1. トップ
  2. ヘア
  3. 髪がきれいに見えます! 女性約100人調査「美髪になれる簡単なコツ」

髪がきれいに見えます! 女性約100人調査「美髪になれる簡単なコツ」

  • 2023.1.19
  • 11369 views

突然ですが、みなさんは自分の髪に自信がありますか? 第一印象に大きく影響する髪だからこそ、それぞれに細かな悩みを抱えているものですよね。そこで今回は、anan Beauty+ clubのメンバーに「毎日のヘアケア」を徹底ヒアリング。すると、意外なヘアケア習慣や、今日から取り入れられそうなちょっとした工夫がたくさん寄せられました。さっそくご紹介します!

8割近くの女性が、自分の髪の毛に自信なし!

※anan Beauty+ club…美容・健康・エコ好きな女性たち約100名が集まるanan Beauty+の読者組織。

「あなたは髪の毛に自信がありますか?」という質問にYESと答えたのは、わずか25%という結果に。その理由を聞いてみました。

YES

「定期的にサロンでトリートメントをしていて、髪がキレイと言われることが多いから」(36歳・専門職)

「第一印象は、顔と髪の毛の健康具合に左右されると思っているので、気を遣ってケアしています」(39歳・自営業)

NO

「くせ毛で、ボリュームもあるから」(34歳・会社員)

「くせ毛なので」(30歳・主婦)

「乾燥が気になるから! 扱いにくい髪の毛だから」(25歳・公務員)

「気を遣っていてもヘアカラーやアイロン等の影響で、髪が傷むので」(35歳・会社員)

自信があると回答した方は、丁寧なケアを心がけている様子。一方で自信がないと答えた方は、ケアの丁寧さとは関係なく、くせ毛や乾燥によるパサつきで悩んでいるようでした。

シャンプーのCMのような、サラサラの髪を手に入れるのはなかなか難しいですよね…。

冬も毎日シャンプーをしますか?

そこでさらに、ヘアケア習慣について深掘りしてみました!
90%の方が、冬も毎日シャンプーをすると回答。さっそく理由を見てみましょう。

YES

「シャンプーの頻度を減らした時、抜け毛が酷くなったので、面倒でも毎日しています」(39歳・その他)

「どの季節でも頭皮の汚れや脂が気になるから」(34歳・会社員)

「当たり前と思って洗っていたので考えたことがない」(30歳・主婦)

「毎日ヘアセットにオイルやバームを使うので」(35歳・専門職)

NO

「家から出なかった日はシャンプーしない。子どもの世話が大変なので髪を乾かす時間がもったいない」(29歳・主婦)

「面倒なので、お風呂は2日に1度です」(29歳・公務員)

ほとんどの方が毎日シャンプーをするという結果に。NOの方は時短のためにシャンプーを省いているようです。

筆者はアンケートで聞かれたら「毎日シャンプーしています」と回答しますが、実際は「今日は面倒なので明日の朝にしよう…」と寝てしまうことも。意識して「髪を洗わない」日を作る人は少ないですが、ついサボってしまう日はあるかもしれませんね(笑)。

シャンプー選びのポイントを教えてください

続いて、シャンプー選びのこだわりを聞いてみました。

「シリコン入りがいい。手触りが良くなる気がする」(29歳・主婦)

「美容室で合うものを選んでもらう」(33歳・会社員)

「お風呂場に2本常備している。普段のシャンプーは髪に合うものを。月に2回くらい、気分転換に香りの強いシャンプーを使う」(35歳・会社員)

「コンディショナーやトリートメントがいらないものを選ぶ」(39歳・その他)

「どんなに気に入っても、慣れると良さを感じなくなる。慣れちゃったと感じたら違う銘柄にかえる」(39歳・専門職)

「精油の香りがすること。自然に包まれているようで、気分が癒される」(29歳・会社員)

さまざまな角度からこだわりが寄せられました。自分の髪に合うシャンプーかどうかはもちろん、香りをはじめ、気分に関わる要素もみなさん重視しているようです。

トリートメントをしている女性は8割超え!

85%の方がトリートメントをしていることが分かりました。美容室での丁寧なトリートメントや、自宅でできるものなどいろいろな種類がありますが、みなさんはどんなケアをしているのでしょうか。さっそく回答を見てみましょう!

「毎日トリートメントします」(35歳・会社員)

「自宅で毎月1回と、美容院へ行くたびにトリートメントしている」(39歳・自営業)

「自宅でできるトリートメントを、週2回ほど使っています」(39歳・自営業)

「3〜4か月に1回、美容院でトリートメントしている」(39歳・その他)

自宅でトリートメントをしているという声が多く寄せられました。また、美容室に行った際、トリートメントも一緒に頼む方が多いようです。

ちなみに、リンス、コンディショナー、トリートメントの違いをご存知ですか。実は化粧品としての区分は特にないんです。ブランドごとに「表面の手触りを良くする」「栄養を補給する」などの効果が異なるので、製品の裏側やHPで効果をチェックしてみてください。

ヘアケアで気をつけていることを教えてください

最後に、シーンにとらわれず「ヘアケアで気をつけていること」を幅広く聞いてみました。

「頭皮ケアをしっかりする。凝りをこまめにほぐしたり、お風呂上がりにスカルプエッセンスをつけて頭皮も潤す」(29歳・会社員)

「しっかり乾かし、最後は冷風で冷やす」(36歳・専門職)

「しっかり乾かしてから寝る、乾燥する季節はオイルをつける」(34歳・会社員)

「ヘアキャップをつける。これだけで全然違う。朝の髪質がとても良くなった。リリィシルクのものを使っています」(39歳・専門職)

「髪は必ず乾かす。乾かす前には、必ず洗い流さないトリートメントを使う」(37歳・主婦)

参考にしたいテクニックばかりですね!

美容師さんも、ドライヤーの最後には冷風を使いますよね。実は、温風で広がったキューティクルを閉じる効果があるんです。キューティクルが閉じることで乾燥防止になるほか、髪にツヤが出ますよ。

ヘアキャップを被るテクニックは、芸能人の方が紹介したことで有名になりましたね。寝ている間に、髪と枕の間で摩擦が起こり、知らず知らずのうちに髪は傷んでいます。ヘアキャップをかぶることで摩擦の防止や、寝癖の対策をすることができるんです。最近は寝ている間の髪をケアしてくれるシャンプーも販売されていますよ。

最後にアウトバストリートメントですが、みなさんはどんなものを使っていますか? ヘアオイルを使っている方が一番多いのではないでしょうか。オイルは髪の表面を整えてくれるので、手触りが良くなったりツヤが出たりします。一方で髪の内部から栄養補給したい時は、芯まで浸透するミルクの方が効果的です。目的に合わせて使い分けてみてください!

毎日のヘアケアのアップデートを!

いかがでしたか。さまざまなヘアケアの工夫をご紹介しました。何気なく毎日しているシャンプーやドライヤーですが、ひと手間加えるだけで髪がグッとキレイに近づきます。ぜひ今日から、試してみてくださいね!

牧ぐりこ
業界大手のヘアケアブランドPRを担当。現在は退職し、美容ライターに。

(C)proxyminder/Getty Images

文・牧ぐりこ

元記事で読む
の記事をもっとみる