1. トップ
  2. メイク
  3. ビューラーでまつげがカクカクになる原因は“力の入れ方”にあり!プロの使い方をチェック

ビューラーでまつげがカクカクになる原因は“力の入れ方”にあり!プロの使い方をチェック

  • 2022.11.26
  • 5895 views

ビューラーを使うと「まつげがカクカクになる」「カールが不自然に見える」という人は、もしかしたらビューラーの「力の入れ方」に問題があるのかも。くるんと上向きカールをつくるビューラーの正しい使い方をメイクのプロが伝授。(フロントロウ編集部)

まつげがカクカクになる理由

ビューラーは、まつげをカールさせて、目を大きく強調するのに欠かせないメイクツールだけれど、思うようにまつげが上がらなかったり、まぶたを挟んでしまったり、ビューラーの使い方に苦戦している人は意外と多いもの。

画像: まつげがカクカクになる理由

とくにビューラーの悩みでよくあるのは、まつげが折れてカクカクになってしまうこと。でもじつは、ちょっとしたテクニックで劇的に改善できるとプロは言う。ビューラーを使うときに気をつけたい2つのポイントを米Selfで紹介した。

1.力を入れすぎない

セレブなども手がけるメイクアップアーティストのアンドリュー・コルビンによると、ビューラーを使ったときにまつげがカクカクになってしまう最大の原因は、力を入れすぎていること。

画像: 1.力を入れすぎない

ビューラーにグッと力を入れると、まつげが折れてカクッとなるだけでなく、まつげが抜けたり切れたりする恐れもあるため、力の入れすぎはNG。ビューラーがしっかりしていれば、いつもの半分くらいの力加減でも、まつげはきちんと上がるとアンドリューは言う。

2.根元から毛先に向かって“動かしながら”挟む

アンドリューいわく、ビューラーで同じところにカールをかけ続けるのも、じつはNG。くるんと上向きで立体感のあるまつげに仕上げるためには、根元から毛先に向かって“小刻み”に動かしながら挟むのがベスト。アンドリューは、「こうすることで、まつげにキレイな“カール”ができ、同じ場所を(何度も) 挟むことで生じる“カクカク感”が少なくなります」と助言。

画像: 2.根元から毛先に向かって“動かしながら”挟む

ちなみに、ビューラーでまつげを挟むときは、できるだけ同じ力加減を意識し、根元から手首を返すように上に動かしながら、中央、毛先へとビューラーをかけると、ゆるやかでキレイなカールが作れるとアンドリューはアドバイスする。

だれでも上向きパッチリまつげをゲットできるプロのテクニック。とくにまつげが短い人は、ちょっと力を入れすぎるだけでカクカクになってしまうので、ビューラーを使うときはやさしい力加減を意識してみて。(フロントロウ編集部)

元記事で読む
の記事をもっとみる