1. トップ
  2. お仕事
  3. エンジニア転職に失敗する人の特徴と成功させるコツ

エンジニア転職に失敗する人の特徴と成功させるコツ

  • 2022.12.7
  • 621 views
エンジニア転職に失敗する人の特徴と成功させるコツ

エンジニア転職に失敗するのはどんな人?

エンジニア転職を成功させるコツが知りたいと気になっている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、エンジニア転職に失敗する人の特徴とエンジニア転職を成功させるコツをご説明します。

エンジニア転職に失敗しそうな人

エンジニアとして転職をしても失敗してしまいそうな人の特徴は、プライドが高い、スキル不足での応募、キャリアプランが不明瞭などがあります。

こちらでは、エンジニア転職に失敗しそうな人の特徴を説明します。

プライドが高い

プライドが高過ぎるエンジニアは転職をしても失敗する可能性が高いです。

例えば、プライドが高く自分の仕事方法に執着する人や周りのアドバイスを聞かない人、謙虚さのない人は転職をしても周りとうまくコミュニケーションが取れずに孤立してしまうでしょう。

エンジニアはチームで仕事をすることが多いので、プライドが高く人間関係をうまく構築できない人は転職してもうまくいかないことが多いです。

スキル不足でも応募してしまう

求人の募集要項に記載されているスキルが足りていないのに応募しても、応募の時点で不採用となってしまいます。

しっかりと募集要項を確認して、求められているスキルを持ってるかどうかを確認しましょう。

キャリアプランが不明瞭

将来のやりたいことがはっきりしてないまま何となく転職をしてしまうと、転職してもやりたいことが見つけられずに後悔してしまう可能性があります。

転職活動をする前にキャリアプランや転職の目的をしっかりと決めておきましょう。

労働条件優先でやりがいが見いだせない

有給取得率が高い、休日日数が多いなど労働条件だけを優先して転職先を決めてしまうと、転職後にやりがいを見つけられずに仕事を続けることがつらくなってしまう可能性があります。

条件だけでなく、転職先でやりたいことも考えて転職先を探すと満足のいく転職ができます。

有効な転職活動のやり方を知らない

効果的な転職活動のやり方が分かっていないと良い転職先を見つけられずに転職で失敗してしまうことになります。

転職活動をする方法は様々ですが、転職サイトを使う方法や転職エージェントを使う方法が効果的です。

ゆっくり自分のペースで転職するなら転職サイトを、転職活動全般をサポートしてもらうなら転職エージェントを利用しましょう。

エンジニア転職を成功させるコツ

コツをつかむことで、エンジニア転職を成功させることができます。

こちらでは、エンジニア転職を成功させるコツについて説明します。

転職サイトとエージェントの活用をする

転職活動を行うなら転職サイトと転職エージェントをうまく活用しましょう。

転職サイトは自分で求人を探して、応募から面接日調整まで自分で行いますが、転職エージェントでは担当のキャリアアドバイザーが求人探しから面接日調整、書類添削、面接対策などを行ってくれます。

転職サイトも転職エージェントも数多く存在するので、複数を併用して自分に合った求人を見つけましょう。

意見やアドバイスを取り入れる姿勢

転職では周りのアドバイスを素直に取り入れることが重要です。

自分の考えばかりにこだわっていても、本当に自分に合った転職をできるとは限りません。

自分の意見は大切にしつつ、周りの意見も取り入れて柔軟に考えることが良い転職につながります。

自分の棚卸しができる

自分のスキルや実績などを棚卸して、客観的に自分自身を見つめることも重要です。

自分を実際の実力以上に見せて転職ができたとしても、力不足で転職先で貢献できずに後悔してしまうことになります。

エンジニア採用転職のスケジューリングができている

転職活動のスケジュールを立てておくとスムーズに転職活動を進めることができます。

転職までに3ヶ月から半年かけることが一般的で、焦って転職すると情報収集不足で転職に失敗することがあるので注意しましょう。

情報収集に2-3週間、選考に1ヶ月から1ヶ月半、退社や入社準備に2週間から3週間かかるのが目安となっています。

仕事をしながら転職活動をする場合は充分な時間を取ることができないので、転職エージェントを利用して転職活動をサポートしてもらうことがおすすめです。

情報収集を怠らない選考対策を徹底する

応募したい企業の情報は企業サイトやネット上の企業口コミサイトでしっかりと確認しましょう。

有給取得率や残業時間、福利厚生など自分が重要視する情報は調べておくことをおすすめします。

また、企業ごとに求める人材が異なるので、書類対策や面接対策は応募する企業ごとに徹底して行いましょう。

面接でよく聞かれる質問をチェックしたり、実際に転職エージェントなどで面接対策を行ってもらうと面接での成功率が上がります。

ポートフォリオ作成をする

エンジニアの転職で必要になるのがポートフォリオです。

ポートフォリオはエンジニアではスキルを示すために開発したアプリのことを意味します。

いくら書類や口頭でスキルや実績があると言っても、どういうものを開発したことがあるのかを提示しなければ信じてもらうことはできません。

オリジナリティがあり、悩みの解決になるようなアプリを開発していると転職活動がうまくいきやすくなります。

既存のアプリのマネや誰の役にも立たなそうなアプリ、よくわからない技術を使っただけのアプリは提示しても良い印象は得られないので注意しましょう。

エンジニア転職を成功させるキャリアプランの考え方

エンジニア転職を成功させるためのキャリアプランの考え方には、キャリアを明確に書き出したり、スキルの棚卸しをすることなどがあります。

こちらでは、エンジニア転職を成功させるためのキャリアプランの考え方について説明します。

キャリアを明確に書き出す

将来どんなエンジニアになりたいか、エンジニアとしてどんな仕事をしたいのかをはっきりとさせないと自分に合った転職先を見つけることができません。

転職が本当に必要なのか、転職先に求める条件、転職の目的なども細かく書き出しておくと、理想とする転職先や求人を見つけやすくなります。

スキルを棚卸しする

自分のエンジニアとしてのスキルを棚卸することで、自分に向いている仕事や業務を把握することができます。

自分の長所だけでなく、短所も知っておくと、自分にマッチする転職先を見つけることができます。

転職後に後悔してしまわないように、冷静に自分のスキルと求人を確認してマッチしているかどうかを見極めましょう。

あなたのスキルを活かせるポジションを調査する

分野が違うエンジニアに転職する場合には、エンジニアとしてスキルを活かすことができるポジションを探しましょう。

これまでの経験を活かせる転職先であれば、転職後もしっかりと巣k理宇や実績を活かすことができ、会社に貢献することができます。

将来のビジョンを明確に持ちエンジニア転職を叶えよう

プライドが高い人や労働条件だけで転職先を選ぶ人、効果的な転職方法を知らない人は、転職で失敗してしまう可能性が高くなります。

エンジニア転職を成功させるためには、転職サイトと転職エージェントをうまく活用したり、スキルの棚卸をしたり、スキルを活かせる求人を探すことが重要です。

仕事が忙しくて一人で転職活動をする時間がない場合は、転職エージェントを利用して転職活動全般をサポートしてもらうこともおすすめです。

文/おかねチップス編集部
監修文/おかねチップス編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる