1. トップ
  2. レシピ
  3. クリスマスにぴったり!ジンジャーケーキのレシピ♡おすすめの型&かわいい切り方のポイントも

クリスマスにぴったり!ジンジャーケーキのレシピ♡おすすめの型&かわいい切り方のポイントも

  • 2022.11.28
  • 2809 views

ホリデーシーズンも近づき、可愛いスイーツがSNSにも溢れていますよね。ただ、お菓子作り初心者にとって「映える」スイーツは至難の業。今回は、シンプルだけど可愛く見える!簡単に出来るポイントとクリスマスにオススメなスイーツのレシピをご紹介いたします。

シンプルな丸型ケーキが大変身!カットして並べ方を変えるだけ

お菓子作りは初心者なのですが、SNSなどで拝見する素敵なスイーツを見ると心惹かれて!作れもしないのに、お菓子作りの「型」ばっかり欲しくなってしまいます(笑)

が、今回は15㎝サイズの一般的な丸型のケーキをカットして並べ方を変えただけでお洒落なケーキに見えてしまう方法をご紹介いたします。

この写真、普通に8等分にカットして少し斜めに倒してプレートに置いただけなんですが、可愛く見えますよね。

このカットの仕方で、もっと薄めの16等分にしてみたらクリスマスリースのようにこんなに可愛らしくなりました。

中央部分にフルーツやクリームを盛りつけてみるのもおすすめです。

この16等分にカットするメリットのもう1つのポイントとして…。実は数カットつまみ食いをしてもバレません(笑)

こちらのプレートに盛り付けた時には、味見をした状態なので16カットないのですが、少し深さのあるプレートにちょうど良いサイズで収まっています。

この時に作っているのは、以前パウンド型で作ってレシピをご紹介していた「ジンジャーブレッド」の別バージョンです。

ヨーロッパではクリスマス時期に欠かせないスイーツの「ジンジャーブレッド」。アイシングされたクッキーはよく見かけますよね。

今回ご紹介する「ジンジャーケーキ」のレシピは以前よりは少し手間がかかりますが、生地がふんわりして美味しいのでおすすめです。

では、レシピのご紹介いたします。

クリスマスにもおすすめ!ジンジャーケーキのレシピ

材料(15cmのラウンド型1個分)

薄力粉 70g

アーモンドプードル 20g

ベーキングパウダー 4g

ジンジャーパウダー 4g

砂糖(きび糖使用) 80g

バター 60g

卵 2個

粉糖(お好みで) 適量

下準備

・バターと卵は常温に出しておく。

・粉類はふるって合わせておく。

・オーブンは170℃に余熱しておく。

作り方

① ボウルに砂糖と柔らかくなったバターを入れて、ゴムベラで練りながら混ぜたら、泡だて器(ハンドミキサー)に持ち変えてふんわりするまで混ぜる。

② しっかりと溶いた卵を8~10回くらいに分けて少量ずつ①に混ぜていく(分離を防ぐため)

卵は少量ずつ入れて、毎回しっかりと混ぜると分離を防げます。ただ、分離をしてしまっても少し粉類を入れて混ぜると修復可能なので分離をしても焦らずに(笑)

③ 卵を全部入れてしっかりと混ぜたら、ふるって合わせておいた粉類を入れる。

④ 粉類を入れたらハンドミキサーでしっかりと混ぜて、最後は低速で艶が出るような感じで混ぜる。ここでしっかりと混ぜることで生地がふんわりとなります。

⑤ 敷き紙を敷いたケーキ型に生地を入れて、最後にトントンと空気抜きをするために台に落としてから、170℃のオーブンに35分~40分入れて焼く。(オーブンの焼き時間はご家庭のオーブンで調整してみて下さいね)

⑥ 焼けたら、ケーキクーラーの上に出してあら熱を取り、お好みで粉糖をふるう。

これは持っていて損なし!お菓子作り初心者にオススメの「クグロフ型」

私はお菓子作り初心者なので、パウンドケーキ型かラウンド型しか持っていなかったのですが、思い切って「クグロフ型」を買ってみたらコレが大正解!

材料も作り方もほぼ15㎝のラウンド型と同じでOKなのだけど、クグロフ型に入れるだけでとっても可愛いケーキになりますよ。

唯一、注意したいポイントとして。

「クグロフ型」は敷き紙などが出来ないので、型の内側にバター(又はオイル)を塗って強力粉をはたき生地を流し込むまでは冷蔵庫に入れておくのがポイントです。

この方法をしておくことで、ケーキを型から綺麗に外すことが出来ますよ。

薄力粉でも代替は可能ですが、粒子が大きい強力粉の方がダマになりにくく、型離れが綺麗に出来るというメリットがあるので、出来れば「強力粉」の方がオススメです。

クグロフ型のトップにアイシングとかチョコレートがけをしても可愛いし、ただ粉糖をかけただけでも可愛くなる万能な型。お洒落なデコレーションが出来ない私にはかなり重宝しております。

このように、お菓子作り初心者でもちょっとしたコツで可愛いケーキが出来る方法をご紹介してみました。

クリスマスに向けて「手作りスイーツにチャレンジしてみようかな!」という方の参考になれば嬉しいです。

元記事で読む
の記事をもっとみる