1. トップ
  2. グルメ
  3. 花や緑、空を眺めながらお湯に浸かる。池袋の隠れ家スパ「タイムズ スパ・レスタ」

花や緑、空を眺めながらお湯に浸かる。池袋の隠れ家スパ「タイムズ スパ・レスタ」

  • 2015.11.17
  • 3025 views

「Times SPA RESTA(タイムズ スパ・レスタ)」は、都心では数少ない大型リラクゼーション施設。露天風呂やサウナ、ボディケアにレストランまで揃う極上空間で、とびきりのリラックスタイムを過ごしませんか?

こんなところにあるなんて。ビルの10~12階を占めるスパ

JR・西武池袋線・東京メトロ各線の池袋駅東口より徒歩約8分。サンシャインシティの前に建つ12階建ての高層ビル内に、大型スパ「タイムズ スパ・レスタ」があるのをご存じでしょうか?

こちらの12階はスパやボディケア施設、リラックスラウンジがある女性専用フロア、11階はフロントと男性浴室など、10階にはレストランと男女共用のリラックスラウンジなどがあり、施設全体は3フロアに分かれています。

五感すべてで“非日常”へと誘うスパ

まずフロントがある11階へ上りましょう。エレベーターの扉が開くと、アロマのやわらかな香りが迎えてくれます。「五感で四季を感じる」がコンセプトの「タイムズ スパ・レスタ」では、嗅覚をくすぐるアロマも、独自のリラックス空間をつくりあげる演出の一つなのです。

実は館内のそこかしこに、五感を刺激するさまざまな“仕掛け”がひそんでいます。10・12階のリラックスラウンジを灯すやさしい光の「“さくら色”LED照明」は視覚に、施設全体でかすかに流れる「ヒーリング音楽」は聴覚に、館内着やタオルの肌ざわりのいい「リネン素材」は触覚に、そっと働きかけます。

ビル最上階の12階は女性だけの特別空間

受付が済んだら、さっそく12階へ上がりましょう。こちらにはシェイプアップバスや寝湯などのスパ施設やミストサウナ、ボディケア施設が集まっています。

一番人気は空が見える開放的な露天(トップ画像)。四季折々の花や木に囲われた「露天ジャグジー」は39℃(11~4月)とほどよい湯温で、いつまでも浸かっていられそう。もう一つの露天風呂は湯温41℃(11~4月)で、浴槽からはフローラルな香りが立ちのぼります。季節や月によって変わる湯は、露天風呂のお楽しみの一つです。

ミストサウナやボディケアもはずせません

浴室内にあるクリアミストサウナは、デトックス効果が期待できおすすめです。通常のサウナの乾燥した空間が苦手な人でも、ミストにより高湿度状態に保たれたこちらのサウナなら、気持ちよく発汗できるはず。またトリートメントサロンで実際に使われる“海泥を混ぜた塩”も置かれているので、セルフマッサージをできるのも嬉しいですね。

同じく12階では、血行促進効果のある「韓国式あかすり」、女性専用のトリートメントサロンにてタラソテラピーとアロマテラピーの施術を受けられます。とっておきのプロダクトを用いたスペシャルケア、ぜひ体感してみてください。

リフレッシュしたら、心にも身体にもやさしい食事を

10階には旬の食材を使用したヘルシーな料理が食べられるレストランがあります。

看板メニューの「いも豚ロース しゃぶしゃぶ風コラーゲン鍋」は、ビタミンB1を豊富に含む国産いも豚肉や、旬の野菜、都内の老舗店が手作りする豆腐…とたっぷりの具に、コラーゲンボールを溶かしていただく鍋。お味はもちろん、栄養バランスも食べごたえも言うことなしの逸品です。

いつも一所懸命がんばっている自分に、「タイムズ スパ・レスタ」でささやかなご褒美タイムを捧げましょう。