1. トップ
  2. 恋愛
  3. Netflix衝撃作『サムバディ』の監督、全裸演技に挑戦したキム・ヨングァンを大絶賛!

Netflix衝撃作『サムバディ』の監督、全裸演技に挑戦したキム・ヨングァンを大絶賛!

  • 2022.11.24
  • 3128 views

Netflixシリーズ『サムバディ』のチョン・ジウ監督が、主演俳優キム・ヨングァンに対して称賛を惜しまなかった。

11月18日より配信中の同作は、出会い系アプリ「サムバディ」を媒介にした殺人事件が起き、そのアプリの開発者であるキム・ソムと、その友人たちが謎の人物と関わることで繰り広げられる物語だ。

出会い系アプリで知り合った連続殺人鬼と天才プログラマーという興味深い設定と、自分だけの“サムバディ”(誰か)を見つけたい人間の普遍的な欲望、そして出会い系アプリの存在が融合され、現代社会の暗い部分を顕わにし、視聴者の心の奥底にある妙な不安感を刺激する。

破格のストーリーと過激な描写のため青少年観覧不可判定(日本は16+)を受けた『サムバディ』。主人公ソン・ユノ役のキム・ヨングァンが劇中で披露した全裸での演技も、公開早々話題を呼んだ。

(画像=Netflix)

それについてチョン監督は「キム・ヨングァンには撮影前、全裸シーンについて十分に説明した。俳優たちには撮影に関することや撮影計画、その計画をどう撮るのかなどを準備段階から詳しく話す。そうしなかれば非常に問題になる時代だ。キム・ヨングァンにもしつこいほど何度も話した」と振り返る。

この作品を通じて新境地を開いたキム・ヨングァンについては、次のように語った。

「ラブコメでも頼もしい演技をしたと思う。すごくリアルな演技が良かったし、観客も好きだと思った。ただ、彼が違う役割も果たせると思い、準備段階からお互いに話し合いを重ね、色々と試みた。彼には無限の可能性があると思う。観客として、彼が今後どういう演技をするか期待している」

キム・ヨングァンを愛する気持ちで…
チョン・ジウ監督(画像=Netflix)

「キム・ヨングァンという俳優を愛する気持ちで『サムバディ』を撮った」というチョン監督。「できれば私もあの人に会ってみたい、と観客に思わせるのが目標だった。嫌で不気味な気持ちだけ抱かないようにこだわった」と語った。

『サムバディ』は、Netflixで独占配信中。

(記事提供=OSEN)

元記事で読む
の記事をもっとみる