1. トップ
  2. ファッション
  3. 50代、トップスが「似合うかどうか」を判断するポイントは

50代、トップスが「似合うかどうか」を判断するポイントは

  • 2022.11.29
  • 298 views

クローゼットには服がパンパン。それなのに、「今日着ていく服」がない......。

年齢を重ねるにつれて何を着ればよいのかわからなくなる。特に50代からは体型や肌の質感の変化にともない、シルエットや色、柄など似合うスタイルが変わってくる。

『今日着る服がない!を解決する魔法の呪文』(TAC出版)では、人気WEB SHOPハチテンの店主・佐藤加奈子さんが50歳以上の女性のファッションの悩みを解決していく。

50ものコツを「コーデの方程式」として掲載している本書。ここでは、その内容をチラ見せしよう。ぜひクローゼットに眠っている服を復活させてほしい。

顔まわりは「ちょい盛りアイテム」に助けてもらう

ちょっとしたお出かけや友達とのランチ。新しい服を買うほどではないけれど、ちょっとおしゃれに見せたい時は、帽子やストール、ネックレス、ブローチなどで顔まわりを少し盛るのがオススメだ。シンプルな服ほどおしゃれ感が増す。

「なぜ顔まわりかというと、ひとってほとんどの時間、相手の顔を見ているから。目に入るところにポイントがあるだけで、ちゃんとおしゃれしてます感が出せて、効果的です。」

トップスはネックラインで選ぶ

トップスが自分に似合うかどうかは、ネックラインをよく見ると判断できる。肩のラインや首の太さなどによって似合うものは変わるので、自分に合う答えを探っていこう。

ちなみに佐藤さんは、スタンドカラーや首のつまったものはOK、鎖骨が見えるくらい開いているものはNG。なぜなら「なで肩に加え、加齢によってついた首の後ろ肉による、なだらかなラインが丸見えだから」だそう。画像で見ると確かに、首がつまった服のほうがシャキリと見える。

ポッコリおなかが目立たなくなるミラクルマジック

おなかがぽっこりして見える時は、トップスのインナーの袖を1センチチラ見せするとガラッと異なる印象に。視線がウエストから袖に集まるのだ。

「長袖の袖口位置ってちょうどウエスト辺りに来るんです。そこにアクセントがあると、視線がそちらにいくのでウエストが目立たないというミラクルマジックです。」

迷ったらグレー

重ね着や靴下の色で迷ったときは、「とりあえずグレー」がオススメ。派手に感じて気後れしてしまう色や柄のアイテムも、グレーと合わせると案外しっくりくることが多い。

この法則は、服だけでなくグレーヘアにも当てはまる。今まで似合わなかったダークトーンの服も重すぎず、明るいカラーのトップスも派手過ぎずに中和してくれる効果がある。そう考えればグレーヘアも悪くないかも、と思えてくる。

他にも今すぐ使えるコーデの方程式が満載だ。今日着る服がない!とクローゼットの前で悩んでいる方はぜひ、本書を参考にコーデを決めてほしい。

■佐藤 加奈子(ハチテン店主)さんプロフィール
さとう・かなこ/1971年2月13日新潟県柏崎市に生まれる。地元の高校を卒業後、メンズカジュアルショップで販売員として働き始め、2年で店長に。2007年長岡市に「HACHITEN」をオープン(現在はウェブショップのみ)。Instagramで着用画像をアップし始めたところ、その着こなしが注目を集めフォロワーは4万人を突破。大人カジュアルの達人として雑誌などにも登場している。
ハチテン SHOP:hachiten.8eight.co.jp/
Instagram:@hachiten_shop

元記事で読む
の記事をもっとみる