1. トップ
  2. 恋愛
  3. 3回目のデートで性癖を披露しあう2人…告白はまだでも相性はぴったり?な話

3回目のデートで性癖を披露しあう2人…告白はまだでも相性はぴったり?な話

  • 2022.11.26
  • 9794 views

マッチングアプリで出会ったたっくんと食事をし、楽しい時間を過ごしたはぴ(@tnhphp)さん。たっくんの印象はとてもよく、また会いたいと思えるような人だったようです。2回目のデートも楽しく終え、ある日ふと「花火で童心に戻りたい。たっくんと花火がしたい!」という衝動にかられます。誘うかどうか少し悩みますが、勇気を出してメッセージを送ってみます。はたして結果はどうだったのでしょうか。2人の関係は進展していくのでしょうか?『マッチングアプリビビり女が男子に告るまで』どうぞごらんください。

一緒に花火がしたい!誘う?どうする?

2回目のデートも無事に終え、順調にたっくんとの仲を深めていたはぴさん。ある日ふと「童心に戻って花火がしたい!あわよくば、たっくんと…」という衝動にかられます。少しだけ悩みましたが、すぐにたっくんにメッセージを送ります。勇気を出して誘った甲斐があり、無事にOKをもらい思わず舞い上がったはぴさん。好きな人と花火ができると考えただけでうれしいですよね。

花火デート当日、まさかの猛暑で汗だくの中たっくんの運転する車へ。たっくんに会った時のはぴさんの表情がキラキラしていて、たっくんへの想いが伝わってきますよね。どんなデートになるのでしょうか。

肝心の花火が売っていない

かき氷を食べ、花火を探した2人。しかし時期外れなこともあり、なかなか売っているお店を見つけられずにいました。どうにか花火を見つけ、はぴさんのテンションが一気に上がったようですね。

車内では何気ない会話で盛り上がっていた2人。忘れがちなライターなどを準備をしてくれていたたっくんの姿も頼もしく見えてきました。

「はぴさん。僕と…」まさか告白?

花火ができる場所を見つけ、無事に花火を楽しんだ2人。はぴさんはたっくんに対して「もっと一緒にいたい」と思うようになったようです。しっかりしているように見えるたっくんが時々抜けているところがあるのがギャップを感じていいですよね!

帰り道、車内で「はぴさん。はぴさんさえよければ僕と…」と話しだしたたっくん。告白?とドキドキしたのですが、まさかの滝を見に行きませんかというお誘いでした。でも、たっくんから誘ってくれたということがはぴさんはとてもうれしそうですね。

マッチングアプリを活用して好みの男性と出会えた体験談。すてきな相手と知り合うことができてよかったですね。

著者:こびと

元記事で読む
の記事をもっとみる