1. トップ
  2. 恋愛
  3. <家事も育児もママですか?>「おんぎゃぁあ」息子の泣き声を聞き、おかしくなりそうになった母は…?

<家事も育児もママですか?>「おんぎゃぁあ」息子の泣き声を聞き、おかしくなりそうになった母は…?

  • 2022.11.29
  • 403 views

「母親だから、家事も育児もきちんとやらねば」という見えない圧力に押しつぶされそうになりながら、家事育児に奮闘するなな子さん。一方の夫は、「父親になったのだから、たくさん働いて稼がないといけない」そう思ってがむしゃらに働きます。この思いが、のちに夫婦のすれ違いをうんでしまうとは、2人は知らなかったのです――。

なな子さんは息子が生まれる前、家族3人での新生活を心待ちにしていました。

しかし、思い描いていた幸せな生活とはほど遠い現実に、だんだん疲れてしまいます。

息子と2人きりの生活。慣れない育児と寝不足の毎日……。

次第になな子さんは、息子と2人きりの状態がつらく、さらには怖いと思い始めるようになってしまったのです。

私にとってスーパーは…

家の中で、子どもの泣いている声を聞いていたらおかしくなってしまいそうだと思ったなな子さんは、外に出ることに。


外に出ただけで、気分が切り替わりホッとしました。そして、ベビーカーに乗せてゆっくり歩いていると、家では泣いていた息子も、泣き止み一安心。

しかし赤信号で止まってしまうと、また泣き出してしまいます。ずっと外を歩くのもラクではないと思ったなな子さんは、スーパーへ。

すると、見知らぬ高齢の女性がなな子さんの息子を見て、「あら何カ月? かわいい~」 と微笑みながら声をかけてくれました。

息子のことを「かわいくていやし」と言ってもらい、なな子さんはうれしくなりました。

1日中息子と2人きりのなな子さんにとって、スーパーは唯一人と話せる場所だったのです。

しかし、見知らぬ人からの声かけは良いものばかりではなくて……?


著者:マンガ家・イラストレーター みほはは

男の子ふたりの母。専業主婦だったが「お母さんでもきっとできることがある!」と一念発起し、フリーランスのイラストレーターとして独立。SNSでは子どもたちとの思い出や夫婦のことをテーマにマンガを公開している。

ベビーカレンダー編集部

元記事で読む
の記事をもっとみる