1. トップ
  2. メイク
  3. 日本人の肌に合う「カラーアイライナー」が誕生!メイベリンの新作コスメを全色レビュー

日本人の肌に合う「カラーアイライナー」が誕生!メイベリンの新作コスメを全色レビュー

  • 2022.12.1
  • 1382 views

メイベリン ニューヨークから先日発売された新作カラーアイライナー「メイベリン ウルトラカラー アイライナー」を、フロントロウ編集部がお試し。普段からメイベリンのアイライナーを使用する美容エディターも感動した、オシャレなカラーや描き心地をレポート。(フロントロウ編集部)

「メイベリン ウルトラカラー アイライナー」をレビュー

マスクを着用する機会が増えたことがきっかけで人気に火がついたコスメのひとつが、遊び心のあるメイクを演出できるカラーアイライナー。普段のメイクと同じステップで使えるのにメイクをぐんと格上げしてくれるため、1色と言わず何色も集めたくなってしまうアイテム。

画像1: 「メイベリン ウルトラカラー アイライナー」をレビュー

そんなカラーアイライナーの新作が、あのMAYBELLINE NEW YORK(以下、メイベリン ニューヨーク)から誕生。その名も「メイベリン ウルトラカラー アイライナー(以下、ウルトラカラー)」。

メイベリン ニューヨークの「ウルトラカラー」は、限定の1色を含む7色展開のカラーアイライナーで、11月12日に全国販売がスタート。シャープな描き心地でヨレないアイライナーを多数展開するメイベリン ニューヨークの新作というだけあって、発売前からすでに大注目。

画像2: 「メイベリン ウルトラカラー アイライナー」をレビュー

そんな「ウルトラカラー」を、普段からメイベリン ニューヨークのアイライナーを愛用する美容エディターが本音レビュー。全色のスウォッチとともに使用感をご紹介。

肌になじむオシャレなカラーがたまらない!

メイベリン ニューヨークの「ウルトラカラー」は、トレンド感のあるくすみカラーを中心に、オレンジブラウンやクールトーンネイビーカラー、ブラウン系まで幅広いカラーバリエーションが魅力。そして実際に使ってみてもっともテンションが上がったポイントが、どのカラーでも肌になじんでくれるところ。

画像1: 肌になじむオシャレなカラーがたまらない!

しかも全カラーがオシャレで、一気にこなれ感のある目元が完成。目元だけが悪目立ちすることもないので、すっぴん風メイクからばっちりメイクまでどんなメイクにも合わせやすい。ブラックのアイラインとダブル使いしたり、カラー×カラーで遊ぶのもオススメ。

画像2: 肌になじむオシャレなカラーがたまらない!

「ウルトラカラー」がここまで肌なじみが良いワケは、7色すべてが日本人の肌に合わせて調色されたカラーアイライナーだから。実際にエディター自身、肌の黄みが強いこともあり、カラーアイライナーを購入しても実際に使ってみると浮いて見えることが多かったけれど、「ウルトラカラー」ならその悩みが払拭。ブラウン系のカラーはもちろんのこと、苦手意識のあったブルー系のアイライナーまですべてのカラーがしっかりなじんで驚き。

スルスル描けて超高発色

描きやすさや発色も、アイライナーで譲れないポイント。メイベリン ニューヨークの「ウルトラカラー」は、思い通りにスルスルとかけて、発色も言うことなし。

画像1: スルスル描けて超高発色

とくにカラーアイライナーは、発色が薄かったりムラが出たりしやすいイメージだったけれど、そこはメイベリン ニューヨーク。ワンストロークでくっきり発色。ペン先は最細0.01mm※1なので、細めのアイラインが好きな人にもぴったり。
※1 メイベリン ニューヨーク調べ。

さらにメイベリン ニューヨークの「ウルトラカラー」は、汗・皮脂・湿気に強いという魅力も。36時間の史上最長耐久処方※2で、1日中キレイなアイラインをキープできる。
※2メイベリン ニューヨーク調べ。個人差があります。

画像2: スルスル描けて超高発色

MAYBELLINE NEW YORK(メイベリン ニューヨーク)
「メイベリン ウルトラカラー アイライナー」

全7色(※NV-2 ポップなスモーキーブルーは限定色)
BR-1 ヴィンテージナチュラルブラウン
BR-2 溶けるようなブラウンブラック
BR-3 はかなげなピーチブラウン
BR-4 まろやかなオレンジブラウン
BR-5 ゆるふわのレッドブラウン
BU-1 深みのあるバーガンディー
NV-2 ポップなスモーキーブルー
各1,590円(税抜・メーカー希望小売価格)

MAYBELLINE NEW YORKの新作カラーアイライナー「メイベリン ウルトラカラー アイライナー」は、全国のドラックストアや各ECサイト等で購入可能。気になる人はぜひチェックしてみて
(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる