1. トップ
  2. レシピ
  3. ダメージとおさらば! 秋冬の美髪へとつなげるスカルプケア。

ダメージとおさらば! 秋冬の美髪へとつなげるスカルプケア。

  • 2015.11.7
  • 8616 views

秋になると急に気になるのが強い紫外線でダメージを受けた髪や抜け毛!
いつもと同じように洗っていてもパサッとしてまとまらなかったり、髪を洗うたびに「えっ、こんなに抜けていいの?!」なんて思うことありませんか?
今回は特に季節の変わり目に髪が抜け変るタイミングに合わせて、健康で艶やかな髪を保つ経絡ビューティーセルフケアのご紹介です。


ステップ1
準備体操として首から頭にかけての血行を良くしましょう。

用意するもの:道具はなくてもできますが、お持ちであればかっさ、もしくはペットボトルにお湯を入れたもの(火傷をしないようご注意ください)をご用意ください。

使うツボ:風池(ふうち)
首筋のやや外側、生え際あたりのくぼみ
(イラストの③)

[やり方]
両手の人差し指、中指、薬指をつけ左右の風池にあてる。
少し首を後屈させて(すこし上をみる感じ)、3本つけたまま押し回す。

ポイント:
*出来るだけ広範囲にクルクルするとよいです。
*かっさ(大山を使います)やお湯を入れたペットボトル(ペットボトルの底を使います)がある場合は片方ずつ行います。
*風池が終わったら上下左右に指を少しずらし押し回すと肩こり、首こり、眼精疲労などにも効果的です。


ステップ2
頭皮の中でも一番凝りやすい側頭部にアプローチしましょう。

使うツボ:角孫(かくそん)
耳の上の髪の生え際あたりにあるツボで、耳を前にペタンと折り曲げて、耳の先端があたる部位
(イラストの②)

[やり方]
両手の人差し指、中指、薬指をつけて、3本を密着させたまま人差し指に角孫が当たるようにして、頭のてっぺんに引っ張るように押し上げながらグルグル回す。

ポイント:
*斜め上に引っ張ることを意識することでリフトアップ効果を高めます。
*指が痛くなるようなら、手のひらの手首に近い部位を使うと良いです。
*かっさや温ペットボトルを使うと手軽で効果的です。


ステップ3
頭全体に効く!最強のツボ押しで頭皮を生き生きさせましょう。

使うツボ:百会(ひゃくえ)
頭のてっぺんの正中線上で左右の耳の穴を結んだラインとぶつかるところ
(イラストの①)

[やり方]
ステップ2のツボ押しが終わったら指を離さず、そのまま頭のてっぺんに向かってスライドさせる。両手の指が頭のてっぺんで交差するようにして、百会を押し回す。

ポイント:
*百会をどちらかの中指で押すようにするとよいです。
*両手の指を頭皮に密着させるようにし、大きくグルグルと押し回しましょう。

もっと念入りにケアしたい方はこちらもどうぞ!

★経絡豆知識★

スカルプケアで頭痛、不眠、眼精疲労、お顔のたるみ...など、よくばり解消!

頭皮のケアは抜け毛や薄毛対策としてはもちろん欠かせないですが、同時に沢山の良いことがあります。特にパソコンやデスクワークからくる筋緊張性頭痛や、眼精疲労などは頭皮の血行がよくなることで筋肉に栄養が行き届き、凝りが解消されとても楽になります。

また東洋医学的にみても頭皮には督脈、膀胱経、胆経、三焦経などの経絡が走行しており、精神的なストレスなどによる不眠、胃腸の不調、頭痛、耳鳴りなどに効果的です。

そしてとっても嬉しい効果としては、お顔のたるみや、くすみにも働きかけるということです。
お顔の皮膚と頭皮はつながっているので頭皮の血行が良くなることはお顔の血行を良くすることにも当然つながるのです!

こんな欲張りなセルフケア!!!
とっても気持ちよく、すっきりするのでぜひお試し下さいね。

胃腸の調子も良くないし、ぐっすり眠れないし、背中や腰も痛いし、全身だるい...など症状が複数ある時は是非この経絡セルフケアをお試し下さい。