡単なマッサージなので、オフィスワーク中に首の疲れを感じたときにおこなうのもおすすめですよ。

続いてフェイスライン。顎の下には唾液が出るツボがあります。 両手の親指を顎の下に引っ掛けたら、耳の下へ向かって圧をかけながら移動させましょう。

このとき、皮膚を擦ってしまうとシワの原因になるので、押して移動することを心がけてください! 移動するときはやさしく動かしましょう。

耳の下にあるリンパ節を入念に押すと、より顔がスッキリしますよ。20秒かけて全体に圧をかけたら次の工程に移りましょう。

最後に、口の下にあるマリオネットラインのマッサージです。マリオネットラインというのは、唇の両端から顎にかけてできるシワのこと。腹話術などで使う人形の口元に似ていることからこの名前で呼ばれているのだとか。

両手をグーの状態にして、指の第二間接と第一関節の間をグッと押し当てます。そのまま20秒間小さく上下に動かしましょう。このときも、皮膚を擦らずに皮膚の下の筋肉にアプローチするイメージで小さく動かしてください。

マッサージ後は自然と口角が上がるはず!

目元もしっかりとマッサージ

次に、横に広がりがちな部分を小さくするマッサージをおこないます。

顎の関節の少し下に人差し指から薬指の3本指を当て、小さく上下に動かします。奥の筋肉にアプローチするイメージで細かくマッサージしましょう。

顎関節が硬くなると顔が四角くなるだけでなく、えらが張ってしまったり、顎関節症(がくかんせつしょう)の原因にもなるので、30秒かけて入念にほぐしてください。顔の左右バランスも整いやすくなりますよ。

次に親指を使い、頬骨を下から押し上げていきましょう。そのまま両外側に向けて押しながら移動します。30秒かけて内側から外側への移動を繰り返してください。

皮膚をこすらず、骨を上に持ち上げるイメージで圧をかけることで、頬がキュッと引き上がります。内側を重点的にマッサージすると、ほうれい線も薄くなります!

続いて、顔とともに横に広がりがちな小鼻。両手の人差し指を小鼻の上部分に当てて、細かく上下に動かしながら圧をかけます。

このときも皮膚をこすることはNG!

鼻が詰まっている方は、小鼻の少し横にある迎香(げいこう)というツボを押すと鼻が通りやすくなりますよ。

次は鼻筋です。小鼻より目頭寄りの部分に両手の人差し指を当て、30秒間奥の筋肉を刺激するように小さく上下に動かしましょう。

そして目頭にあるくぼみに両手の人差し指を当て、小さくぐりぐりと動かします。爪が長くて目に当たってしまうという方は、指を曲げて第二間接でほぐすとやりやすいですよ。

これも30秒間続けます。 マッサージ後は前より目が開きやすくなっているはず!

頭のマッサージでラストスパート

顔痩せマッサージもいよいよ終盤! まぶたからマッサージしていきましょう。

両手の親指を眼球の上にある骨に当て、奥に押し込みます。親指を左右に位置をずらして同じように押し込み、目の上全体をほぐしましょう。まぶたの重さが気になる方には特に効果的です。

まぶたのむくみが取れるので、リモート会議の前など顔をきれいに見せたいときにおすすめです。

次に耳の上部分の頭皮を指の腹でほぐしていきます。ここは目尻のシワに効果がある場所。目尻のシワは頭皮で解決できちゃいます!

頭皮に人差し指、中指、薬指の3本を当て、指の腹で頭皮を上下に動かします。

頭皮は顔痩せにとって重要な箇所であり、頭皮が顔の土台を作っているといっても過言ではありません。耳の上を引っ張って目尻のシワがない状態をキープできるよう、しっかりとほぐしましょう!

顔の長さを短くするには、頭のマッサージが効果的。まず、両手の人差し指から薬指の3本指を頭のてっぺんに当ててほぐします。このとき、頭皮を動かすようにほぐすのがポイント!

頭皮がなかなか動かない方は、血行が悪く頭の筋肉がこわばっている証拠。マッサージしていくうちに頭皮がだんだん動いてくるので、しっかり動かしていきましょう。

30秒かけて、頭頂から後頭部にかけて直線上に頭皮をほぐしていきます。頭皮は冷えると固まる性質にあるので、お風呂上りは早めにドライヤーをかけることがおすすめです。

そして、両手の指の腹を使って耳の後ろから髪の毛をかき上げるようにマッサージ。頭のリンパをマッサージして老廃物を鎖骨へ流します。

このとき、老廃物をすべて鎖骨へ流すイメージでマッサージしましょう。イライラしやすい方や、のぼせが気になる方は頭のリンパを流すことでリラックスできるはず。20秒かけてじっくりとマッサージを繰り返してください。

最後に、首の前側のストレッチします。両手を重ねて片方の鎖骨下に当てて、手を置いている鎖骨とは反対方向の斜め上へと顔を上げます。そうすると胸鎖乳突筋が伸びるのを感じるはず。

フェイスラインがスッキリして、二重顎の解消にもつながります。ストレッチしながら下唇を突き出すと、より伸びを感じられます。30秒伸ばしたら、反対側も同じく30秒間ストレッチ。両側の胸鎖乳突筋が伸びたら、顔痩せマッサージ完了です!

まとめ

顔をマッサージする前に、リンパ節が集まっている鎖骨をしっかりほぐすことで、より顔がスッキリします。マッサージが終わったあとは、顔周りがぽかぽかして目も開きやすくなりますよ。座ったままでもできるマッサージなので、デスクワーク中の息抜きにもおすすめです。40代を過ぎて顔が大きくなったと感じている方は、Ellyさんの顔痩せマッサージを実践して、首回りから顔にかけてまとめてスッキリさせてみてはいかがでしょうか?

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

■書籍情報

「押すだけで勝手にやせる 7つの老廃物ほぐし」

著者:Elly

定価:1,430円(税込)

出版社:エムディエヌコーポレーション

YouTube「Ellyのボディメイクチャンネル」では、他にも動画を多数配信されています。ぜひご覧くださいね。

取材・文/ウーマンカレンダー

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


Elly

YouTube「Ellyのボディメイクチャンネル|Just Fit Body make」主宰。35歳からヨガインストラクター・ボディメイクトレーナーの道へ。西洋医学をベースにしたボディメイク知識に加え、望診や漢方などの方法を習得。現在は、東洋医学をベースにした「漢方・食養生ダイエット」、美容整体のマッサージ&ストレッチなどを発信している。

ベビーカレンダー/ウーマンカレンダー編集室

元記事で読む
の記事をもっとみる