1. トップ
  2. レシピ
  3. 小学6年生の孫「ばあばの分はないよ」嫁の食事だけ準備をしない義母…→我が子がお昼ご飯を作る日”超胸スカな出来事”が起こる!

小学6年生の孫「ばあばの分はないよ」嫁の食事だけ準備をしない義母…→我が子がお昼ご飯を作る日”超胸スカな出来事”が起こる!

  • 2022.12.4
  • 107801 views

皆さんは義家族の方と上手く付き合えているでしょうか…? 多くの方が気を遣う義実家との関係。 今回は、そんな義実家とのお付き合いに思わず衝撃を受けたエピソードをご紹介いたします。

義母からは一度も作ってもらったことがなく…

結婚当初から、義父と夫の休日(日曜)の昼食は義母が作ることになっていて、子どもが生まれてからも、子どもの分まで義母が作ります。 しかし、嫁である私の分の昼食は、結婚してから作っていただいたことは一度もありません。 私としては、日曜日のお昼に食事の準備をしなくていいので「ラッキーだな」と思っていたのですが……

子どもがご飯を作るも…

ある日、小学校6年生の我が子が、調理実習で上手に卵焼きを焼けたことをきっかけに「私がお昼ご飯を作ってみたい」と言い出しました。 微笑ましく受け入れ、迎えた当日……なんと義母の席に、料理が並んでいません。 「あれれ、ばあばの分は?」と義母が尋ねると「だって、ばあば。いつもママの分、作らないじゃない。だからないよ。ママが可哀想だから、ママの分は作ったよ」と、我が子。 あの日ほど、スカッとした日はありません。 (30代/女性)

義両親ともなると…

義両親ともなると、さまざまなことに気を遣いながら過ごさなければならないので、想像以上に疲れてしまうこともありますよね。 適度な距離を保ちながら、いい関係でいたいものです…。 ※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

元記事で読む
の記事をもっとみる