1. トップ
  2. おでかけ
  3. サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナらキャストが登壇!映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』アバター・ブルーカーペット・イベント

サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナらキャストが登壇!映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』アバター・ブルーカーペット・イベント

  • 2022.12.12
  • 607 views

巨匠ジェームズ・キャメロン監督が13年間心血を注いだシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、2022年12月16日(金)よりついに全世界同時公開!

そして本作のワールドツアーの一環としてジェームズ・キャメロン監督をはじめとするキャスト&スタッフ陣が2022年12月10日に来日。

今回は、日本最速となるジャパンプレミア上映を前に実施された「『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』アバター・ブルーカーペット・イベント」の様子を紹介していきます☆

 

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』アバター・ブルーカーペット・イベント

 

 

全世界歴代興行収入第1位に輝き、それまでの映像界の常識を一変させた2009年公開の革命的超大作『アバター』

映画の頂点を極めた巨匠ジェームズ・キャメロン監督が13年間心血を注いだシリーズ最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、2022年12月16日(金)についに全世界同時公開!

美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして、神秘の星パンドラの侵略を目論む人類と、先住民ナヴィとの激しい戦いと心を揺さぶる感動のドラマが、人類史上最高の映像美でエモーショナルに描かれます。

 

そして『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』のワールドツアーの一環としてジェームズ・キャメロン監督をはじめとしたキャスト&スタッフ陣が揃って、2022年12月10日(土)に来日。

日本最速となるジャパンプレミア上映を前に、豪華キャストが登壇する「『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』アバター・ブルーカーペット・イベント」が開催されました。

 

 

会場には『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の舞台となる“海”にちなみ、青いカーペットが登場。

そして、日本最速となる本編上映では、映画の歴史が変わる瞬間をいち早く目撃するために集まったファンに向けて「ジャパンプレミア舞台挨拶」が実施されました。

世界歴代興行収入NO.1に輝くほどの社会現象を巻き起こした前作『アバター』の続編とあって、会場内は超満員。

来日ゲストが舞台袖より登場すると、集まったファンのボルテージは最高潮に達し、会場は歓声と凄まじい熱気に包まれました。

 

 

まず、ブルー・カーペットに登場したのはジェームズ・キャメロン監督。

来日することを誰よりも楽しみにしていた親日家のジェームズ・キャメロン監督は、日本で初お披露目となる本作の鑑賞を楽しみに待つファンに向けて

 

若いファンの方もたくさんいて嬉しいよ。

前作を劇場で見たことがない若い人が観てくれるから最高の気分だよ。

 

とメッセージを贈り、

 

先日のワールドプレミアから、世界中の方々から反響を頂いているので、とても嬉しいよ。

 

と、ついに公開を迎える本作への想いを告白。

 

 

また、ジェイク役を務めた主演のサム・ワーシントンさんは

 

日本のファンが相変わらず熱狂的で最高の気分です。

僕が演じたジェイクは新たに家族も増えて、精神的に大人になっています。

でも、どこか無鉄砲なところは変わっていませんね(笑)

 

と語り、

 

 

ジェイクを支える妻・ネイティリ役のゾーイ・サルダナさんは

 

素晴らしい日本の文化にはずっと興味がありました。

日本の映画、ファッション、文化、食事からとても影響を受けています。

アリガトウゴザイマシタ!

 

とコメント。

 

 

物語の鍵を握る14歳の少女・キリ役を務めたシガーニー・ウィーバーさんは

 

前作もかなり熱狂的なファンがいたけど、今回はもっと熱いファンが多いみたいね。

本作をとても誇りに思うわ。

演じるときに自身の14歳を思い返したり、10歳~14歳の子供たちを観察したんです。

完成版のキリを見てとても楽しそうに動いていたので最高の気分でした。

 

と役作りについてのエピソードを披露。

 

 

再びジェイクらの前に立ちはだかるクオリッチ役のスティーヴン・ラングさんは

 

今回はほとんどがパフォーマンスキャプチャーでの撮影だったから大変でした。

特に水の中での撮影でしたし。

結果的には、完成版最高のものに仕上がっていたから、とても満足しています。

 

などと、美しい海とそこに宿る生物たちの息吹、そして、神秘の星パンドラの侵略を目論む人類と、先住民ナヴィとの激しい戦いを描いた心を揺さぶる感動のドラマを、比類なき没入感と共に紡いだ最新作の魅力を存分に語ってくださいました。

 

 

観客に向けて大きく手を振り、笑顔で応えるなど、最高のファンサービスで会場を魅了した来日ゲスト陣。

全員揃ってのセッションでは集まったファンの「日本中が!」に続き、ゲスト全員で「アバ体験!」と声を揃えて日本での大ヒットを祈願し、イベントは終了しました☆

 

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』作品概要

 

 

監督・製作・脚本:ジェームズ・キャメロン

製作:ジョン・ランドー

出演:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーバーほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

 

神秘の星パンドラの一員となった元海兵隊員のジェイクは、ナヴィの女性ネイティリと家族を築き、子供たちと平和に暮らしていた。

しかし、再び迫る人類の侵略に神聖なる“パンドラの森”を追われてしまい、“海の部族”に助けを求めることに―。

ジェームズ・キャメロン監督はこれまで、『アビス』(89)、『タイタニック』(97)で海を描き、『ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密』(03)というドキュメンタリー映画をも製作。

海をこよなく愛するジェームズ・キャメロン監督だからこそ描ける、人類が体感することのできる人類史上最高の目も心も奪われる「映像体験」が幕を開けます――。

 

超豪華キャストが来日し、日本中を”アバター・ブルー”に染めた『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』アバター・ブルーカーペット・イベント。

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は、2022年12月16日(金)から全国劇場公開です☆

© 2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

元記事で読む
の記事をもっとみる