1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 認可外から認可保育園に転園!喜びもつかの間、娘の様子を見て、私は激しく後悔することに【体験談】

認可外から認可保育園に転園!喜びもつかの間、娘の様子を見て、私は激しく後悔することに【体験談】

  • 2023.1.27
  • 38515 views

現在3歳になる娘は生後3カ月のころから保育園に通っています。当時夫が失業しており、私は産後2カ月で仕事復帰しました。認可保育園は空きがなく、ワラにもすがる思いで入れた認可外保育園。娘は当時最年少だったこともあり、先生はもちろん、上の年齢の子どもたちも娘をとてもかわいがってくれました。しかし、保育料が高いため、保活を継続していたわが家。娘が2歳の時に、無事、認可保育園へ転園することができました。しかし、私は転園を後悔することに……。

生後3カ月から通った保育園を2歳で転園

通っていた園はとても良い保育園でしたが認可外ということもあり保育料が高く、経済的に余裕のないわが家は認可外に通わせながらも認可保育園への保活を継続。娘が2歳になったタイミングで、なんと地域で一番人気の認可保育園へ入園が決まりました。

通いなれた環境から引き離してしまうことに不安はありましたが、娘も「新しい保育園いく!」と楽しみな様子。さらに娘はあまり人見知りしない性格で、初めて会う人に対しても自ら積極的に接することができたため、きっと新しい環境でも大丈夫だろうと、このときは考えていました。

娘の様子に転園を後悔

転園して1週間ほどたったころ、「保育園に行きたくない。前の保育園がいい」と娘が言うようになりました。前の保育園ではとても活発で自由奔放に過ごしていた娘でしたが、新しい園では、常に緊張しながら過ごしているとのこと。すっかりおとなしくなってしまった様子です。

もともと保育園が大好きだった娘の変化に私は、「転園は娘にとってマイナスだったのではないか……。金銭的に無理をしてでも今までの園に通わせてあげればよかった」と激しく後悔するようになりました。

時間と共に環境に適応していく娘に一安心

そんな思いを抱えながら過ごしていましたが、半年ほどすると環境に慣れてきたようで徐々に「今日は○○ちゃんと遊んだ」「○○が楽しかった」など、楽しい報告が聞けるようになりました。

転園当初は先生の間でも「おとなしい子」として扱われていた娘ですが、今ではクラスで一番のおしゃべりになっているそう。再び昔のように楽しそうに保育園に通う娘の姿を見ることができて、心の底から安心することができました。子どもには順応力があるのだなと驚かされました。これからも娘の力を信じて見守っていきたいと思います。

不安と後悔でいっぱいの転園でしたが、時間の経過と共に子ども自らの力で適応していってくれました。今ではすっかり転園先の保育園になじみ、毎日いろいろなことを学んできています。この先もきっと、環境が変わるたびに親は心配で心がいっぱいになるのだろうなと思いますが、子どもの適応能力を信じて乗り越えていこうと思います。

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!


著者:南星 花

3歳と0歳の姉妹と、発達障害の夫、13歳の猫と暮らす。妊娠中に夫の失業、切迫早産、胎児発育不全など、さまざまなトラブルを体験。IT業界で働くワーキングマザー。

ベビーカレンダー編集部/キッズライフ取材班

元記事で読む
の記事をもっとみる