1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. “韓国の至宝”の輝きふたたび!「だから天才イ・ガンインは使うべきなのだ」

“韓国の至宝”の輝きふたたび!「だから天才イ・ガンインは使うべきなのだ」

  • 2022.11.29
  • 114 views

その天才性を惜しむ理由がない。

サッカー韓国代表の最年少イ・ガンイン(マジョルカ)は11月28日、カタール・ドーハで行われたカタールW杯グループH第2節で、後半12分に交代でピッチに入り、アディショナルタイムを含めて計43分あまりをプレーし、最高の活躍を見せた。

イ・ガンインは投入されて1分後、チョ・ギュソンのヘディングゴールをアシストする絶妙な左足クロスを放った。積極的な守備でボールを奪った後、相手DFが定着する前に早いタイミングでクロスを上げ、ボールは正確にペナルティーボックスの中に飛び込むチョ・ギュソンにつながった。

その後もイ・ガンインは創造的なパスと正確なキックで韓国の攻撃をリード。活発に動いてボールに多くタッチしながら攻撃の活路を切り開いた。

そっぽを向いたベント監督から重用される理由

数字が物語る。

イ・ガンインは96%のパス成功率を記録し、アシスト1回、キーパス2回、完璧なクロス2回、ロングパス4回成功などの記録を残した。文字通り「パスマスター」に近い活躍だった。

パウロ・ベント監督はこの1年8ヵ月間、イ・ガンインにそっぽを向いてきた。

しかし、最終エントリーに抜擢し、W杯初戦のウルグアイ戦に続き今回も交代カードに選んだ。それだけイ・カンインを必要としているという意味だ。

スピードや守備、機動力などで弱点があるとしてもイ・ガンインには否定できない長所がある。チーム内で最も光り輝くパス・センスと正確なキックだ。

守備に不安があるためイ・ガンインを使わないのはある程度理解できる部分だ。ただ、チーム内で最も優れた才能を活用しないのも損な話だ。ベント監督がリスクを甘受して2試合連続でイ・ガンインを投入した決断を下したのも、彼の長所を買っているからだろう。

イ・ガンインはチーム戦術では解決できないパスとキックを駆使する。少なくとも韓国代表チーム内では戦術そのものになり得るタイプだ。 

実際、3年前のU-20W杯でもチョン・ジョンヨン監督はイ・ガンインを中心に戦術を構築し、準優勝という大記録を達成した。当時、イ・ガンインは2歳年上の先輩たちに交じっても物怖じせず、最も輝かしい活躍を見せ、大会MVPを受賞した。 

イ・ガンイン

ユース・レベルの大会だからといって評価を下げる理由はない。イ・ガンインの能力はスペインのラ・リーガという大舞台でも通用している。

韓国はスペインでもポルトガルでもない。イ・ガンインほどの才能を、チームバランスや守備組織などを理由で無視するのは無駄な贅沢だ。途中出場した2試合でもイ・ガンインは先輩たちができないプレーで活気を吹き込んだ。

ベント監督がポルトガル戦でどのような選択をするかは分からない。ただ、ゴール、そして勝利が必要な試合で、イ・ガンインがチームに確実なプラス要因になることは明らかだ。またもやベンチに座って交代出場することになったとしても、イ・ガンインはポルトガルを相手にも自分の役割を果たすに違いない。

(構成=ピッチコミュニケーションズ)

Copyright @ 2018 Sportsseoul JAPAN All rights reserved.

元記事で読む
の記事をもっとみる