1. トップ
  2. おでかけ
  3. 『ターミネーター』2作目でサラ・コナーの存在感が増した「理由」、監督が明かす

『ターミネーター』2作目でサラ・コナーの存在感が増した「理由」、監督が明かす

  • 2022.11.28
  • 13086 views

ジェームズ・キャメロン監督による『ターミネーター』2作品でリンダ・ハミルトンが演じたサラ・コナーが重要だった理由について、監督が思いを話した。(フロントロウ編集部)

『ターミネーター2』ではサラ・コナーがかっこいい!

ハリウッドのヒットメーカーであるジェームズ・キャメロン監督が世界にその名を知らしめた大ヒット映画『ターミネーター』と『ターミネーター2』。主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーの代名詞的作品であり、2作目に出演したエドワード・ファーロングやロバート・パトリックも絶大な人気を誇る。

そして、もう1人シリーズを通して重要な役割を担っているのが、リンダ・ハミルトンが演じたサラ・コナー。彼女は、これまたキャメロン監督が手掛けた映画『エイリアン2』の主人公でシガニー・ウィーバーが演じたエレン・リプリーと同じくフェミニストアイコンとして支持されているキャラクターだが、監督は米GQに、彼女の魅力は2作目で花開いたと話す。

画像: 『ターミネーター2』ではサラ・コナーがかっこいい!

「彼女は、言うなれば“バレーガール(※)のように、ただ人生を楽しんでいる”キャラクターであり、しかし興味深いということをしなければならなかった。サラは興味深くなければいけない。ただスルーされるような存在ではいけない。そしてラストシーンでは、強さと度胸がなければいけない。とても幸運なことに、1作目では気がつかれなかったけども、リンダはそれを確実に持っていた。
彼女が2作目のためにトレーニングをして準備をするまで、私たちはそれに気がつかなかった。そして次の瞬間、完全に新しいサラ・コナーが現れた。そして私が思うに、その時こそが彼女がフェミニストアイコンになった時です。あの役で彼女は本当に輝きを放った。完全にレベルが違った。俳優としての彼女だけでなく、サラというキャラクターとして、プランナーとして、信じられないほど訓練され、集中し、身体的に強い人物として」
※ショッピングやファッションが好きなカリフォルニア州の若い女性に対するステレオタイプなイメージを指す。

1作目の撮影時に周囲に気づかれなくても、自分が持つ力にリンダ自身は気がついていただろうか。その答えは分からないが、自分の魅力を向上させたリンダは1日5時間のトレーニングを続ける努力を見せて、覚醒。トレーニングでは肉体改造だけでなく、武器の扱い方などもあったという。

『ターミネーター』は、作品自体も1作目より2作目のほうが人気が高い。そこには、各キャラクーに1作目よりも深みが増したことがあるだろう。そしてサラも、リンダの努力によって観客の心をさらに掴むキャラクターへと進化したのだった。

ちなみに、2019年の映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』でシリーズにカムバックしたリンダは、作品に出演するために、天才テニスプレーヤーのセリーナ・ウィリアムズのトレーニングを監修している有名トレーナーであるマッキー・シルストーンによる鬼トレーニングを60代でありながらこなしたという逸話も生み出している。

(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる