1. トップ
  2. 恋愛
  3. 個人面談には夫婦で参加、いじめ問題後の息子の様子を聞いてみた

個人面談には夫婦で参加、いじめ問題後の息子の様子を聞いてみた

  • 2022.12.1
  • 5153 views

いじめの問題が解決して少したったころ、学校から毎年恒例である面談のお知らせが来ました。ミノルくんの件もあり、今回は夫も休みを取って参加することに。夫と面談に行った愛すべき宇宙人(@aisubekiutyu_jin)さんは、改めて先生にお礼を言いますが、先生は息子の悩みに気づけなかったことを気にしているようです。『いじりといじめ』第32話をごらんください。

愛すべき宇宙人さんの息子は小学3年生。上級生からもかわいがられる人懐っこい性格で楽しい学校生活を送っていました。

しかしある日、6年生のミノルくんから「いじり」を超えた言動をされるようになります。子ども同士のトラブルを大人はどこまで見守るか、どこから介入するかなど「いじりといじめ」について考えさせられる作品です。

いじめに気づかないことや、報告を受けても対処してくれない場合もある中、小山先生のように問題を解決してくれただけでなく、気づけなかったことを悔やむ先生がいるのは子どもにとって心強いでしょうね。

今回の件で、夫は先生の対応に感謝する一方で、息子については心配していることがあるようです。

子ども同士のトラブル。親はどう動く?

その後、愛すべき宇宙人さんは夫や長女、そして担任の先生と話し合いながら、息子と一緒にトラブルを解決していきます。ただ「どこから親が介入するか」「どこまでどんな方法でかかわるか」については愛すべき宇宙人さんもとても悩んでいました。


ママリユーザーの中にも、わが子の友人関係のトラブルで悩むママが見られます。他のママたちはわが子のトラブルをどのように対応しているのでしょうか。一例をご紹介します。

娘がいじめられたらどうしよう、は常々不安です😢
いじめに限らず、人生って嫌なこと沢山あるので・・・
そのツラい出来事を娘が経験するかもと思うとしんどいです。

楽しいこともたくさんあるんですけどね!

もしツラい場面が訪れたら、絶対娘には寄り添ってあげて、ママは娘ちゃんの味方だからねって伝えると決めてます。
親が動くべきところではしっかり動けるよう覚悟もしてるつもりです! qa.mamari.jp
先生の指導だけでは改善されないことについてもう一度抗議して、校長先生も含めて
向こうの親と子、こちらの親と子、校長、担任と話し合いの場を設けてもらうようお願いしますね… qa.mamari.jp
本人が嫌だと思ったら気にしてるならいじめやと思いますけど。

相談してきたなら連絡帳書いて担任に伝えます。

トラブルとかも。 qa.mamari.jp

ご紹介したように、ママリユーザーのママの中でも子どもの友だちトラブルについてはいろいろな意見があるようですね。人間関係のトラブルはケースバイケースでの柔軟が対応が必要なだけに親だけでは抱えきれないこともあるでしょう。担任の先生や学校、しかるべき機関に相談しながら、子どもたちが健やかに過ごせる毎日を作りたいですね。

著者:ママリ編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる